藤枝 ワイン 焼津 ワイン 静岡 ワイン

トップ > 


ラヴェルとロワールワイン

ラヴェルとロワールワイン



当店店主はワインとクラシック音楽に造詣が深い。

そんな私から素敵なマリアージュをご紹介致します。



ソナタ形式の音楽ばかり鑑賞している私。

気分転換にフランスの音楽を聴きたくなる。

ラヴェル・ドビュッシーなど独自の表現は魅力的。




ドビュッシーの交響詩、海・・・。

さざ波、うねりなど緻密に大胆に演出。



ドビュシーの牧神の午後への前奏曲。

まどろむ空気、エロスを感じながらひと時の時間が流れる。



ドビッシーのオペラ、ペレアスとメリザンド。

言葉と音楽が絶妙に絡むフランス最上の芸術。



そして、音の魔術師のラヴェルだよね・・・。

ムソルグスキーの展覧会の絵だって彼がオケ用に編曲したから今日がある。

(しかし原曲ピアノ版も恐ろしく素晴らしい。)



小さなお子さんも楽しめるマ・メール・ロワ。

勿論、童謡から作曲。

大人になっても持ち続ける子供の心をそっと触れられる。

ラヴェルのいたずら心を感じるよ。



こんな時は感性あるキアンティがいい。

やはり原点であるリカーゾリだ。

随分、しかも長年に渡りお世話になっている。





★ 2013 ブローリオ ベッティーノ キアンティ クラシコ

  イタリア トスカーナ

  サンジョヴェーゼ90%、コロリーノ10%



尊敬すべきベッティーノに捧げられた1本。

洗練されているが私の一言。

これは、ポロリとこぼれた言葉。

やさしく柔らかい果実味。

サンジョヴェーゼでこの表現。

理想的なタンニンで心地いい。

またサンジョヴェらしい綺麗な酸を保持。

マ・メール・ロワと同じく語りかけてくる1本。



おしゃれなマリアージュでした。



詳細は【クリック】2018年3月22日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール

詳細を表示

願望とワイン

願望とワイン



人間は欲や願望が常にある。

それらは時に良く働き、強過ぎると悪く作用する。

ですから匙加減が必要ですね。




私の願望はオランダにある・・・。



オランダ アムステルダムにある名ホール。

それがコンセルトヘボウだ。

アムステルダム コンセルトヘボウ管弦楽団の本拠地である。

と言っても呼称は変わりロイヤル コンセルトヘボウ管弦楽団である。



何と言っても指揮者は中央上部から現れる。

演出も見事。

あのカルロス・クライバーの登場は忘れられない。

彼指揮のベートーヴェンの第4、7番は名演。

それにはこのホールとオケの実力があってこそ。



う〜んこのホールでクラシック音楽を堪能したい。

ヤンソンスも退任し現在はダニエレ・ガッティ。

彼は精力的にプログラムを粉している。



ストラヴィンスキーの火の鳥。

いいねいいね。



ワインはシャンボール・ミュジニーがいい。

しかもプルミエ・クリュ レ ボード。

中央部に位置する畑。

造り手はアニー・ガヴィネ。

私が愛するドメーヌの一つである。

官能的な香りでとても美しい。

ピノ ノワールを幅広く表現できる伝道師である。




★ 2013 シャンボール・ミュジニー 1ER レ ボード

  ドメーヌ アニー・ガヴィネ

  当店販売価格¥12,504(税込)



2018年3月17日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール

詳細を表示

ドイツ オペラとニュヨークのワイン

ドイツ オペラとニュヨークのワイン




当店店主はワインとクラシック音楽に造詣が深い。

そんな私の探究心から生まれたマリアージュ。




イタリアから派生したドイツ オペラ。

ドイツ オペラの源流、それがウェバーの魔弾の射手。

ワーグナーは手本とした。

天才で独断のワーグナーは生涯ベートーヴェンとウェーバーを尊敬した。



私は10代からこの傑作、魔弾の射手を愛聴していた。

ドイツの深い森を舞台に繰り広げられる作品。

ホルンの響きはその雰囲気を醸す。

序曲はつとに有名。

今でも頻繁に演奏される。

しかし全曲は稀である・・・。

やはりイタリア系の派手さのある作品。

もしくはワーグナーの壮大な作品の影に埋もれている。

しかしCDやLPなどの音源は幸いな事に多数あります。



悪魔ザミエルの操り人形カスパール。

カスパールの囁きに乗るマックス。

マックスは愛するアガーテの為に射撃大会の結果で成績を残さねばならない。

人間は弱みにつけ込まれやすい・・・。

と物語は進む・・・。



合わせるワインは米国。

最新のワインと伝統オペラ。

これが意外と相性がいいと発見した。





★ 2014 T23 カベルネ・フラン

  ラモロー ランディング

  当店販売価格¥5,616(税込)



