トップ > 


ヴァイオリン協奏曲とワイン

ヴァイオリン協奏曲とワイン



ヴァイオリン協奏曲とワイン



当店店主はワインと芸術に造詣が深い。

そんな私から・・・。




クラシック音楽の華。

それはコンチェルトだ・・・。

究極は弦楽四重奏曲だ・・・。


中でもヴァイオリン協奏曲。

そしてピアノ協奏曲は主役。




ヴァイオリン協奏曲は無数ある。

現在、演奏される作品はどの位あるのだろう。

歴史を重ね演奏される名曲。

忘れられた名曲も無数にある。

寝ていた作品が蘇ったこともある。

ベートーヴェンの作品は魂を吹き込まれ復活。

今日では三大ヴァイオリン協奏曲となっている。



まず初心者にはブルッフの第1番がいい。

美しい旋律が湧き上がる、これぞ名曲。

これぞ華だ・・・。



ワインはオーストラリアのかべそー。

そうカベソー100っす。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/assasasaqwqwqasaso.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/assasasaqwqwqasaso.jpg" alt="assasasaqwqwqasaso.jpg" border="0" width="300" height="350" />



当店販売価格¥7370(税込)



マーゲレット リヴァーは今や新世界の聖地。

素晴らしいワインが誕生する・・・。



そしてボルドー。

シャトー オー バタイイのセカンド。


http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/20210706121655a1f.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/20210706121655a1f.jpg" alt="aささsqwqwqwxczsっぁあs" border="0" width="300" height="350" />



南アフリカのシャルドネ。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/20210706121658d00.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/20210706121658d00.jpg" alt="あささq2w12212wqs" border="0" width="300" height="350" />



そしてニュージーランドのSB

うまいSBを飲みたいのなら、ニュージーランド。

私が愛する・・・。

愛しすぎる産地だ・・・。

販売価格¥2960(税込)

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/20210706121659607.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/20210706121659607.jpg" alt="さqさささswqwqwwqwwww" border="0" width="300" height="350" />



当店はクレジットカードは金額に関わらず使用可能。

そして駐車場は入りやすく止めやすい。

経験豊かなソムリエがアドヴァイス致します。

そして肝心のワインは種類豊かでございます。




2021年7月6日

詳細を表示

ショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲と

ショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲と



ショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲と



当店は常連様や初めてのお客様と会話が多い。

多彩な人が様々は話題で盛り上がる。

常連様はお店、こと個人店とのお付き合いが上手。

関係が築くのがお上手だと思う。





私が賛辞を送る作曲家。

それがショスタコーヴィチだ。

ワインにはテロワールの概念がある・・・。

作曲家も置かれた時代や立場で作風が備わる。

ショスタコは圧政下のソ連の雰囲気をたたえる。

それは緊張感と不安、密告、処刑等々・・・。

ショスタコーヴィチの作品は常に感じるのだ。

しかし同時に背景は抵抗の強さも感じる。

それも彼流のやり方でさ・・・・。



ヴァイオリン協奏曲は素晴らしい。

第1番も第2番もダヴィッド オイストラフに献呈された。

私はダヴィッド オイストラフは尊敬している。

豪快ながら繊細で人間味を感じる表現。

そこには温もりがあるんだな。

私は息子さんイーゴはコンサートで聴いた。

東京 池袋の芸術劇場。

フランクのヴァイオリン ソナタは素晴らしかった。



第1番はバイバ・スクリデのヴァイオリン。

ネルソンス指揮、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団。

この演奏が凄い。

一聴きあれ!!



第2番は諏訪内晶子さんのヴァイオリンがいい。

技巧的であまり感情投入がない彼女。

しかしそれが独自の緊張感を保ち素晴らしい。

一聴きあれ!!

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/sasasaswqwqwqwqwq.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/sasasaswqwqwqwqwq.jpg" alt="sasasaswqwqwqwqwq.jpg" border="0" width="300" height="350" />



ワインはカンティーナ トロのカベソー。

親しみある果実感で夏向きカベソーだと言いたい。

ミディアム ボディで滑らか、偉大ではないがフレンドリー。

これ、お勧めだ。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aaaaaaaaaaaxzxzxz2-gdf.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aaaaaaaaaaaxzxzxz2-gdf.jpg" alt="aaaaaaaaaaaxzxzxz2-gdf.jpg" border="0" width="300" height="221" />





