トップ > 


ベートーヴェンを聴きながら



ベートヴェンを聴きながら




私のアイドル、ベートーヴェン。

私のスター、ベートーヴェン。

彼の音楽は難しくない・・・。




Aさん:ピアノとワインがご趣味

店主:小さなワイン屋で生計を立てている




店主:ブロムシュテット94歳。

最高齢の第5番でした。

彼はどんどん若いスタイルになっています。

それが不思議・・・。

若手ような第5番でした。



Aさん:フルトヴェングラーの精神性は感じられない。

いい意味でも悪い意味でもミュージックだね。

BGM感覚だからある意味モダンなのかも。



店主:チェリビダッケやヨッフム。

ヴァントなどは年齢を重ねれば巨匠の雰囲気を醸していた。

ブロムシュテットは若いです・・・。

彼はベジタリアンで有名、若い秘訣かもしれません。

ワインはマスカットにしました。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/ssasasasaqswqwqwqw.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/ssasasasaqswqwqwqw.jpg" alt="ssasasasaqswqwqwqw.jpg" border="0" width="300" height="350" />

ドライで石を舐めた様なミネラル感。

焼き魚と合わせたらとてもいいと思う。

今回は単体で飲みました。

ブルガリアワインでここ数年注目しています。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/ssqaqsqqwqzszz.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/ssqaqsqqwqzszz.jpg" alt="ssqaqsqqwqzszz.jpg" border="0" width="300" height="221" />



Aさん:ピノさんの目利きは素晴らしいから。

先日のバロッサのメルローも家族で評判が良かった。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/ssasasaswqwqwqww.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/ssasasaswqwqwqww.jpg" alt="ssasasaswqwqwqww.jpg" border="0" width="300" height="350" />



店主:シャルドネもありますのお願い致します。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/sasasasqwwqwhghgh.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/sasasasqwwqwhghgh.jpg" alt="sasasasqwwqwhghgh.jpg" border="0" width="300" height="350" />



2022年2月14日

詳細を表示

レ・フォール・ド・ラトゥール



レ・フォール・ド・ラトゥール



レ・フォール・ド・ラトゥールお買い上げ頂きまして誠にありがとうございました。

宜しければ殿堂入りとさせて頂きます。


http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aqjhqjhjhqjqjhw.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aqjhqjhjhqjqjhw.jpg" alt="aqjhqjhjhqjqjhw.jpg" border="0" width="300" height="350" />



当店の長い歴史に大きな足跡を残して頂きました。

感謝でございます・・・。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/ahkiqjqjwqiiw.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/ahkiqjqjwqiiw.jpg" alt="ahkiqjqjwqiiw.jpg" border="0" width="300" height="350" />





★ 2015 レ・フォール・ド・ラトゥール

  当店販売価格¥49,500(税込)



次は五大シャトーを順次お願い致します。



高額ワインはワイン専門店が安心。

ソムリエ協会認定ソムリエが適切に管理。

状態の素晴らしい高額ワインをご提供致します。



一歩二歩高級なワインは当店で



詳細を表示

私流マリアージュ



私流マリアージュ



デスピノーサ指揮でブラームスの小品。

ハイドンの主題による変奏曲。

私が好きな作品である。

レコード時代、、、、。

交響曲第4番とカップリングされるのが多かった。

ハイドンの主題となっているが最近の研究でハイドンとは無縁。

変奏の名手ブラームスの力量がわかる作品だ。




★ブラームス/ハイドンの主題による変奏曲 作品56a

バルトーク/ピアノ協奏曲 第3番

シェーンベルク/浄められた夜 作品4

指揮:ガエタノ・デスピノーサ

ピアノ:小林海都

収録2021年12月4日 東京芸術劇場


聴きながら手料理とワイン




リンゴを砂糖&バターで焼く。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/auiuiuiuiuiccc.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/auiuiuiuiuiccc.jpg" alt="auiuiuiuiuiccc.jpg" border="0" width="300" height="221" />

はいはいマリアージュですね。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aejidfjdjkfkjdfjfcccc.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aejidfjdjkfkjdfjfcccc.jpg" alt="aejidfjdjkfkjdfjfcccc.jpg" border="0" width="300" height="350" />


