藤枝 ワイン 焼津 ワイン 静岡 ワイン

トップ > 


前衛芸術楽劇 サロメ

前衛芸術楽劇 サロメ



狂気の楽劇であるサロメ。

20世紀初頭の斬新な楽劇。

当時、大人気を博しながらも上演禁止の歌劇場もあった。

しかもニューヨークでは当時一度も上演されなかった。

ワーグナー亡き後のドイツ音楽界の有望株がリヒャルト・シュトラウス。

彼の出世作であるサロメ。

ホフマンスタールの蜜月関係の作品ではないが内容と音楽は絶品。

これが、ばらの騎士を作曲した人物かと思ってしまう。

今回のヘロデ王役のポポフは素晴らしかった。

先王を殺し妃を奪い、その娘も狙う狂権ヘデロ。

ヨカナーン、預言者らしい振るい舞いとサロメの一目ぼれ。

サロメはヘデロに命令され踊る。

サロメの7つのヴェールの踊り。

一種異様な響きはこれから起こる物事を暗示している。

ここで、それを察知できる聴き手はハラハラするのである。

踊る褒美にサロメはヨカナーンの首を要求。

苦悩するヘデロ、ポポフの役造りは完璧だった。

要求通りヨカナーンの首を切る。

そして、サロメも殺される。

前衛楽劇サロメは狂気の世界である。



★ マリンスキー劇場管弦楽団

  ワレリー・ゲルギエフ 指揮



  サロメ・・・フドレイ

  ヨカナーン・・・クブファー

  ヘロデ・・・ポポフ

  ヘロディアス・・・ゴゴレフスカヤ

  2014年10月17日(金) 演奏会形式 NHKホール



数々のサロメを愛聴してきた私。

ワーグナーの楽劇で最高の録音を残したショルティ。

その時にブリュンヒルデ役であったビルギット・ニルソン。

サロメでのこのコンビも素晴らしい。

前衛音楽は一度は聴くべし。



震撼度:超ド級

完成度:★★★★★

音楽センス:★★★★★



詳細は【クリック】2017年10月23日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール

詳細を表示

オペラ考察

オペラ考察



Aさん:当店常連様ワインとクラシック音楽好き。

店主:若い頃ヴァイオリンを習い志した。通称ピノさん。





Aさん:オペラには人間社会の縮図が展開されているね。

店主:そうですね。

数百年前のオペラが今でも通用。

Aさん:文明が進化しても人間の根本は同じ。

店主:モーツァルトのドン・ジョヴァンニ。

このオペラがまさにそう・・・。

女好きでナルシストしかも周囲の人間を自分の為に利用する。

現代でもいそうな人間。

Aさん:自分の近くにいたら怖いですね。

店主:しかし彼は憎めない面をも持つ。

Aさん:少し安心した。

店主:私はウェーバーの魔弾の射手のマックスとアガーテに憧れる。

Aさん:カスパールの横槍でも愛を貫く。

店主:そうです。

ドイツ人の好きなオペラだと思います。

深い森を連想させる・・・。

Aさん:しかし上演機会が少ないように感じる。

店主:華やかさに欠けるので興業的に敬遠されるのかも。

しかし名オペラです。

特にフルトヴェングラー指揮がお勧め。

1954年ザルツブルク音楽祭でのライブ録音。

クルト ベーメのガスパールは正に悪魔に魂を売った男。

Aさん:名演の誉れ高い演奏ですよね。

Aさん:ベートーヴェンのフィデリオ。

店主:これだってフロレスタンに濡れ衣を着させる。

どこかの会社であるそうな展開。

しかし、その彼女が男装して救う。

そこは、やはり造り話の世界ですね。

Aさん:そうだそうだ・・・・。

店主:しかしベートーヴェンは人類愛や平等精神をこのオペラに投入した。

Aさん:ですから今でも名作オペラです。



詳細は【クリック】2017年10月21日

詳細を表示

マーラーの復活と南アワインの妙なマリアージュ

マーラーの復活と南アワインの妙なマリアージュ



Aさん:当店常連様ワインとクラシック音楽好き。

店主:若い頃ヴァイオリンを習い志した。通称ピノさん。





Aさん:マーラー・ブームから既に数十年。

日本でも完全に定着したね。

店主:昨日は、南アワインとマーラーの交響曲第2番でした。

今注目の産地は南アです。



★ 2010 サイン レッド

  当店販売価格¥4,362(税込)



Aさん:セパージュは?