人気のアマローネ ヴァルポリチェッラで楽しみたい。


http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/asasasqwqwqwqwqw.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/asasasqwqwqwqwqw.jpg" alt="asasasqwqwqwqwqw.jpg" border="0" width="300" height="350" />



最近、やはりバルトークを良く鑑賞する。

天才中の天才ながら晩年は異国で苦労する。

悲しいが作曲に集中できる環境ではなかった米国。

当時は成長著しい米国は騒音だらけで彼を悩ました。

彼ははクラ音楽史上欠かせない天才だ。




そしてスプマンテ如何

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/asasasqwwwqwqw.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/asasasqwwwqwqw.jpg" alt="asasasqwwwqwqw.jpg" border="0" width="300" height="350" />


2021年7月8日

詳細を表示

ベートーヴェンの皇帝とマリアージュ

ベートーヴェンの皇帝とマリアージュ



ベートーヴェンの皇帝とマリアージュ



当店店主はワインとクラシック音楽に造詣が深い。

そんな私から・・・。




クラシック音楽で究極は弦楽四重奏曲だとすれば。

華やかさはやはり協奏曲であろう。

中でもベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番は完璧な内容。

ご本人も満足したであろう。

堂々の風格はピアノ コンチェルトの皇帝だ。

フルトヴェングラー指揮

エドウィン フィッシャーのピアノが素晴らしい。



http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/dfdfdferrrerererefdfd.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/dfdfdferrrerererefdfd.jpg" alt="dfdfdferrrerererefdfd.jpg" border="0" width="300" height="350" />

私の宝物レコード

1951年 録音 モノラル




http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/gwewewwee.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/gwewewwee.jpg" alt="gwewewwee.jpg" border="0" width="300" height="350" />



ジャイアント・ステップス

ヤラ・ヴァレー シラー・カリニャン・グルナッシュ

当店販売価格¥4180(税込)

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/gggggggggereerrer.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/gggggggggereerrer.jpg" alt="gggggggggereerrer.jpg" border="0" width="300" height="221" />

若く軽快ながら肉感的。

期待値以上のバランスであった。

溢れるベリーの豊かさ。

そして丸みを帯びた味わい。

満足度の高さと申し分ない。

君に出会えて最高だ、と追記。



そして産地は南ア。

そう南アフリカ、同国ビオディナミの先駆者。

それがライナカ。

ボルドータイプの赤。

当店販売価格¥4千円代


http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/dfdfdfer53453445344.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/dfdfdfer53453445344.jpg" alt="dfdfdfer53453445344.jpg" border="0" width="300" height="350" />



最近あの名曲をよく鑑賞する。

ドボルザークの新世界。

この年になると、わかるよドボルザークの心境が。

新天地において想う心の揺れと新鮮な気持ちが。

インバルの指揮が素晴らしい。





2021年7月4日

詳細を表示

シューマンの春とワイン

シューマンの春とワイン



シューマンの春とワイン



ロマン派の巨星。

それがロベルト シューマンだ。

ロマン派最重要作曲家で欠ける事は許されない。

しかしだね。




ロマン派は巨星揃いだ。

リスト、ワーグナーブラームス、ブルックナー等々。

傑作の時代ですね・・・。



ピアニストを目指したが指の負傷で断念。

音楽評論をしながら作曲活動。

クララとの結婚までの苦難は有名。

またブラームスを世に紹介した功績は大きい。

晩年は精神に異常をきたし入水自殺を図る。




作品は過度な表現にならずあくまでも品がある。



交響曲第1番、春。

私はこの第1番と4番が好きだ。

どちらもフルトヴェングラー指揮が愛聴盤だ。



http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/20210628123417d49.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/20210628123417d49.jpg" alt="kっヵs34" border="0" width="300" height="350" />


私のお宝レコード

1951年10月29日 ライブ録音

ウィーン フィル



今回は鈴木雅明氏とN響・・・・。

バッハの演奏の大家として有名。

N響との共演は2020年とまだ浅い。

ですが意外と息は合っていた。

この辺りはやはり相性なのだと思う。



今回はシューマンの春。

なかなかいい出来具合であった。

フルトヴェングラー、バーンスタインは名演。

鈴木氏も記憶に残る演奏でした。



さてさてワインですが、やはり。

北イタリアの銘酒。

それがヴェルポリチェッラだ。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/2021062812341461f.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/2021062812341461f.jpg" alt="21212hghtrてえrr" border="0" width="300" height="350" />