ニューヨーク州はCFの銘醸地。

中でもラモローは秀品である。

素晴らしいCFは感性を感じる。

繊細な味わいには驚く。

また滑らかさを伴いとても飲みやすい。



これは革新的なマリアージュでした。



2018年3月11日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール

詳細を表示

贈答は人間関係潤滑油

贈答は人間関係潤滑油



当店は経験豊かなソムリエ在中のワイン専門店。

ですからお求めのワインを的確にアドヴァイス。

それが支持されている理由・・・。




3、4月は人の動きが激しい。

日本社会の大移動期間である。

ですから贈答の時期でもあります。

贈り物は人間関係潤滑油。

天下を制す者は贈答を巧みに使う。

と人間心掌握術に長けた豊臣秀吉が言ったかは知りませんが・・・。



今回は一目を惹くデザイン。

味わいも価格以上。

のビリキーノでございます。




★ 2016 ピノ ノワール

  当店販売価格¥4,944(税込)



☆ 2014 マルヴァジア ビアンカ

  当店販売価格¥3,549(税込)



まだ新しいワイナリー。

米国、カリフォルニア サンタ・クルーズ。

2008年とまだホヤホヤのワイナリー。

これら新顔ワイナリーは挑戦的な姿勢。

その真面目な姿勢が私は好き。



アルザスなどで研鑽を積む。

ワインは一年に一回とその結果は重い。

ですから経験が大切。



わんぱく。

わんぱく。




ビリキーノ。

ビリキーノ。




わんぱく=ビリキーノ。




特質はピノ ノワール。

4つの畑のブレンド。

一部全房醗酵。

セメントタンク、古樽で熟成。

そしてノン・フィルターでございます。



2018年3月9日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール

詳細を表示

リストとボルドーワイン

リストとボルドーワイン



当店店主はワインとクラシック音楽に造詣が深い。

そんな私からの俺流マリアージュをご紹介。




フランツ・リスト。

人気ピアニストであり作曲家。

取り巻く人物も多彩である。

あのワーグナーは娘と結婚。

しかも不倫の末である・・・。



ロマン派の華であり改革者。

そんなリストの作品。



リスト作曲



交響詩 前奏曲

セルジュ・チェリビダッケ指揮

ミュンヘン フィル

1983年 録音



もの凄く遅いテンポ。

崩壊しかねない・・・。

まさにチェリ流である。

しかし故に神秘性を帯びている。

いやいや薄気味悪いのかもしれない。

普通は生き生きと演奏される名曲。

意図的なのかチェリに問いたい!!



ワインは飲み頃のボルドー。




★ 2002 レ オー ド マレスカス

  CS51%、M39%、CF7%、PV3%

  当店販売価格¥3,124(税込)



これはまずは買いだと断言。

落ち着いた色調。

湧き上がる香りは切ない。

そして私の心も躍るではないか。

微妙で繊細なバランス。

余韻も印象的で持続性も十分。



素晴らしいマリアージュでした。



2018年3月8日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール

詳細を表示

バルトークと薄化粧ムルソー

バルトークと薄化粧ムルソー



当店ならではのマリアージュ。


ハンガリーの大作曲家ベーラ・バルトーク。

民族の伝統音楽の収集家としてもつとに有名。

私はクラシック音楽の歴史においてその才能はトップクラスだと断言する。

クラシック音楽は難しいと思っている方。

バルトークはその中でも難曲度合は高い。

近代音楽として重要な位置で燦然と輝いている。



★ バルトーク作曲

  ヴァイオリン協奏曲第2番

  ユーディ・メニューイン Vn

  フルトヴェングラー 指揮

  フィルハーモニア管弦楽団

  1953年9月12&13日 録音



12音技法の応用や情感豊かな作品。

豊かな着想が生き生きと盛り込まれている。

全盛期のメニューインではないが逆に深みとなっている。

メニューインはバルトークと関係が深い。

あの傑作、無伴奏ヴァイオリン ソナタの作曲を依頼。

初演を聴いたバルトークは絶賛を惜しまなかった。



鑑賞しながらのワイン。

感性には感性で対応。

芸術作品には芸術的ワインだ。



樽香ガンガンのこってりムルソー。

ではなく現代的なステッチ。

ミネラル感いっぱいのスリムなムルソー。



☆ 2011 ムルソー

  ドメーヌ デ プティ シャン ラン

  


