藤枝 ワイン 焼津 ワイン 静岡 ワイン

トップ > 


ドビュッシーのオペラ:ペレアスとメリザンド

ドビュッシーのオペラ:ペレアスとメリザンド



Aさん:当店常連様ワインとクラシック音楽好き。

店主:若い頃ヴァイオリンを習い志した。通称ピノさん。






店主:最近個性的な演奏家不在です。

Aさん:そうですね。

ですから往年の演奏家ばかり鑑賞。

店主:私は中学生の頃からフルトヴェングラー一筋。

ベートーヴェンやブラームスは最高。

Aさん:わかるわかる。

私はトスカニーニを頻繁に鑑賞。

店主:作品の解釈はまるで違う。

ベートーヴェンの第9が顕著ですね。

年齢を重ねるとフランス物も鑑賞します。

Aさん:フォーレのレクイエムは素晴らしい。

店主
アンドレ・クリュイタンス指揮がいい。

フィッシャー・ディースカウ。

ロス・アンヘレス。

パリ音楽院管弦楽団。

1962年録音。

Aさん:三大レクイエムと呼ばれるのも頷けるね。

店主:やはりクリュイタンスは品がある。

ですからフランス物はお得意です。

しかしベートーヴェンなどのドイツ物も素晴らしい。

Aさん:丁寧な仕事をするよね。

店主:ベートーヴェンの第4番。

1959年、ベルリン・フィル。

Aさん:えっ ベルリン・フィル・・・。

カラヤンがよく許したね。

店主:彼はライバルと感じなければ手兵を貸したらしい。

カール・ベームもベルリン・フィルを指揮した。

59年ですからフルトヴェングラー時代の楽員もまだ多数在籍。

ですからオケの響きが違う。

第4番、第一楽章、序奏の美しいさは格別。

クリュイタンスらしいです。

Aさん:彼はある意味、達観している。

店主:そうですね。

それがあの甘美な響きに繋がっていますね。

Aさん:今夜はフランス物を聴こうかな。

店主:私もそうします。

ドビュッシーの傑作、オペラ:ペレアスとメリザンドを鑑賞します。

ワーグナー信奉者の彼が、反旗を翻した異作。

言葉と音楽のバランス。

これはフランス音楽の頂点です。



詳細は【クリック】2017年9月3日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール

詳細を表示

気分転換にどうぞ!!

気分転換にどうぞ!!



気分転換に服装を変える。派手な服で闊歩。

気分転換に部屋の模様替え。センスが光る。

気合を入れ、愛車を変えて法定速度内爆走。

思いっきり買い物を楽しむ。お好きな商品を大量購入。

その様に人は様々に気分転換をします。

賢い生き方は気分転換にあり!!

ですからたまにはブドウ品種を変えてみるのもいい。






ぶどう品種。

その数、1,000を超える。

イタリアだけでも土着品種は400以上。

国土の狭いポルトガルでも数百種はあると言う。

しかし人気の品種の地位は不動・・・。

新たな品種に挑戦すべきである。

人生、挑戦が自身の飛躍に繋がる。





☆ アルマ デ ブランコ

  ゴデーリョ100%

  スペイン ガルシア州 モンテレイ

  当店販売価格¥1,728(税込)



これぞ土着品種、ゴデーリョ。

最近、よく見かけます。

ガリシアを代表する品種。



爽やかで活力がある。

トロピ系の香り全開。

軽口だがコクもあり、特徴である酸。

その美しい酸が全体の印象を決定付けている。

余韻にスパイス的ニュアンスを感じ飲み飽きしない。



★ アルマ デ ティント

  メンシア100%

  スペイン ガルシア州 モンテレイ

  当店販売価格¥1,728(税込)