パエリアとカヴァ

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aqwhqjwwjhvvvvvv.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aqwhqjwwjhvvvvvv.jpg" alt="aqwhqjwwjhvvvvvv.jpg" border="0" width="300" height="350" />



2022年2月11日

詳細を表示

時短料理とワイン

時短料理とワイン



時短料理




身近で自分で造れる簡単料理。

これが私のワインとマリアージュ方程式。

ソムリエ試験で勉強する手の込んだ料理はプロに任せる。

そう、私は周り身近にある食材、料理で楽しむ。


http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/awjkhqbbbbbb.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/awjkhqbbbbbb.jpg" alt="awjkhqbbbbbb.jpg" border="0" width="300" height="350" />



リムーの泡物にさんまの天ぷら。

時期外れだからお安かったサンマを調理。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aqjwjqwjqiwwwwww.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aqjwjqwjqiwwwwww.jpg" alt="aqjwjqwjqiwwwwww.jpg" border="0" width="300" height="221" />


ミートボールに南米の赤。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aqkjqkwjnnnn.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aqkjqkwjnnnn.jpg" alt="aqkjqkwjnnnn.jpg" border="0" width="300" height="350" />


マッシュルームのアヒージョとスペイン白

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aqkwjqjwwjqccc.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aqkwjqjwwjqccc.jpg" alt="aqkwjqjwwjqccc.jpg" border="0" width="300" height="350" />



2022年2月7日

詳細を表示

どしどし入荷!!



どしどし入荷!!



ロゼ

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/blekdwkdlwdkwl.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/blekdwkdlwdkwl.jpg" alt="blekdwkdlwdkwl.jpg" border="0" width="300" height="350" />


南仏のカベソー100%

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/bnnnnccc.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/bnnnnccc.jpg" alt="bnnnnccc.jpg" border="0" width="300" height="350" />


同じくマスさんのカベソー100%っす。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/baghsaghasghqqqqq.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/baghsaghasghqqqqq.jpg" alt="baghsaghasghqqqqq.jpg" border="0" width="300" height="350" />

泡物

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/bwlklklkselaaaa.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/bwlklklkselaaaa.jpg" alt="bwlklklkselaaaa.jpg" border="0" width="300" height="350" />


2022年2月5日

詳細を表示

ドンドン入荷です。



ドンドン入荷です。



まずはニュージーランドのSB100%。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aqwjqwjwkqwjkwjxxx.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aqwjqwjwkqwjkwjxxx.jpg" alt="aqwjqwjwkqwjkwjxxx.jpg" border="0" width="300" height="350" />

ポルトガルの白。

ポルトガルワインは当たりが多い。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aqwjqwjkwjqkjccc.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aqwjqwjkwjqkjccc.jpg" alt="aqwjqwjkwjqkjccc.jpg" border="0" width="300" height="350" />

シチリア如何。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aqkqkwjkqjkjcfkcvkccc.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aqkqkwjkqjkjcfkcvkccc.jpg" alt="aqkqkwjkqjkjcfkcvkccc.jpg" border="0" width="300" height="350" />

同じくシチリアのカベソー!!

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/awjhqjwqjhbbbbbb.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/awjhqjwqjhbbbbbb.jpg" alt="awjhqjwqjhbbbbbb.jpg" border="0" width="300" height="350" />


チリのピノ ノワールどう!!

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aqlqklqlwkqkcccc.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aqlqklqlwkqkcccc.jpg" alt="aqlqklqlwkqkcccc.jpg" border="0" width="300" height="350" />
カベルネ・フラン!!

