藤枝 ワイン 焼津 ワイン 静岡 ワイン

トップ > 


クラシック音楽とワインを楽しむ。

クラシック音楽とワインを楽しむ。



当店店主はワインとクラシック音楽に造詣が深い。

そんな私から・・・。




クラシック音楽史上で名を残した作曲家。

彼らはやはり天才である。



ロマン派の先駆けベルリオーズ。

彼はピアノは弾けずギターで作曲。

これは有名な話である。

彼は医師を目指す程の頭脳明晰。

その著書、管弦楽法は後世に影響を与えた。



シャルル・ミュンシュはベルリオーズの幻想交響曲を好んで指揮。

彼のこの作品への邁進ぶりは凄い。

この狂気で天才的作品の真価を魅せてくれる。



ワインはスペインで合わせる。

感性ある作品はスペインと共鳴するのだ。



★ 2016 クロス ロヘン

  ポンセ

  ボバル100%

  当店販売価格¥1,674(税込)



好き嫌いがはっきするスペインワイン。

私的には幅広く個性があり好きな産地。

中でもボバルは味わいの層が幾重にも感じる。

ですから飲み手を飽きさせない。

また手を尽くしたワインは格別である。



【お知らせ】

明日20日と21日は定休日です。

第4週の火曜日と毎週水曜日はお休みです。






2018年2月19日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール

詳細を表示

ブラームスのレクイエム対談

ブラームスのレクイエム対談



Aさん:当店常連様ワインとクラシック音楽好き。

店主:若い頃ヴァイオリンを習い志した。通称ピノさん。






Aさん:ブラームスのレクイエムいいね。

店主:レクイエムは珠玉揃いです。

モーツァルト、ブラームスやヴェルディ、フォーレ他。

特にブラームスのドイツ・レクイエムを愛しています。

私が死んだ時に流してくれと・・・。

Aさん:そこまで!!

店主:ルターがドイツ語に訳した新約・旧約の聖書からとられた作品。

特に「なぜなら、すべての肉体は草のようなものであり」は素晴らしい。

2回主題が繰り返され、その都度、言葉の意味を知る。

第3曲「主よ、知らしめたまえ」はバリトンが入る。

ブラームスでしか表現できない濃淡ある色彩。

バリトンの深みがより背景を描写。

そして第6曲「われらここには、とこしえの地なくして」
生粋の日本人の私でも涙が溢れる。

この作品の最高潮であり完成度が高く極めて芸術的。

Aさん:おすすめ音源は?

店主:私は1978年3月22日ザツルブルク祝祭大劇場でのライブ録音。

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィルがお勧めです。

これは全く別次元の演奏。

カラヤンが充実していた時期に重なります。

また、ホセ・ヴァン・ダムの威厳ある声は稀有。

Aさん:フルトヴェングラーからの呪縛から解放されたしね。

店主:そうれも大きいと思います。

先日、ヴェルザー=メスト指揮、クリーヴランド管弦楽団で鑑賞。

期待外れでした・・・。

Aさん:クリーヴランドはジョージ・セルに鍛え上げられサウンドに定評があるでしょ?