DOモンテレイ。

ガリシア州最少で新しいDO。

有望視される産地。

平均気温が高く寒暖の差が激しい。



北西スペインで広く栽培。

親しみある味わいで人気。



野イチゴ、チェリー。

私的には、キュートなワイン。

思わず「ちゃん」付けしたくなる。

色調も濃さを感じない。

早飲みタイプの気のいいワイン。



詳細は【クリック】2017年9月2日

静岡 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール

詳細を表示

未完作品の美しさ

未完作品の美しさ



当店店主はワインとクラシック音楽に造詣が深い。

そんな私から・・・。






作曲家が何らかの理由で断筆。

それらの作品は素晴らしいものが多い。

作曲家の死・・・。

途中で意欲を無くした。方向性の変化・・・。

など様々な理由があります。

その後、弟子などにより補完。

または、そのまま未完成。



前者はモーツァルトのレクイエム。

プッチーニのオペラ:トューランドット。

などが有名。



後者はシューベルトの未完成。

ブルックナーの交響曲第9番。

マーラーの交響曲第10番。

などが有名。



モーツァルトが力尽きた作品レクイエム。

今では後世の作曲家により数種類の保筆版がある。

しかしどれも完成度が高く美しい流れ。



シューベルトの未完成。

私的には2楽章物の作品と捉えている。

特に第1楽章の動機が迫る緊迫感は素晴らしい。

逆に4楽章の交響曲には向かない。

お勧め音源は1952年10月2日。

フルトヴェングラー指揮、ベルリン・フィル。

時代に翻弄された指揮者とオケの運命的な演奏。



また神様ブルックナー。

遅咲きの天才の未完のシンフォニー。

再度言う、ブルックナー最後のシンフォニーは未完。

過去の作品と比べ精神性が富に高く未完は残念。

しかし、それだからこそ可憐でもある。



未完の作品は深い。

ミステリアスであり憶測を呼ぶ。

作品が持っているもの以上に楽しめる何かがある。



皆様もお聴きください。



詳細は【クリック】2017年9月1日


静岡県 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール

詳細を表示

おすすめシラーズ

おすすめシラーズ



シラー

シラーズの人気。

それは席巻といっても過言ではない。

事実、よく売れる。

また旧世界と新世界の特徴の違いがわかりやすい。

ですからテロワールや醸造の違いとも言える。




今回は新世界ワインでおすすめを。

フランス系移民の家系であるドミニク・ポテル。

ワインメーカーとして代々の稼業。

2000年にワイナリーを設立。

簡単に経緯をご説明しました。





★ 2014 ヒースコート シラーズ

  ドミニク・ポテル

  当店販売価格¥6,730(税込)

  おすすめ度:★★★★★



豪州、注目の産地。

それがヴィクトリア州。

大英帝国を象徴するヴィクトリア女王から命名。

ワイン産地としても興味深い。

中小の生産者が品質の高いワインを造る。

中でもヒースコート。

シラーの適切地である。

ですから優良ワイナリーも多く進出。



黒味を帯びたガーネット色。

しっかりした粘性。

特徴的なメンソールやユーカリのニュアンス。

勿論、ブラックチェリー、黒オリーヴの香り。

集中力のある果実味であり口中に広がる。

タンニンは豊富で飲み応え十分。

長期熟成にも耐える秀品です。



2017年8月31日

静岡 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール

詳細を表示

ワインとクラシック音楽

ワインとクラシック音楽



当店店主はワインとクラシック音楽に造詣が深い。

そんな私からおすすめを・・・。




ワインは様々飲んできたと自負。

しかも、長い年月だ。
年を取る訳ですね。

クラシック音楽もそうである。

しかし、まだまだ未開拓な分野がある。

それだけ広く深い趣味である。



若き頃はボルドーの格付ワインで感動。

最後の最後の一滴をまるで神水の如く頂いた。

それは、現在でも変わらぬ、純真さを持つ私。

しかし、別の産地のCSも強烈な印象を持つ。

カリフォルニアのパソ・ロブレス。

12のサブ・リージョンを持つ多彩な産地。

経験上ローヌ品種が素晴らしかった。

トレアナレッドはCSにシラーと特質。

長いマセラシオンから濃厚で深みも感じる。





★ 2014 トレアナ レッド

  ホープファミリーワインズ

  当店販売価格¥7,270(税込)