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aqijqiwwqiwxcccccc.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aqijqiwwqiwxcccccc.jpg" alt="aqijqiwwqiwxcccccc.jpg" border="0" width="300" height="350" />


2022年2月3日

詳細を表示

グールド愛を貫く私

グールド愛を貫く私



グールド愛を貫く私



グレン グールド。

天才ピアニスト・・・・。

カナダのトロント出身である。

私はカナダ大使館で開催された没後展も参加。

もう30年以上前の事ですが・・・・。




衝撃的であったゴールドベルク変奏曲。

この大曲に魂を吹き込んだ。

大バッハもここまで創作を燃やしていたのか。

たんなる依頼の一つで・・・。

しかも不眠症解消を願った作品だ・・・。




村上春樹氏と小澤征爾氏の対談。
グールドはカナダという本場ではないから自由な発想。

そんな事を書いていた・・。

私も同感だ・・・。

バックハウスやエドワィン・フィッシャーでは無理。

正統派のピアニストからみれば異端そのものだ。



ワインはやはりトスカーナ。

ブルネロ ディ モンタルチーノの造り手。

しかし2011年は官能審査で適合しなかった。

ですからIGTトスカーナ ロッソでリリース。

何故だ・・・。

モンタルチーノ協会設立メンバーのマンフレディ。

ここが同村の保守本流ではないのか・・・。

2011年はミネラル感に富みすぎているとか??

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/zxzxzxzxzx1229.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-138.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/zxzxzxzxzx1229.jpg" alt="zxzxzxzxzx1229.jpg" border="0" width="296" height="296" />



私はトレンテンナーレが好きだ。

私個人としてはブルネロ ディ モンタルチーノ。

DOCGとして楽しんだ・・・。

これでいい・・・。

自己満足が大切だ!!

己がいいと思えばいい・・・。

長く生きてきてそう思う日々・・・。

通常販売価格¥15180(税込)



★ 今回限りの価格¥12960(税込)



在庫は日々変化します。

売り切れゴメンでお願いしたい!!




ヴェルメンティーノもいいね。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/zxzxzzxzxzxz.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-138.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/zxzxzzxzxzxz.jpg" alt="zxzxzzxzxzxz.jpg" border="0" width="296" height="296" />






2022年1月31日

詳細を表示

チャイコフスキーを聴きながら



チャイコフスキーを聴きながら



ワインのある生活だからクラシック音楽を聴きたい。



Aさん:常連歴10年以上の博学

店主:ワインと芸術が好き




店主:ファビオ・ルイージと同じイタリア出身のバッティストーニ。

彼は東京フィルと蜜月関係。

いい関係ですね。

先日、チャイコフスキーの第5番。

素晴らしい演奏でした。

チャイコの英雄交響曲。



Aさん:チャイコフスキーの後期三部作はたくさんの録音がある。

ですから比べ聴きに適しているね。

ピノさんはムラヴィンスキー指揮が好きじゃないの?



店主:そうです。

手兵レニングラード・フィルは鉄壁のアンサンブル。

鍛え抜かれております。

チャイコフスキーはムラヴィンスキーが最高です。

手造りパンオショコラとカリフルニアの泡で楽しみました。

有名なパイパー エドシックがソノマで手掛ける高級スパークリング。

中は市販のイチゴチョコにしました。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/ajwhwhjwqhwjqh.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/ajwhwhjwqhwjqh.jpg" alt="ajwhwhjwqhwjqh.jpg" border="0" width="300" height="350" />


少しリッチな気分を味わい最高のマリアージュでした。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aqjhswjqhjqwhjaa.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aqjhswjqhjqwhjaa.jpg" alt="aqjhswjqhjqwhjaa.jpg" border="0" width="300" height="221" />

当店販売価格¥4950(税込)

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/2022-01-26.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/2022-01-26.jpg" alt="2022-01-26.jpg" border="0" width="300" height="350" />


ごぼうに下味を付け素揚げ山椒を振り掛けました。

オレンジワインと相性抜群。

簡単マリアージュです。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/ahqgwqghwgwhqg.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/ahqgwqghwgwhqg.jpg" alt="ahqgwqghwgwhqg.jpg" border="0" width="300" height="350" />