予想以上においしかった。

軽めの味わいで瑞々しい。

スピリッツ漬けのチェリーや甘みのあるスパイス。

胸躍る味わいに印象に残る余韻。


http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/202106281234152ca.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/202106281234152ca.jpg" alt="あああああああああああqwqwqwq" border="0" width="300" height="221" />



私的評価:91+点



【判断基準】
95点以上:芸術的

91〜94点:最高に旨い

88点〜90点:良いワイン

87点以下:・・・・・



あくまでも当店評価です。



http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/20210626173433856.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/20210626173433856.jpg" alt="1111111190909" border="0" width="307" height="469" />


2021年6月28日

詳細を表示

お値打ちスーパー価格のお知らせ

お値打ちスーパー価格のお知らせ



お値打ちスーパー価格のお知らせ


http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/20210626174251110.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/20210626174251110.jpg" alt="あさs112212さqさs" border="0" width="296" height="296" />


お値打ちスーパー価格。

いやいや違う。

今世紀最大の特価。

いやいやしっくりこない。

当店応援特価!!

これもだめや〜。



やはり

特価スペシャルお値打ちスーパー価格。

が、いい・・・。



夏飲みたいサングリア。

特価予約受付INGだ。


http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/20210626173433856.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/20210626173433856.jpg" alt="1111111190909" border="0" width="297" height="450" />




通常販売価格¥1100(税込)



★ 特価スペシャルお値打ちスーパー価格

  ¥880(税込)




お渡しは7月下旬を予定しております。



意外・・・に、だ順調にご予約を頂いております。



ゴッド様もお願い致します。

後、ロゼご用意完了です。ので!!



2021年6月26日

詳細を表示

クラシック音楽と癒し系ワイン

クラシック音楽と癒し系ワイン



クラシック音楽と癒し系ワイン

当店店主はクラシック音楽に造詣が深い。

そんな私から・・・。





子供にクラシック音楽を聴かせたい。

やはりメンコンがいい。

メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲の事。

演奏は・・・。

パールマンがお勧め・・・。

甘美な音色で音色に質感がある。

ワインなら飲み頃ブルゴーニュ。

シャンボール・ミュジニーだろう。

指揮はマイケル ティルソン トマス。

メンデルスゾーンもパールマンもトマスも同じ民族。

やはり波長が合う。

パールマンの影響を受けたヴァイオリニストは多い。

彼は体にハンディがありながらも大活躍。

私は生で聴く機会には恵まれなかった。



先日、パールマンのドキュメントを見た。

お元気な姿にとても安心致しました。

彼は名教師 ドロシー ディレイの門下生。

彼女に元で学び育ったヴァイオリニストは世界で活躍。

日本の五嶋みどりさん、諏訪内晶子さんなど素晴らしい。



因みにメニューインとフルトヴェングラーも素晴らしい。

私の愛聴盤はこちらです・・・。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/kfklfkdlkfdlfdlfklk343434.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/kfklfkdlkfdlfdlfklk343434.jpg" alt="kfklfkdlkfdlfdlfklk343434.jpg" border="0" width="300" height="350" />

私のお宝レコード



http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aasasawqwqw122122.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aasasawqwqw122122.jpg" alt="aasasawqwqw122122.jpg" border="0" width="300" height="350" />



ワインはイタリアの香りと風味豊かな白。

当店で愛される品種がピノ グリージョ。

私は会社の人間関係で疲れ癒されたい。

そんな方にお勧めです。


http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/sasasasqwwq21212133333333.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/sasasasqwwq21212133333333.jpg" alt="sasasasqwwq21212133333333.jpg" border="0" width="300" height="221" />



癒されてくだされ!!



2021年6月26日

詳細を表示

ブラームスのドッペル コンチェルト

ブラームスのドッペル コンチェルト



ブラームスのドッペル コンチェルト



ブラームス偏愛の私。

日本人はブラームス好きが多い。

派手ではなく内面的な作品が多い。




しかしちょ〜と派手めな作品。

それがドッペル コンチェルトだ。

ヴァイオリンとチェロの為の二重奏曲。

やはりフルトヴェングラー指揮

ヴァイオリンに名コンマスであったウィリー ボスコフスキー

そしてチェロにアメヌエル ブラベッツ

ウィーン フィル

1952年1月27日 ムジークフェラインザール

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/saasaasllplpbv4564.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/saasaasllplpbv4564.jpg" alt="saasaasllplpbv4564.jpg" border="0" width="300" height="350" />