そして最近のクラシック音楽鑑賞。

グスタフ・マーラーやショスタコーヴィチ。

彼らを頻繁に聴く。

特にマーラーの第2番、復活。

ベートーヴェンを意識したとされる。

ユダヤ人であったマーラー。

改宗をしてもまだ差別はあった。

しかし当時、音楽界の頂点を指揮者として君臨。

悲しい事に作曲家として認められるのは死後であり、しかも年月が必要であった。



ショスタコは抑圧された社会で才能を魅せる。

スターリンと同時期の彼はある意味、器用に立ち回る。

体制に迎合したかにみえる交響曲第5番。

しかし本心は・・・。

様々な解釈がある作品を後世に残した。

しかし真実はショスタコーヴィチのみ知る。

彼は友人といても寡黙だった・・・・。



詳細は【クリック】2017年8月29日

静岡 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール

詳細を表示

印象派の音楽とロワールワイン

印象派の音楽とロワールワイン




慌ただしい時間を過ごしているとゆっくりとしたい。

私の好きなロワールワインを楽しみながら・・・。

一時の休憩は有意義です。




☆ ドビュッシー

  牧神の午後への前奏曲

  ピエール・ ブーレーズ 指揮

  クリーヴランド管弦楽団



ソナタ形式の音楽ばかり鑑賞している私。

ですから印象派の作品はより新鮮に感じる。

冒頭のフルートのソロにはまどろみを感じ・・・。

ストラヴィンスキーの春の祭典冒頭のソロは土臭く思う。

55小節から明るい光と希望で微かな幸福に包まれる。

そして、つややかなソロ・ヴァイオリンがフルートとハープへつなぐ。

フルートとハープの絡みはニンフの美しい姿を連想。


ふわふわと雲をすり抜け自由気ままに遊泳。

極自然に右脳に語りかける。

私は右脳人間ですからこの作品を素直に受け入れられる。

フランス音楽の大家ブーレーズは今年に死去。

レパートリーは極めて少なかった彼だからの名演です。



★ 2010 アンジュ ブラン

  シャトー ド フェル

  


シュナン ブラン100%。

ドビュッシーの作品にあう印象的なワイン。

右脳にインスピレーションを与える絵画風の味わい。

綺麗な香りで柔らかさは特質物。

地球温暖化でロワールワインも表情が幾分変わったな。



詳細は【クリック】2017年8月28日

詳細を表示

対談:ロマン派の音楽について

対談:ロマン派の音楽について



Aさん:当店常連様ワインとクラシック音楽好き。

店主:若い頃ヴァイオリンを習い志した。通称ピノさん。






Aさん:ロマン派を代表する作品は?

店主:それこそ多数ありますよね。

前中後期と3区分してもそれぞれ代表はあります。

Aさん:私はメンデルスゾーンを勧めたい。

店主:私もそれは理解できます。

当時ですからユダヤ人としての苦難もあった。

しかし父親は有名銀行家でとても裕福。

先祖にはこれまた有名な哲学者もいます。

Aさん:ロマン派らしい自然の描写は素晴らしい。

店主:私は以前、彼が描いた絵画を鑑賞した事がありますが緻密で素晴らしい。

とにかく才能溢れる人物として尊敬しています。

しかし残念な事に若くして亡くなります。

これはクラシック音楽の大きな損失です。

Aさん:モーツァルトも若くして亡くなりますね。

天才は神に嫉妬でもされるのかね。

店主:そう言いたくなりますね・・・。

メンデルスゾーンの作品は時代を謳歌している。

彼は見聞が広く研究熱心。

訪れた場所を音楽や絵画で表現しています。

Aさん:交響曲第3、4番。

前者は標題スコットランド、後者イタリア。

全然色彩が違うよね。

店主:その国柄が見事に表現されています。

薄い靄がかかり寒いスコットランド。

地中海に包まれ太陽の恵みいっぱい。

果物や魚、肉に人々の生き生きとした営み。

歴史ある遺物・・・。

まさに第4番は見事に表現されています。

Aさん:昔からこの濃淡な組み合わせの第3,4番のカップリングが多い。

おすすめ音源は?