大草原を美しいサラブレットで駆け回る。

そんなバルトークの粋な作品。

やはり爽やかさが残るムルソー。

ミネラルがタイトで結果上品に感じる。

味わいに展開がありバルトークに添う。



詳細は【クリック】2018年3月6日

詳細を表示

シューベルト冬の旅とポマール

シューベルト冬の旅とポマール



贅沢にも四季を楽しめる日本。

季節季節に合うワイン、料理、音楽を味わう。

それらにより五感で季節を感じる。





本格化した寒さに銘醸ブルゴーニュは一段と深みを与える。

深々とした寒さにシューベルトのリートが恋しくなる。

しかも久しぶりにレコードで・・・。

声楽はやはり針を通しての温もりが一番なんだな。




フランツ・ペーター・シューベルト享年31歳。

ロマン派を代表する大作曲家。

ですがその人生があまりにも短いのが残念である。

しかし、後世の私達に名曲を数多く残してくれている。

私が愛する冬の旅。

ミュラーの詩を元にシューベルトが手を加え作曲。

優れた歌曲はすぐれた詩によって生まれる正に模範例。

冬の旅の特徴としてピアノが詩の風景を見事に描写。

ロマン的気持ちが写実的な動画のように描かれている。



ワインを飲みながら冬の旅を鑑賞する。




 【おすすめレコード】




  ハンス・ホッター(バリトン)

  ジェラルド・ムーア(ピアノ)



  【合わせたいワイン】



★ 2012 ポマール

  ドメーヌ パラン

  当店販売価格¥10,368(税込)



シンプルでありながらブルゴーニュらしい。

それがパランのワインである。

生み出されるワインもクラシカル。

ポマールらしくスパイシーな感じ。

不思議な事にポマールは若いうちからなめし革のニュアンスを感じる。

またそれらを感じポマールを意識する。

その点ではパランは模範的。



シューベルトは気さくで人柄が円満。

大のワイン好きというかアルコール好き・・・。

私は彼とお会いした事はありません。

ですから、ちょっとしたうわさですけどね。

シューベルトさん節度を持って楽しみましょうね。



2018年1月8日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール

詳細を表示

気ままにクラシック音楽を語らせて!!

気ままにクラシック音楽を語らせて!!



当店店主はワインとクラシック音楽に造詣が深い。

そんな私が気ままにクラシック音楽を語る。






クラシック音楽の世界。

往年の演奏家の人気が途絶えない。

発売される音源は圧倒的に過去の演奏。

フルトヴェングラーは毎月のようにあの手この手で発売される。

以前発売れたた107枚の全集は私の宝。

いやいや我が屋の家宝。

圧巻はハンス クナッパーツブッシュの203枚CD。

価格も約4万円。

彼らは半世紀以上前に活躍した音楽家だ。

生まれたのは100年以上前である。



何故惹かれるのか!!

やはり音楽の本質を捉えた解釈。

また彼らの生き方のエッセンス。

そして時代背景を感じる。



今の金太郎飴の演奏は興味ない。

金太郎飴だってよく見ると形、表情が違う。

ある意味、何々コンクールが金太郎飴製造マシーンになっている。

往年の指揮者はコレペティートルからの叩き上げ。

そこで人間性を高めながら音楽造りを学ぶ。

所謂、下積み経験は重要なポイントなのである。



楽譜に忠実って!!

その背景を深彫りして欲しい!!





往年の演奏家は独自の理念がある。

その独自性で個を感じる。



気ままにクラシック音楽を語りました。



2018年3月4日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール

詳細を表示

おすすめワイン

おすすめワイン



様々なワインが入荷しております。

まずは手頃で旨い。

当店ソムリエ厳選。




★ 2016 ミレジム ピノ ノワール

  当店販売価格¥1,520(税込)



安価なピノで美味い。

をみつけるのは大変。

私がジャングルの中。

アマゾン川ではワニに追いかけられ。

そしてそして見つけました。

と軽い冗談ですが・・・。



チャーミングな味わい。

ほんのり甘味。

そして綺麗な酸味。

バランスも整い。これはいい。



そして同じくピノ ノワール。

フランス サヴォワです。



サヴォワ公国の時代から19世紀にフランス領となった。

圧倒的な白ワインの産地です。



http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/wdwdwdwdw.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-120.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/wdwdwdwdw.jpg" alt="wdwdwdwdw.jpg" border="0" width="296" height="296" />



★ 2015 ピノ ノワール

  アドリアン ヴァシェ

  当店販売価格¥2,814(税込)