私のお宝レコード



これはドッペル史上最高の組み合わせだ。



アルザスでいきたい。

これ、新作&旨い。


http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/ssaasaswqwq1212rrrr.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/ssaasaswqwq1212rrrr.jpg" alt="ssaasaswqwq1212rrrr.jpg" border="0" width="300" height="350" />



青りんご、絞ったレモンのニュアンス。

石を舐めたようなミネラル感。

シャープな辛口で絶妙。

気持ち冷やし気味で楽しんでもいいかもね


http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/1111111111sdasdasasasa.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/1111111111sdasdasasasa.jpg" alt="1111111111sdasdasasasa.jpg" border="0" width="300" height="221" />



私的評価:91点



【判断基準】


95点以上:芸術的

91〜94点:最高に旨い

88点〜90点:良いワイン

87点以下:・・・・・



あくまでも当店評価です。



やはりジュヴレ シャンベルタンといこう。

そして飲み頃がいい。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/asassqwqwqwqrtr.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/asassqwqwqwqrtr.jpg" alt="asassqwqwqwqrtr.jpg" border="0" width="300" height="350" />



2011 ジュブレ シャンベルタン 1級畑 クロ プリュール

   ティエリー モルテ

   当店販売価格¥13750(税込)



私が好きなドメーヌ。

07年からビオロジックに舵を切る。

飲みやすい仕上がりが多くますは飲むべきだ。



コート シャロネーズの雄。

それがメルキュレ。

メルキュレ最大の畑で有名なのが クロ レヴェック。

当店販売価格¥6千円代。

ヴィンテージは2015、造り手はルフォー。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/sefkkk22332323232323.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/sefkkk22332323232323.jpg" alt="sefkkk22332323232323.jpg" border="0" width="300" height="350" />



そしてイタリアの白の名酒。

ヴェルナッチャ ディ サン ジミニーャノ如何。


http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/asasaqwq2wwqw2121215.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/asasaqwq2wwqw2121215.jpg" alt="asasaqwq2wwqw2121215.jpg" border="0" width="300" height="350" />




2021年6月25日

詳細を表示

ウェーバーとモンテプルチアーノ

ウェーバーとモンテプルチアーノ



ウェーバーとモンテプルチアーノ



当店店主はワインとクラシック音楽に造詣が深い。

そんな私から・・・。



ウェーバーは私が好きな作曲家。

オペラ 魔弾の射手はドイツオペラの源流。

私は晩年のフルトヴェングラー指揮が愛聴盤だ。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/ioioioio1212122.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/ioioioio1212122.jpg" alt="ioioioio1212122.jpg" border="0" width="300" height="350" />

私のお宝レコード



http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/oioioioiwewwewe.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/oioioioiwewwewe.jpg" alt="oioioioiwewwewe.jpg" border="0" width="300" height="350" />



カルロス クライバーの解釈も素晴らしい。

モダンで数十年経過しても褪せない表現。




そして小品も素晴らしい。

クラリネット五重奏曲・・・。

小品と言っても約30分程度ですが。

中学生の時、横川晴児氏のクラリネットで聴いた。

あまりに素晴らしい演奏で感銘を受けた。

ウェーバーは独自の色彩、バランス感覚がある。


http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/ioiooiotrgrgfefewdwdwwd.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/ioiooiotrgrgfefewdwdwwd.jpg" alt="ioiooiotrgrgfefewdwdwwd.jpg" border="0" width="300" height="350" />



ワインは気軽にモンテプルチアーノ君だ。

やはり君にはこれを言いたい。

いい人だと・・・。

誰とでも気軽に付き合える。

先輩とも先生とも。

後輩ともね・・・。

勿論、異性にも友人にもね。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/ioioioioioioasasa.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/ioioioioioioasasa.jpg" alt="ioioioioioioasasa.jpg" border="0" width="300" height="221" />




軽めの味わい。

しかし果実味もしっかりありモンテプルチアーノらしい。

南イタリアの雰囲気を持った気軽な奴。



私的マリアージュ



ウェーバーにはモンテプルチアーノが合う。



そして!!