店主:まさに、その組み合わせでバーンスタイン指揮。

ニューヨーク。フィル。1958年1月13日の録音。

これは最高、バーンスタインも溌剌としています。



詳細は【クリック】2017年8月25日

詳細を表示

オペラ鑑賞とシャンパーニュ

オペラ鑑賞とシャンパーニュ



Aさん:当店常連様ワインとクラシック音楽好き。

店主:若い頃ヴァイオリンを習い志した。通称ピノさん。




Aさん:オペラを鑑賞しながらのシャンパーニュ。

店主:同感、同感、至福の時ですね・・・。

様々な組み合わせを実践しました。

中でもリヒャルト・シュトラウスのばらの騎士とロゼ・シャンパーニュは最高のマリアージュです。



★ ブリュット プルミエ・クリュ ロゼ ド ブラン

  ピエール ジモネ エ フィス

 


ランス近郊で古くからブドウを栽培しています。

戦前の1935年からレコルタン・マニュピュランとして開始。

Aさん:ばらの騎士とロゼ シャンパーニュは素敵。

店主:カラヤンのエスコートがいいですね。

先日、フランツ・ウェルザーメスト指揮でも鑑賞しました。

彼もばらの騎士を一流に指揮します。

ですからロゼ ブリュットのばらの花に満ちグロセイユやラズベリー。それらの素敵な香り・・・。

上品は味わいに後半に感じるほのかなタンニン。

よりオペラの世界にどっぷりと浸かれます。

Aさん:もう1本のクレマン ド リムー。

店主:そうです。価格も手ごろで品質も高いです。



☆ クレマン ド リムー キュヴェ トラディション

  コラン

  


Aさん:私ならモーツァルトのドン ジョヴァンニを選択。

店主:女性好きで数千人を相手にしたとか・・・。

Aさん:そして殺人、とオペラ史上最大級の悪人。

店主:しかし、魅力たっぷり・・・。

Aさん:先日エッシェンバッハとウィーン・フィルで鑑賞しました。

店主:今、良好な関係ですね。

そしてリムーはいい。ピレネー山脈と起伏に富む斜面。

大西洋からの冷涼な風。

ですから過度な人的介入をしなくても完成度が高い。

Aさん:そうですね。香りも味わいもいい。

店主:親しみある仕上がりで何だかキュート。

Aさん:ドン・ジョヴァンニの悪が軽減される。

店主:オペラとシャンパーニュは共鳴しますね。



詳細は【クリック】2017年8月24日

詳細を表示

土の崇拝者

土の崇拝者



贈答に如何ですか?

贈答は人間関係潤滑油。

言葉通り、人間関係を良好にさせる。

しかも真心こもった贈答は尚更である。




今回はカリフォルニア。

土の崇拝者なるワインだ。






★ 2012 ダート ウォーシッパー

  デナー ヴィンヤード

  シラー主体、ヴィオニエ

  ルーサンヌ

  カリフォルニア セントラルコースト

  当店販売価格¥11,340(税込)

  おすすめ度:★★★★★

  一言:死ぬまでに飲め!!




魅了されるワインとはこの事。

それには香り、味わい、最後に余韻・・・。



魅惑的で豊かな香り。

スミレやレモンピール。

ほんのり甘さすら感じる。

果実の輪郭ははっきり。

それでいて立体的。

中域も味わいが乗る。

そして印象的で持続する余韻。

その余韻たるや翌日も右脳に残る。



様々な場面で活躍するワインです。



詳細は【クリック】2017年8月21日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール

詳細を表示

おすすめイタリアワイン

おすすめイタリアワイン



日本人の一人当たりの年間ワイン消費量。

約3Lと依然低い・・・。

フランスやイタリアと比べると歴然と低いのが現状。

まだまだ一握りの愛好家に支えられている我が国。

普段、気軽に飲んで頂きたい。

ですから当店では啓蒙しながら販売しております。

(多少、上から目線になりすいません・・・。)


最近は安価ながら高品質のワインも増えている。

我が愛するイタリアワイン。

アドリア海に面したアブルッツォ。

皆様もご存じのあのワイン。

モンテプルチアーノ ダブルッツォ。

一昔前の安価で低品質を脱却。

最近では宝の山状態である。

当店では専属ソムリエが厳しい審査をして販売。

ですからワクワクものではないか・・・。





★ 2014 モンテプルチアーノ ダブルッツォ

  ボルゴ アル ソーレ

  当店販売価格¥1,836(税込)

  おすすめ度:★★★★★



為替の影響(円安ユーロ高)。

ですから次回販売時は¥2160(込)。

となります。(予想)

今なら¥324安い計算となります。



まとめ買い!!