店主:それは、もう昔かもしれません。

音に深みはなく表現力も乏しかった。

これは、オケではなく指揮者に問題があると思います。

Aさん:メストはドイツ物も得意だが、物足りなさがあるよね。

店主:オペラも指揮をするし一見器用ですがね・・・。

そう言えば、クレンペラーの演奏も哲学的でいいですよ。

レクイエムはブラームス初期の作品なのに完成度は高い。

Aさん:モーツァルトは未完だったが最後の作品。

店主:そう考えると面白いですね。




詳細は【クリック】2018年2月18日

詳細を表示

印象派の音楽とロワールワイン

印象派の音楽とロワールワイン



昨日は休日・・・。

最近充実した日々を過ごしている。

私の好きなロワールワインを楽しみながら・・・。

一時の休憩は有意義です。






☆ ドビュッシー

  牧神の午後への前奏曲

  ピエール・ ブーレーズ 指揮

  クリーヴランド管弦楽団



ソナタ形式の音楽ばかり鑑賞している私。

印象派の作品はより新鮮に感じる。

冒頭のフルートのソロにはまどろみを感じ・・・。

ストラヴィンスキーの春の祭典冒頭のソロは土臭く感じる。

55小節から明るい光と希望が少々続き幸福感に包まれる。

そして、つややかなソロ・ヴァイオリンがフルートとハープへつなぐ。

フルートとハープの絡みはニンフの美しい姿を連想させる。

ふわふわと雲をすり抜け自由気ままに遊泳し右脳に語りかける。

私は右脳人間ですからこの作品は素直に受け入れられる。

フランス音楽の大家ブーレーズ。

レパートリーは極めて少なかった彼故の名演です。



★ サンセール ラ ペルペテュエル

  ロジェ シャンポー

  フランス ロワール

  ピノ ノワール100%

  当店販売価格¥7,992(税込)



ブルゴーニュのピノ ノワールを愛する私。

しかしサンセールもなかなかいい。

こちらはNV。

何と22年分(1995〜2015)のブレンド。

ドビュッシーの作品にあう印象的なワイン。

右脳にインスピレーションを与える絵画風の味わい。

綺麗な香りで柔らかさは特質物。

地球温暖化でロワールワインも表情が幾分変わったな。



有意義な休日でした。



2018年2月15日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール

詳細を表示

クラシック音楽の聴き方をご指南致します。

クラシック音楽の聴き方をご指南致します。



当店店主はワインとクラシック音楽に造詣が深い。

そんな私がクラシック音楽の聴き方をご指南致します。






幼い子供に聴かす音楽。

私は家庭環境でクラシック音楽が常に身近でした。

ピアノとヴァイオリンを習い楽器としても接していた。

想えばビゼーのアルルの女組曲。

ホルストの惑星、スメタナのわが祖国。

そしてオペラも身近でした。

ヴェルディの椿姫、ウェーバーの魔弾の射手。

またドイツリートも頻繁に流れていた。

シューベルトの冬の旅、ハンス・ホッターの歌声。

リヒャルト・シュトラウスの献呈など・・・。

今考えるとこの環境は特別だったのかもしれない。



やはり、ヴィヴァルディの四季。

バッハの無伴奏ヴァイオリン。

この辺りは幼少期に接したい作品。



そして思春期はアクが強いワーグナー。

あまり傾倒するのは好ましくない。

それには彼の根本的な思想がある。

しかし楽劇など革新的作品は芸術の頂点である。



対するブラームス。

当時、本人達は不在でも対立が熾烈であった。

ワーグナーかブラームスか!!

ワーグナーは人物を含め革新的。

トリスタンとイゾルデからもわかる。

そしてベートーヴェンの流れをくむ伝統派。

それがブラームス。

ブラームスの交響曲第1番 ハ短調からもわかる。

彼の音楽は聴く程に味わい深くなる。

また聴き応えもありその感動は心の奥底から湧き上がる。



学校の音楽の授業では楽しさは理解できない。

やはり家庭で接する音楽が楽しい。

音楽が流れる環境は今想っても良かった。



2018年2月12日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール

詳細を表示

ピアノ三重奏曲と米国シラー

ピアノ三重奏曲と米国シラー



当店店主はワインとクラシック音楽に造詣が深い。

そんな私から大人のマリアージュをご紹介。




年齢を重ねるとシンフォニーより室内楽を鑑賞する時間が増える。

ワインも同じくフルボディよりミィデアムを飲む事が増える。

室内楽でも才能を魅せるハイドン。

また、彼は数々のシンンフォニーを我々後世に残してくれた。
彼がいたから古典派も華やかである・・・。




★ ハイドン作曲

  ピアノ三重奏曲ハ長調



  オイストラフ ヴァイオリン

  レフ オボーリン ピアノ

  クヌシェヴィツキー チェロ

  1950年 録音



やはりオイストラフのヴァイオリンが光る。

彼は大曲も凄いし室内楽でも素晴らしい。

室内楽は繊細なバランスの上に成り立つ。

奏者は相手の音を聴きながら演奏する。

その中で主旋律が際立つのが模範的な演奏となる。



そしてロシアの作曲家タネーエフ。

あまり馴染のない作曲家もしれない。

しかしどの作品も情緒あり素晴らしい。



★ ピアノ三重奏曲ニ長調


  
  オイストラフ ヴァイオリン

  レフ オボーリン ピアノ

  クヌシェヴィツキー チェロ

  1952年 録音

古典派のハイドンから進化。

音楽の自由度や幅は格段に進歩。

しかし当時後進地ロシアの内向的な面も感じる。

ワインはアメリカのシラーがいい。



★ 2014 シラー セントラル コースト

  キュペワインセラーズ

  当店販売価格¥4,138(税込)



アメリカでローヌ品種を試すなら。

いやいや実力を知るのはこのワイナリーがいい。

本家ローヌとの違いが良くも悪くもわかる。



2018年2月11日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール

詳細を表示

ワインを楽しめ!!