ラベルは一目を引く。

私はこの手の派手さは好き。



意外と本格派。

緯度的にブルゴーニュとほぼ同じ。

華やかで柔らかい果実味。

気分転換にもいいですよ。



2018年3月3日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール

詳細を表示

オラトリオとポルトガル

オラトリオとポルトガル



当店店主はワインとクラシック音楽が大好物。

それは愛するカツ丼より・・・。

初恋のよしえちゃんより好きなのだ。




オラトリオを聴きながらのワイン。

宗教的集会オラトリオ会から端を発する。

時代や国によりその広がりは違う。



宗教的題材を演奏会形式による声楽。

交響曲の父ハイドン。

彼がヘンデルのオラトリオから影響を受け創作。

それが天地創造である。



今やサーの称号を持つラトル指揮。

彼最後のベルリン・フィルとのシーズンの幕開け。

スイス ルツェルン音楽祭〜



ハイドン作曲

オラトリオ 天地創造



エルザ・ドライスィヒ
マーク・パドモア

フローリアン・ベッシュ



ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

サー・サイモン・ラトル

2017年8月25日 ライブ録画



ハイドンの今までの作品からの技術を集めた作品。

即ち古典派を代表する仕上がり。

初演時の高い評価が理解できます。



清らかな気持ちになった私。



ワインはポルトガル。

日本とは歴史的に関係が深い。

ですからかわかりませんが親しみあるワインが多い。




2015 アラゴネス



新鮮なベリー系の香りいっぱい。

これぞ恩恵じゃないのかい。

口中に広がるキュートな果実。

恵みを感じる味とハイドンの作品。

これは素敵な時である。



2018年2月26日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール

詳細を表示

歌舞伎とイタリアワイン

歌舞伎とイタリアワイン



私は芸術を愛する男・・・。

この分野にだけは浪費してきた。

いやいや勉強させて頂いた・・・。

ですから蓄えた知識経験は豊かに思う。




NHKで深夜の再放送。

2007年3月のパリ オペラ座での歌舞伎公演。

市川親子で勧進帳。

成田屋の十八番である。

深夜に歌舞伎とワイン、まさに俺流である。



様々なオペラを鑑賞してきた私。

オペラは総合芸術と言われる。

舞台に音楽、物語、あらゆる感覚を刺激する。

観衆にも高き教養が必要である。

特にパリ オペラ座はグランド オペラの聖地。

それはそれは豪華なのである。



勧進帳、素晴らしかった。

しかしグランド オペラに慣れた観衆はどうであろう。

弁慶、富樫左衛門の微妙な表情は理解できたであろうか。

大規模なオケが奏でる響きに対し小規模な鳴物。

私自身は日本人で良かったと再認識しました。



ワインはおフランス物・・・。

いやいや俺流はイタリア。

しかもアリアニコです。

昨日、熱心なお客様がアリアニコを探していた。

ですから数種類をご説明しながらお勧めした。

喜んで購入して頂きこの仕事の充実感を味わう。

その事でアリアニコが頭にいっぱいであった。



★ 2013 イルピニア ロッソ

  テヌータ カヴァリエル ペペ

  アリアニコ、サンジョヴェーゼ

  当店販売価格¥2,260(税込)



南イタリアの雄アリアニコ。

様々なタイプが存在し楽しい品種。

熟成を経たタウラージは真骨頂を魅せる。

イルピニア ロッソはタウラージ前の入門編。

入門編と言っても私などの歴戦の戦士でも十分楽しめる。

複雑さと綺麗な酸に酔いしれる秀品である。



2018年2月24日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール

詳細を表示

ブラームスとバローロのマリアージュ

ブラームスとバローロのマリアージュ



当店店主はワインとクラシック音楽に造詣が深い。

そんな私から私流マリアージュをご紹介。




私の大好きなブラームス。

若き頃はイケメン。

晩年は威厳のあるお姿に変貌。

ベートーヴェンの流れをくむ後期ロマン派の代表格。

シューマンという恩人に敬意を払いつつもクララに密かな恋。

偉大な作曲家でありながら後進に親切。

あのドボルザークも彼がお膳立て。

友人と仲たがい、関係修復の為に作曲、助言を受け融和。

また、一説には使用人にも財産の一部を分け与えた、とか。



★ アルト・ラプソディー

  クリスタ・ルートヴィヒ

  オットー・クレンペラー指揮

  フィルハモニア管弦楽団

  1962年 録音



ブラームスの失恋から創作された傑作。

シューベルトの冬の旅と並び2大失恋ソング。

ゲーテの冬のハルツ紀行からの創作。

ブラームスらしく深い味わい。

冬の旅程絶望的ではなく解決する結末は安らぎすら覚える。

アルトのルートヴィヒも温もりある声でいい。

あなたの竪琴が・・・と精神が脱却し達観する様は感動的。

ブラームスは多くの合唱曲を残している。

常に声楽は意識していたものと思われる。

その点はグスタフ・マーラーも似ている。





★ 2011 バローロ ブリッコ フィアスコ

  アゼリア

  当店販売価格¥12,736(税込)



理念あるバローロ。

そんなワインを私は愛している。



スミレの花、オレンジピールのニュアンス。

意外に親しみある果実味に絶妙な樽のニュアンス。

まだまだ瑞々しさを保ち好印象である。

またバランスも秀でている。



2018年2月22日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール

詳細を表示