店主:これは面白いです。

シラー主体にトゥリガ・ナシオナル。

そしてムールヴェードル他です。

Aさん:トゥーリガナシオナル?

店主:これは素晴らしい品種です。

果皮は小さく濃厚。

ポルトガルを代表する品種です。

Aさん:南アは器用な産地なんですね。

店主:紆余曲折あった国と言えるかもしれません。

品種のピノ タージュにしてもそう・・・。

今は栽培面積も拡大し人気品種。

Aさん:そうですか、南アのワインですね。

店主:そしてマリアージュをクラシック音楽と・・・。

マーラーの復活。

異なる材料と時の組み合わせ。

こんな所がサイン レッドに合います。

Aさん:復活は80分以上の大作。

おすすめ音源はありますか?

店主:マーラーの薫陶を得たクレンペラー指揮。

独唱にシュヴェルツコップ、レッセル・マイダン。

1961年11月、62年3月のスタジオ録音です。

Aさん:誉高き演奏として有名ですね。

店主:クレンペラーはマーラーを側で見ていた。

物凄く、今の言葉で言うとストイック。

指揮者として力量があったマーラーでも楽譜上と実際の響きに違和感があったらしく訂正を重ねた。

Aさん:芸術家は究極の完成を求めますからね。

店主:南アワインとマーラーの2番は私流マリアージュです。

お試し下さい。



詳細は【クリック】2017年10月20日

詳細を表示

リヒャルト・シュトラウスとポンソ

リヒャルト・シュトラウスとポンソ



当店から素晴らしいマリアージュをご紹介。



後期ロマン派の流れをくむR.シュトラウス。

作曲家でもあり指揮者としても活躍。

数々の交響詩、そしてオペラなど作品は多彩。

私の大好きな薔薇の騎士は当時から大人気のオペラ。

作品はエレガントで音符を絵具変わりに、正に音の画家。

その美しい色彩を堪能出来るのが一連の交響詩である。

その中でも死と変容は彼自身の病状体験から創作された。

決めの1本は我が愛するポンソしかないだろう。



★ 2013 モレ サン ドニ キュヴェ デ グリーヴ

  ドメーヌ ポンソ

  



☆ リヒャルト・シュトラウス

  交響詩 死と変容

  カール・ベーム指揮

  ロンドン交響楽団

  1977年8月10日 ライブ録音




体験した者だけに許される、忘れえぬ体験。

妖艶な芳香が切ない旋律に寄り添う。

一瞬だから輝く生、そして執着。

常在する不安。

そして誰にでもある青春・・・。

言うなれば短編音楽小説、それが交響詩。

ベルリオーズの幻想交響曲からリストにより確立。

そしてシュトラウスが更に発展させた交響詩。

生粋の、しかも南部のドイツ人が、フランス人作曲家顔負けの繊細で写実的な作品を創作。

これには驚きの二文字である。



詳細は【クリック】2017年10月19日

(静岡 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール)