ワインを楽しめ!!



毎日様々なワインが入荷。

ラベルを見ているだけで国際色が強い当店。

またワインが世界で造られているのがわかる。




何だかんだ・・・。

何と言っても・・・。

今ではシラーの人気は高い。
ある時はCSを越える。




★ カーヴ ド タン シラー

  カーブ ド タン

  コート デュ ローヌ

  シラー100%

  当店販売価格¥1,628(税込)



一昔前の個性的なシラーはあまり見かけない。

それが一因であろう。



私自身は個性的なシラーは大好きですが・・・。

柔らかい味わいで口中に果実が広がる。

親しみある味わいは最近のシラーの流れだろう。



そしてポルトガル。

当店で注力を注ぐ産地。

我が国とは歴史的にお付き合いが長い。

頑なに土着品種にこだわる。

そんな姿勢が尊い・・・。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/fefeeffffttt.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-118.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/fefeeffffttt.jpg" alt="fefeeffffttt.jpg" border="0" width="286" height="286" />


★ 2015 アトランティコ

  アレクシャンド レ レウヴァス

  ポルトガル アレンテージョ

  アラゴネス50%、トリンカデイラ25%

  アリカンテ プージェ25%

  価格は店頭にて・・・。



ラベルリニューアルでございます。

海のブルーが入りまたいい。

日本人好みの味わい。

日本人は繊細、微妙なニュアンスも的確に判断できる。

それは、日本の文化に根ざした感覚であろう。

そしてバランスも素晴らしい。

均等がとれた美を感じます。

価格以上の味わいと太鼓判でございます。



2018年2月10日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール

詳細を表示

ショパンと1本のボルドー (焼津港、富士山7日撮影)

ショパンと1本のボルドー (焼津港、富士山7日撮影)



当店店主は幼少からヴァイオリンを習い志す。

繊細な私は人前でド緊張、また腕前はある線から越えられず。・・・。

そんな訳で現在はこだわりのワイン専門店を経営。

そんな私から・・・。






私の青春時代の憧れのヴァイオリニスト。

N響歴代のコンマスの中でも堀正文氏が好き。

ブラームスの第1番、第2楽章のソロ。

リムスキー・コルサコフのシェーラザード。

またサバリュッシュのピアノでリヒャルト・シュトラウスのヴァイオリン・ソナタは格別だった。

あの難曲を鮮やかにしかも軽々と弾いていた。



彼のヴァイオリンでショパンのノクターン第20番。

そしてワインを頂いた。

第20番は戦場のピアニストでも流れていた。



ヴァイオリンという楽器。

それは奏者の人生や性格を素直に写す。

堀氏の哀愁を感じる音色。

それは掘氏の持つ一面であろう。

コンマスとして弾いている時、背中に漂うあの感じ。

あれは哀愁だ・・・・。



そしてワイン。

私は迷わずの飲み頃ボルドーを選択。

これまた銘柄も迷わなかった。



★ 06 シャトー ベロルム トロンコワ ド ラランド

  メルロー主体にCS、CF

  当店販売価格¥3,340(税込)



実力あるクリュ・ブルジョワ。

畑の立地、そして歴史と興味が尽きない。

ワイン自体が今飲んで欲しいと語りかける。

口中に広がる繊細でふくゆかな味わい。

堀氏のVnと共鳴するのである。

2018年2月8日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール

詳細を表示

ナパ ヴァレーの饗宴

ナパ ヴァレーの饗宴



当店はオープン当初からナパ ヴァレーをご紹介。

その実力はパリ テイスティングで実証済み。

またナパ特有の高級感・・・。

そしてあの魅惑の味わい。

これら全てを含み独自の地位を確立した。





あのお笑いの大御所の一言が運命を変えた。

それがナパ ハイランズ。

再入荷です・・・。

瞬殺間違いありません。

いち早く来店して購入すべし!!