友人にプレゼント!!

密かに自分だけのご褒美!!



味わい方、使い方、自由!!



詳細は【クリック】2017年8月19日

静岡 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール

詳細を表示

カルミナ・ブラーナ

カルミナ・ブラーナ



ワインのある生活だからこそクラシック音楽をご紹介。



ひとつの芸術作品はその時代と密接な関係にある。

オルフが作曲したカルミナ・ブラーナもそうである。

これから起こる第一、二次世界大戦を予感させる。

それが、カルミナ・ブラーナ。

内容自体は12〜13世紀に作られた歌謡集。

ですから庶民的で季節感に溢れる。

しかし音楽とはある意味恐ろしい。

作曲された時代の空気を吸い込み吐き出す。

あまりに有名な冒頭が更に助長させる。



作曲家オルフは長寿であった。

フルトヴェングラーより9歳下。

カラヤンより13歳、年上。

ですから青春期は第一次世界大戦。

そして中年期は第二次世界大戦となる。

そしてオルフは軍人の家系。

ですから、大戦の起こる前から敏感に反応したであろう。

勿論、大戦中後は苦心したと推測できます。

ですから、あの様なセピア色の作品が誕生したのかも。

意外と録音音源が少なく残念。

これからの演奏回数増加を期待したい。




★ オルフ作曲
  カルミナ ブラーナ

  サリー マシューズ ソプラノ

  ローレンス ブラウンリー テノール

  クリスティアン ゲルハーヘル バリトン

  ベルリン合唱団 ベルリン・フィル

  サー サイモン ラトル 指揮

  2004年12月29〜31日 録音

  おすすめ度:★★★★★



一聴きあれ!!



詳細は【クリック】2017年8月18日

詳細を表示

ブラームスとマリアージュ

ブラームスとマリアージュ



Aさん:当店常連様ワインとクラシック音楽好き。

店主:若い頃ヴァイオリンを習い志した。通称ピノさん。





Aさん:ルーウィンのアートシリーズ旨いですね?

店主:当店年間売上本数上位です。

実力あるワイナリーですからね。



★ 2012 アートシリーズ CS

  当店販売価格¥7,270(税込)



Aさん:ピノさんならどんな音楽をマリアージュ?

店主:私ならブラームスのピアノ協奏曲第1番。

迷わずです。

Aさん:このリッチな味わいに雄大なコンチェルト。

バッチリ決まりますね。

店主:しかしブラームス初期の作品で力みを感じる。

冒頭部からして雄大というか疲れる。

Aさん:そうですね。しかし第2楽章は随分違う。

店主:ブラームスがシューマン夫妻に捧げた楽章。

とても甘美でルーウィンよりは繊細なピノ ノワールがいいかも。

Aさん:そうですね、しかも新世界が合いそうですね。

店主:素晴らしい着眼ですよ。

新入荷で豪州タスマニア。

とても美しい空気から綺麗に仕上がったピノ。



★ 2012 プリマヴェーラ ピノ ノワール

  ステファノ ルビアナ

  当店販売価格¥5,492(税込)



店主:舌先でも、うぶ毛的な質感を感じます。

感性で頂くピノ ノワール。

Aさん:優美な中間楽章にはいいですね。

店主:料理に合わせてワインを飲む。

その感覚で楽章毎にワインを変えて飲む。

Aさん:究極のマリアージュですね。



☆ ブラームス 

  ピアノ協奏曲第1番 ニ短調

  ポリーニ ピアノ

  アバド 指揮

  ベルリン・フィル 1998年録音



詳細は【クリック】2017年8月17日

詳細を表示