5月の紹介したテルツォーロ

新ラベル

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/ddddddddddddddddoiooio.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/ddddddddddddddddoiooio.jpg" alt="ddddddddddddddddoiooio.jpg" border="0" width="296" height="296" />

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/dssasaswqwqwqw121.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/dssasaswqwqwqw121.jpg" alt="dssasaswqwqwqw121.jpg" border="0" width="296" height="296" />



私的評価:92点


バーティカルは楽しい。

2017年はより落ち着いており飲み頃。

2018年は前ヴィンテージより肉付きが良い。

どちらにしても最高に旨い。

旧ラベル

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/ewewwewedsdsdsds.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/ewewwewedsdsdsds.jpg" alt="ewewwewedsdsdsds.jpg" border="0" width="300" height="350" />

見よ、この色調

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/ddddddddddddkokokokdddd.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/ddddddddddddkokokokdddd.jpg" alt="ddddddddddddkokokokdddd.jpg" border="0" width="300" height="221" />



私的評価:91+点



【判断基準】


95点以上:芸術的

91〜94点:最高に旨い

88点〜90点:良いワイン

87点以下:・・・・・



あくまでも当店評価です。



2021年6月20日

詳細を表示

父の日にワインを贈れ!!

父の日にワインを贈れ!!



父の日にワインを贈れ!!



おいおい20日は父の日だ。

ワインを贈ってやれよ。

喜ぶぞ!!

感激するぞ!!

感激度100%超えだ。

いいんだよ予算気にするな!!

千円代でも十分だし。

三千円代でもいいんだ。

あ、な、たが父へで完成系だよ。

しかも大好きでおいしいワイン。



やはりソムリエのアドヴァイスを受けたい。

あなたの通うワイン屋さんでソムリエですか、と質問するといい。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aasasasasqwqwffdddfdfdff.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aasasasasqwqwffdddfdfdff.jpg" alt="aasasasasqwqwffdddfdfdff.jpg" border="0" width="300" height="350" />



濃厚系如何・・・。

アパッシメントを施したプリミィティーヴォ。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/fdfsdfsf213132ewdsw.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/fdfsdfsf213132ewdsw.jpg" alt="fdfsdfsf213132ewdsw.jpg" border="0" width="300" height="350" />

当店販売価格¥1690(税込)


この時期飲みたい白。

イタリアの白。

これ旨い、自然と言葉にでる。

少し硬質な果実感。

それはミネラル豊かと言うことだ。

柑橘系とハーブのニュアンスで絶妙。

インツォリア&カタラットです。


http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/asasqwqwhjhjh8bhty.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/asasqwqwhjhjh8bhty.jpg" alt="asasqwqwhjhjh8bhty.jpg" border="0" width="300" height="221" />


私的評価:90点



【判断基準】


95点以上:芸術的

91〜94点:最高に旨い

88点〜90点:良いワイン

87点以下:・・・・・



あくまでも当店評価です。



そしてロゼ。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/fgggghuiiiuiui.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/fgggghuiiiuiui.jpg" alt="fgggghuiiiuiui.jpg" border="0" width="300" height="350" />



少しお高いが・・・。

イル ブルチャートもいいかも。

グァドアルタッソのセカンドでございます。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/fgkfkgkflgkkrtklr1127.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/fgkfkgkflgkkrtklr1127.jpg" alt="fgkfkgkflgkkrtklr1127.jpg" border="0" width="300" height="350" />
おすすめ度:★★★★★



父の日にワインだ!!



2021年6月18日

詳細を表示

父の日に如何・・・。

父の日に如何・・・。



父の日に如何・・・。



日頃の感謝の気持ちを込めてワインを贈る。

父感激父涙・・・。




そう、父は戦士

会社で一生懸命働く。

上司に部下に気を遣い。

取引先で素晴らしい営業トーク。

家では妻に気を遣う。

と戦士も疲れるものだ。



スペインのSBいいですね。

ラ マンチャの自然派。


http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aasasqqwqwfgfgfhgfgfg.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aasasqqwqwfgfgfhgfgfg.jpg" alt="aasasqqwqwfgfgfhgfgfg.jpg" border="0" width="300" height="350" />



懐かしのバルドリーノ

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/dddddddddddkookoddd.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/dddddddddddkookoddd.jpg" alt="dddddddddddkookoddd.jpg" border="0" width="300" height="350" />



軽めだが少し野性的。

その中に赤系果実のかわいらしい表情。

たぶん、地元消費が高いワイン。

そこがいい。。。。

洗練され周知されたワインが多い中。

ワイン周辺の営みが垣間見れる素朴さを保つ作品。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/20210617130504507.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/20210617130504507.jpg" alt="あsasasaxzxzxaqswqwwqwqwqw" border="0" width="300" height="221" />



私的評価:88点



【判断基準】



95点以上:芸術的

91〜94点:最高に旨い

88点〜90点:良いワイン

87点以下:・・・・・



あくまでも当店評価です。



マスさんのロゼ。

癒されたい〜の父は!!