★ 2014 CS ナパ・ヴァレー

  ナパ・ハイランズ

  CS90%、M10%

  当店販売価格¥5,434(税込)



そしてまたまた新規入荷。

ナパ・ハイランズはじめ手頃な価格はうれしい。


http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/rgrgrgrgrgrdd.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-118.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/rgrgrgrgrgrdd.jpg" alt="rgrgrgrgrgrdd.jpg" border="0" width="236" height="226" />


★ 2013 CS ナパ・ヴァレー

  エクスペリエンス

  CS88%、マルベック12%

  当店販売価格¥5,376(税込)



ニュージーランドで出会ったご夫婦。

3か所の畑のブレンド。

ベリー系の香り、湧き上がる香りは格別。

豊潤な果実味で飲み手を虜にする。



当店はオープン当初からナパ・ヴァレーに注力を注いできた。

今までに様々なナパ・ヴァレーのワインを販売。

その実績は多少でもあると自負。

今回も素晴らし過ぎるワインが入荷。


http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/fefeefeffefeg.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-118.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/fefeefeffefeg.jpg" alt="fefeefeffefeg.jpg" border="0" width="236" height="226" />


★ 2014 CS ナパ・ヴァレー

  フォーチュン1621

  CS90%、M8%、PV2%

   当店販売価格¥5,592(税込)



1621年東海岸に入港したFortune号。

その船にはオーナーの祖先も乗っていた。



価格は手頃。

味わいは価格以上。

ナパの魅力を最大限に味わえる。

カシス、ココア、チョコのニュアンス。

濃厚な果実味で中域も味わいが乗る。

余韻の素晴らしはまた絶妙。



2018年2月6日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール

詳細を表示

対談:リヒャルト・シュトラウス

対談:リヒャルト・シュトラウス



Aさん:当店常連様ワインとクラシック音楽好き。

店主:若い頃ヴァイオリンを習い志した。愛称ピノさん。





Aさん:相変わらずオペラ鑑賞します?

店主:大好物です・・・。

初恋のよしえちゃんよりも好きです。

三度の飯よりも好きです。

Aさん:面白い表見ですね。

ばらの騎士を聴きながらワイン。

店主:わかります、その気持ち。

カラヤン指揮、シュヴァルツコップ。

最高でしょ。

Aさん:カラヤンは流暢に表現しているね。

店主:ホーフマンスタールとシュトワウスは名コンビです。

彼を失ったリヒャルト・シュトラウスは迷走。

Aさん:同じシュトラウスでもサロメ。

店主:聴いたことありますか。

あれは問題作ですね。

当時の聴衆の反応を知りたい。

Aさん:知りたいで言えば春の祭典。

店主:ストラヴィンスキーの名曲ですね。

初演はピエール・モントゥー。

彼が後に録音した音源を所有しています。

Aさん:それは貴重ですね。

店主:当時のオケのレベルなのかおどおどしいく感じる。

現代のオケはその点凄い。

が、それがあの雰囲気を消しています。

Aさん:後ワーグナーは天才だ。

店主:ワグネリアンなど信奉者が多い。

メルケル首相のバイロイト通いは有名です。

Aさん:わかるよ、あの力・・・。

店主:そうです。私はワーグナーの思想に対して一定の距離を置いています。

人種差別的な要素がありますからね。

Aさん:彼はどこかの大統領ではないけれ強烈な自分本位ですからね。

店主:しかし今日はワーグナーを聴くかな・・・。



詳細は【クリック】2018年2月4日

詳細を表示

ルーマニアのワインを飲むべし。

ルーマニアのワインを飲むべし。




ゾクゾク・・・。

続々新入荷有りです。






ルーマニアのピノ ノワール。

歴史ある産地、しかし第二次世界大戦後衰退。

悲しいかな芸術の分野も同じ。

大戦前は素晴らしい音楽家が多かった同国。



★ 2015 ヴァイン イン フレイム 

  ヴィル ブドゥレアスカ

  当店販売価格¥1,680(税込)



なかなか旨い。

飲みやすい味わいで穏やかな酸。

これから注目の産地になる事間違いナシ。


そして贈答・・・。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/dwwwr3r34.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-118.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/dwwwr3r34.jpg" alt="dwwwr3r34.jpg" border="0" width="296" height="296" />