詳細を表示

バルトークと薄化粧ムルソー

バルトークと薄化粧ムルソー



当店ならではのマリアージュ。


ハンガリーの大作曲家ベーラ・バルトーク。

民族の伝統音楽の収集家としてもつとに有名。

私はクラシック音楽の歴史においてその才能はトップクラスだと断言する。

クラシック音楽は難しいと思っている方。

バルトークはその中でも難曲度合は高い。

近代音楽として重要な位置で燦然と輝いている。



★ バルトーク作曲

  ヴァイオリン協奏曲第2番

  ユーディ・メニューイン Vn

  フルトヴェングラー 指揮

  フィルハーモニア管弦楽団

  1953年9月12&13日 録音



12音技法の応用や情感豊かな作品。

豊かな着想が生き生きと盛り込まれている。

全盛期のメニューインではないが逆に深みとなっている。

メニューインはバルトークと関係が深い。

あの傑作、無伴奏ヴァイオリン ソナタの作曲を依頼。

初演を聴いたバルトークは絶賛を惜しまなかった。



鑑賞しながらのワイン。

感性には感性で対応。

芸術作品には芸術的ワインだ。



樽香ガンガンのこってりムルソー。

ではなく現代的なステッチ。

ミネラル感いっぱいのスリムなムルソー。



☆ 2011 ムルソー

  ドメーヌ デ プティ シャン ラン

  


大草原を美しいサラブレットで駆け回る。

そんなバルトークの粋な作品。

やはり爽やかさが残るムルソー。

ミネラルがタイトで結果上品に感じる。

味わいに展開がありバルトークに添う。



詳細は【クリック】2017年10月19日

詳細を表示

対談:ヴァイオリン協奏曲

対談:ヴァイオリン協奏曲



Aさん:当店常連様ワインとクラシック音楽好き。

店主:若い頃ヴァイオリンを習い志した。通称ピノさん。





Aさん:三大ヴァイオリン協奏曲って何かな?

店主:ベートーヴェン、メンデルスゾーン、ブラームス。

そうなりますが・・・。

私は、三大〜は無理だと思います。

Aさん:他にもあるよね。

店主:バルトーク、チャイコフスキーだってある。

Aさん:コルンゴルトもSFチックでいいしね。

店主:そうです。彼は天才ですからね。

ドボルザークも素晴らしい。

演奏機会があまりないのが残念です。

Aさん:どの作品も素晴らしい名演は存在する。

店主:ブラームスはアイザック・スターンが最高。

銘器グァルネリ・デル・ジェスを弾きこなす。

Aさん:チャイコはパールマンがいいね。

店主:他にはミルシティンも技巧的で素晴らしい。

昔はハイフェッツもよく鑑賞しました。

ミルシティンもハイフェッツもスターンもロシア系。

確かユダイ系でもあると思います。

Aさん:ユダヤ系の人はヴァイオリンは凄いね。

店主:戦後ドイツは素晴らしいヴァイオリニストが誕生しなかった。

それはユダヤ人の教師を失ったからと言われていますね。

ユダヤ系ではありませんがドロシー・ディレイ。

彼女は優秀な教師でしたね。

Aさん:私の好きなパールマン。

そして五嶋みどり、諏訪内晶子も薫陶を得ている。

店主:日本の名教師は江藤俊哉氏だと思います。

諏訪内晶子も門下生ですからね。

ピアニストもヴァイオリニストも系譜を辿るのは面白いですね。



詳細は【クリック】2017年10月19日

詳細を表示

対談:バルトークの作品。

対談:バルトークの作品。



Aさん:当店常連様ワインとクラシック音楽好き。

店主:若い頃ヴァイオリンを習い志した。通称ピノさん。




店主:バルトークの弦チェレ聴きましたか?