2022年1月28日

詳細を表示

モーツァルトの歌劇と・・・。



モーツァルトの歌劇と・・・。



私が好きな歌劇がドン・ジョヴァンニだ。

モーツァルトの傑作・・・。

2021年、ザルツブルク音楽祭にて。




ドン・ジョヴァンニ:ダヴィデ・ルチアーノ

  騎士長:ミカ・カレス

  ドンナ・アンナ:ナデジュダ・パブロワ

  ドン・オッターヴィオ:マイケル・スパイアーズ

  ドンナ・エルヴィーラ:フェデリカ・ロンバルディ

  レポレッロ:ヴィート・プリアンテ

  マゼット:ダーヴィト・シュテフェンス

  ツェルリーナ:アンナ・ルチア・リヒター

  管弦楽・合唱:ムジカエテルナ

  男声合唱:ザルツブルク・バッハ合唱団

  指揮:テオドール・クルレンツィス



内容自体はわかりやすく単純。

女好きなドン ジョヴァンニ。

最後の結末を考えると自業自得。

地獄落ちは聴きどころである。

ロメオ・カステルッチの演出が際立っていた。



私的には古いフィルムとなるが・・・。

フルトヴェングラー晩年の指揮が好きだ。

1954年のザルツブルク音楽祭である。

ですからクルレンツィス指揮の67年前となる。

いやいや歴史ある音楽祭ですね・・・。



フードフレンドリーなモンテプルチアーノ君。

君は良い奴や〜と独り言。




牛肉デミグラスソースペンネ。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aqwqwjwqjkqkwjxxx.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aqwqwjwqjkqkwjxxx.jpg" alt="aqwqwjwqjkqkwjxxx.jpg" border="0" width="300" height="350" />



やはり君は料理に添う素晴らしい奴だ。



ワインはシャトー ヌフ ド パプ。

許可品種13種からなる素晴らしい作品。

ギガルで楽しんで頂きたい。

お値段はそこそこしますが・・・。

今だコスパ高い作品ですね。
懐かしく感じるお客様も多いと思う。
http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aajksjajkjkajskajssssss.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aajksjajkjkajskajssssss.jpg" alt="aajksjajkjkajskajssssss.jpg" border="0" width="300" height="350" />
そうムルソーもいいね。

¥8290(税込)

面積はピュリニーより広く1万円以下もまだある。

しかも素晴らしい造り手。

瞬殺でしょ・・・。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/akjkjkjkj.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/akjkjkjkj.jpg" alt="akjkjkjkj.jpg" border="0" width="300" height="350" />


2022年1月

詳細を表示

店主若い頃・・・。銘器1850年製 ニコラ ヴィヨーム。ジロードン八重子さんが経営する渋谷のKOTOで証明書付きで購入。生涯で一番高い買い物でした。

店主若い頃・・・。
銘器1850年製 ニコラ ヴィヨーム。
ジロードン八重子さんが経営する渋谷のKOTOで証明書付きで購入。
生涯で一番高い買い物でした。



チャイコフスキーとニューヨーク州のワイン



芸術を愛する私・・・。

この分野は経験と眼力が命だ。

その培われた眼力でワインは入荷されます。

そんな素晴らしいワインをご堪能下さい。






チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲。

クラシック音楽の名曲中の名曲。

人々に愛される傑作である。

僅かな期間で作曲された。

それこそ数々の音源が存在する。

私的にはミルシティン盤がいい。彼は演奏不能と断定したアウアーの弟子。

アウアーは後に判断ミスを認め演奏。

愛されるきチャイコの作品。

パールマンも実にいい。

オーマンディ指揮での競演も涙である。

楽章の合間に感極まった聴衆の拍手がある。

今回はラインスドルフ指揮、ボストン交響楽団。

特にパールマンは冴え、表情は絶品である。

チャイコは情に傾くと品を失い危険。

ですからすれすれの加減が求められる。

安全を求め過ぎても楽しくない。

その点を理解したパールマンの演奏であった。


★ チャイコフスキー

  ヴァイオリン協奏曲 ニ長調


 
  イツァーク・パールマン Vn

  エーリヒ・ラインスドルフ 指揮

  ボストン交響楽団

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/ajjhjjhjhjhjhzzzzzx.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/ajjhjjhjhjhjhzzzzzx.jpg" alt="ajjhjjhjhjhjhzzzzzx.jpg" border="0" width="300" height="350" />


ニューヨーク州はリースリングが素晴らしい。

¥4490(税込)