赤はフェテアスカ・ネアグラ。

そして白はタマイオアサ・ロマネアスカ。

と口が絡む〜。

前者は黒い乙女。

後者はルーマニアの聖なる香り。

となる。

黒い乙女は熟したプルーンの香り。

親しみある味わいでおすすめ。

ルーマニアの聖なる香りはやはり香りは素晴らしい。

新鮮さがあり豊かさも兼ね備える。



2018年2月1日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール

詳細を表示

後期ロマン派とジュヴレ・シャンベルタン

後期ロマン派とジュヴレ・シャンベルタン



当店店主はワインとクラシック音楽に造詣が深い。

そんな私から芸術的マリアージュをご紹介致します。






後期ロマン派の偉大な作曲家。

それが、アントン・ブルックナーである。

彼が安置された聖フローリアン修道院。

そこで演奏されたシンフォニー。

ゲルギエフ指揮、ミュンヘン・フィル。

ミュンヘン・フィルと聞いて思い起こす人はクラシック音楽通。

そう、セルジュ・チェリビダッケが鍛え上げたオケである。

また前身のカイム管弦楽団時にフルトヴェングラーが楽壇デビューを飾った。

私もチェリの指揮で数度ミュンヘン・フィルをコンサートで聴いている。
繊細で伸びのある音色が印象的でした。

またゲルギエフ指揮でチャイコの第5番をコンサートで聴いている。

やはりロシア物は素晴らしかった・・・・。



ブルックナー作曲

交響曲第1番 ハ短調 リンツ稿



交響曲第3番 ニ短調 ノヴァーク版



2017年9月25日 聖フローリアン修道院



第1番。

ベートーヴェンなど古典派とは随分違う。

楽器が多彩で深い響き。

第1番はリンツ稿とウィーン稿がある。

前者は簡素、後者は表現が強い。

私は素朴なリンツ稿が好き。



第3番。

尊敬するワーグナーに献呈された。

私は長くクナッパーツブッシュ版を愛聴。

初めてゲルギエフ指揮で鑑賞となりました。

時代は進み表現が洗練されていると痛感。

あのクナの田舎臭がする演奏も評価できる・・・。



ワインはブルゴーニュでしょ。

安定した品質なアントナン・ギヨン。



★ 2014 ジュヴレ シャンベルタン

  当店販売価格¥7,494(税込)



玉石混交の同村に於いて一押し。

サヴィニ レ ボーヌの居を構える大ドメーヌ。

頑なに伝統を守る造りは流石。



2018年1月29日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール

詳細を表示

芸術を楽しむ。

芸術を楽しむ。



当店店主はワインとクラシック音楽に造詣が深い。

そんな私が気ままに語る。




クラシック音楽の聴き方。

作曲家が好き。

演奏家が好き。

その作品自体に興味がある。

など自分自身の聴き方があります。



小生の場合はそれらが複合的に重なる。

例えばベートーヴェンの第5番。

フルトヴェングラーとカルロス・クライバーとで比較する。

数十年の違いでもそのスタイルは大きく変貌。

そこに興奮を覚えます。



またはフルトヴェングラーで演奏日の違いで聴き比べ。

フルトヴェングラーは戦中、戦後、晩年期と大差がある。

それらを比較検証する。

その地味なようで真髄に触れる事は感動的。



ここでおすすめ指揮者を紹介しよう。

やはり筆頭はフルトヴェングラー

ベートーヴェンを得意とするドイツの巨匠。

私はフルトヴェングラーと出会い運命が変わった。



そしてカール・シューリヒト

端的な表現で核心を突く。

彼のブルックナーは最高。



そしてムラヴィンスキー

徹底的に鍛え上げた手兵レニングラード・フィル。

ムラヴィンスキーの僅かな動きに機敏に対応。

ベートーヴェンの第5番は特に素晴らしい。

私はレ・コルティのキァンティ・クラシコと合わす。

値段は幾分上がったがまだまだ納得。

密度の高い味わいで余韻の充実感は格別。



★ 2014 キァンティ クラシコ

  レ コルティ

  当店販売価格¥2,746(税込)



詳細は【クリック】2018年1月28日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール

詳細を表示