フレッシュな野イチゴで純粋な味わい。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/dsdsdsdsddsdsdsdsdsssefe.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/dsdsdsdsddsdsdsdsdsssefe.jpg" alt="dsdsdsdsddsdsdsdsdsssefe.jpg" border="0" width="300" height="350" />



マルケのロゼ。

モンテプルチアーノ主体にサンジョヴェ。

適度な辛口度合いで癒される。

軽快な果実感も好印象。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/dddddddddddwewwwwew.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/dddddddddddwewwwwew.jpg" alt="dddddddddddwewwwwew.jpg" border="0" width="300" height="350" />



2021年6月17日

詳細を表示



当店ソムリエお勧め





はいはい笑顔で〜!!

如何っすか私お勧めのワイン。




ワインは一アルコールを越えた飲み物。

もはや芸術・・・。

おいおい愛せよワインを!!


http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/adasdassqwwqw121212fdgfr.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/adasdassqwwqw121212fdgfr.jpg" alt="adasdassqwwqw121212fdgfr.jpg" border="0" width="300" height="350" />



ムルソーの古酒入荷です。

個性ある2008でございます。

再評価されているヴィンテージ。


http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/asasas9090dadaa.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/asasas9090dadaa.jpg" alt="asasas9090dadaa.jpg" border="0" width="300" height="350" />



そして先日紹介した89。
サントーバン白。






2021年6月17日

詳細を表示

店主若い頃・・・。銘器1850年製 ニコラ ヴィヨーム。ジロードン八重子さんが経営する渋谷のKOTOで証明書付きで購入。生涯で一番高い買い物でした。

店主若い頃・・・。
銘器1850年製 ニコラ ヴィヨーム。
ジロードン八重子さんが経営する渋谷のKOTOで証明書付きで購入。
生涯で一番高い買い物でした。



ベートーヴェンのヴァイオリンソナタ



当店店主はワインとクラシック音楽に造詣が深い。

そんな私から・・・・。




熱中してヴァイオリンを習った青春時代。

地元の女性の先生に週2、3回習い。

そして月1回程度、安富洋先生。

当時、先生の自宅があった所沢まで行き指導を受けました。



ヴァイオリンの製作者にも会いに来ました。

中でも無量塔 蔵六さんは印象的でした。

確か品川にあった住居兼制作場で後進の指導にあたっていた。

名古屋の鈴木ヴァイオリンでもその造りの細かさに感銘を受けました。





安富先生と奥様のCD。

当時セラフィンを所有ニスに深みがある銘器。
これまたクレモナの銘器に数えられます。

音色よりもその外観の美しさが思い出されます。




http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/assassioioioisdfsdd.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/assassioioioisdfsdd.jpg" alt="assassioioioisdfsdd.jpg" border="0" width="300" height="350" />


やはりベートーヴェンの春は名曲。



若手のヴァイオリニスト、チェクナヴォリアン。

正統派の解釈で素晴らしかった。

コロナ収束後は是非来日して頂きたい。

そして聴きたい・・・。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/dsdsdswewewefdefsdf.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/dsdsdswewewefdefsdf.jpg" alt="dsdsdswewewefdefsdf.jpg" border="0" width="300" height="350" />



ワインは安価で楽しめる。

南イタリアは旨安ワインの宝庫。

探せば旨&安ワインが出てくる出てくる。

掘り出しワインが出てくるのだ。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/gfdfdfsdswew290293scdsxasasf.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/gfdfdfsdswew290293scdsxasasf.jpg" alt="gfdfdfsdswew290293scdsxasasf.jpg" border="0" width="300" height="221" />



ジューシーで肉感的。

素朴さと親しみやすさも備える。

酸が印象的で生き生き感じます。

友人がふらっと来た時にいいかも・・・。

土着品種 ネーロ ディ トロイアお勧め。


ロゼもいいですね。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/20210615133803f5f.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/20210615133803f5f.jpg" alt="aas;lal;fl;elreree" border="0" width="300" height="350" />



2021年6月15日

詳細を表示