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/allakak.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/allakak.jpg" alt="allakak.jpg" border="0" width="300" height="350" />


人気のエレメント ワイナリー

同州はカベルネ フランが最高。

同種主体にピノ ノワール、メルロー

ガメイ他

¥5790(税込)

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/ajkjkjjkjn.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/ajkjkjjkjn.jpg" alt="ajkjkjjkjn.jpg" border="0" width="300" height="350" />


ハーマンはフィンガーレイクスを代表するワイナリー。

ニューヨーク州は高級ワイン産地。


2022年1月22日

詳細を表示

簡単マリアージュ



簡単マリアージュ



身近で自分で造れる簡単料理。

これが私のワインとマリアージュ方程式。

ソムリエ試験で勉強する手の込んだ料理はプロに任せる。

そう、私は周り身近にある食材、料理で楽しむ。


http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/ahhgvvvv.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/ahhgvvvv.jpg" alt="ahhgvvvv.jpg" border="0" width="300" height="221" />



http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/ajkjkjjkjzzz.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/ajkjkjjkjzzz.jpg" alt="ajkjkjjkjzzz.jpg" border="0" width="300" height="350" />



まずは定番のギョスパ。

豚ひき肉を多めにジューシギョーザ。

手造りだからの満足度。

マカベオ主体にシャルドネで豊かな味わい。

ですからジューシーギョーザに奇跡のマリアージュ。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/ajhhjhjvvvvvvv.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/ajhhjhjvvvvvvv.jpg" alt="ajhhjhjvvvvvvv.jpg" border="0" width="300" height="350" />



お手製ハンバーグ。

牛を多めに玉ねぎは粗くした。

ア ラ カルトのシラーは親しみやすい。

家庭系ハンバーグにはとても合う。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/ajhjhjhjbbbbb.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/ajhjhjhjbbbbb.jpg" alt="ajhjhjhjbbbbb.jpg" border="0" width="300" height="350" />



ブリ ド モーとカリフォルニアのピノ

樽由来のヴァニラ香が強く甘みを感じる余韻。

これも最高の組み合わせ。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/atttrttvv.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/atttrttvv.jpg" alt="atttrttvv.jpg" border="0" width="300" height="350" />


2022年1月20日

詳細を表示

最近、こんな本を読んだ



最近、こんな本を読んだ



毎月、数多くの書籍を乱読する私。

タイトルから興味が沸く場合や趣味から派生して購入する場合。

また、暇潰しに購入する場合と様々です。

そんな乱読人間の私が、ご推薦するのは歴史。


http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aopopoponnnnnn.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aopopoponnnnnn.jpg" alt="aopopoponnnnnn.jpg" border="0" width="300" height="350" />




★ 北条義時
  岩田慎平 著



おすすめ度:★★★★☆



鎌倉時代はあまり詳しくありません。

どうしても戦国時代に興味が沸く。

NHKの大河ドラマに触発され購入。

意外と面白かった。



京武者の第一人者の平清盛。

高倉天皇の後見として権威を振るう。

平家は軍事権門を授かり軍事の頂点となる。

これは鎌倉幕府に於いても軍事の要職であった・・・。



頼朝を担ぎ出した北条はやはり事情があった。



北条義時が目立った活躍をするのは頼朝死去後。

政敵を排除、父を追放と権力欲は大生だ。

政子と二人三脚で実朝を支え頂点を極める。



テレビでも大活躍の先生。

それが小和田哲男氏だ。

私のような歴史好きには知れ渡った名前。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/ajkkjkhhhhhsss.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-135.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/ajkkjkhhhhhsss.jpg" alt="ajkkjkhhhhhsss.jpg" border="0" width="300" height="350" />



★ 戦国武将の実力



おすすめ度:★★★☆☆



111人の武将の通信簿。


知らない武将も紹介されており興味深い。

また断トツの評価が北条早雲、織田信長。

豊臣秀吉、徳川家康。

やはり天下を取った武将はほぼ完ぺきだ。

本書は数多くの武将を取り上げ過ぎて内容が薄い。

少し残念だ・・・。



2022年1月17日

詳細を表示