パーヴォ・ヤルヴィ指揮、N響・・・。

Aさん:あの作品は素晴らしい。

けれど難解だよね。

店主:弦楽器、打楽器、チェレスタを同じ線に乗せる。

ユニークなアイディアで非凡です。

ですから独自の緊張感が生まれる。

特に弦楽器は緊張感を助長させやすい。

また場面展開にティンパニが活躍。

Aさん:しかし今回の演奏会でも聴衆の理解度は今一に感じた。

店主:バルトークの作品は基本、難解です。

パーヴォも語っています。

彼は天才だと・・・。

しかもストラヴィンスキーのように派手ではないとね。

ですから、時代に埋もれそうな感じもあります。

Aさん:また民族音楽に貢献もあったしね。

店主:彼の基本はハンガリーです。

アメリカへ渡っても魂は祖国。

アメリカでのアパート生活には苦労。

騒音で作曲が進まない状況。

しかも病魔が襲う・・・。

彼は信念と良識と謙虚さを持った人物。

しかも動植物に関心があり良きパパでした。



最後に弦チェレのお勧め音源ですが・・・。



★ バルトーク作曲

  弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽

  ムラヴィンスキー指揮、レニングラード・フィル

  1967年5月24日 ライブ録音



店主:このCDは他にオネゲルとストラヴィンスキーの作品。

オネゲルは典礼風でストラヴィンスキーはアゴンです。

Aさん:同時代の作曲家達ですね。

店主:弦チェレは第2次世界大戦前の作品。

そしてオネゲルの典礼風は大戦後直ぐに作曲。

作風はまるで違いますが混沌とした状態は感じる。

Aさん:ある意味、現在の世界の状態も近い。

店主:恐ろしいですね・・・。



詳細は【クリック】2017年10月16日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール

詳細を表示

ケース買いも大大大歓迎です!!

ケース買いも大大大歓迎です!!



当店常連様。

混載でケース買いが多い。

当店では輸入元のダンボールを使わさせて頂いています。

断トツ人気はヴィレッジセラーズのダンボールである。

持つ穴があり強固。

もう長く使っている常連様もいます。

トランクから愛用のダンボールを出す姿はかわいらしい。




☆ 2016 ソアーヴェ クラシコ

  サルトーリ




イタリアを代表する白(上画)。

最近はクリュの概念を取り入れ飛躍。



★ 2016 CS オーク樽熟成


http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/donnna.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-116.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/donnna.jpg" alt="donnna.jpg" border="0" width="286" height="286" />

そしてそして新樽100%のCS。

ドンナ マルツィアは当店人気。

今回は新作ですよ。

これは好き嫌いが分かれると思う。

アメリカンオーク樽由来の甘味が全体を覆う。

ボルドーのCSと比べると随分違う。



★ 2016 モンテプルチアーノ ダブルッツォ

  エラ


http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/era.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-116.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/era.jpg" alt="era.jpg" border="0" width="286" height="286" />

人気のモンテプルチアーノ ダブルッツォ。

今や、同じ中部のトスカーナのキアンティと人気を両分。

親しみある仕上がりが人気の秘密。



★ 2002 シャトー ダリコー

  メルロー主体


http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/2002.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-116.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/2002.jpg" alt="2002.jpg" border="0" width="286" height="286" />

人気の古酒。

私の好きな2002年。

手頃なボルドーの古酒。

ですから瞬殺間違いナシですよ。



詳細は【クリック】2017年10月14日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール

詳細を表示

芸術的マリアージュ

芸術的マリアージュ



当店店主はワインとクラシック音楽に造詣が深い。

そんな私から素敵なマリアージュをご紹介。



私は幼少期からクラシック音楽に接する環境。

父はバルトークやショスタコーヴィチを鑑賞。

母は古典派音楽に造詣が深かった・・・。

クラシック音楽が流れている時のゆったりとした時間が幼い頃の私は好きでした。

そんな環境から数々の所謂、名演に接してきた。

中でもマタチッチは心にはっきり残る名演。




実力以上のN響・・・。

そう伝説的名演・・・。

ブルックナーの交響曲第8番。

ロブロ フォン マタチッチ指揮。

NHK交響楽団。

コンマスに若かりし頃の堀正文氏。

1984年3月7日 ライブ録音。

オケとは不思議なもので信頼し合えば実力以上の力を発揮する。

マタチッチはこの演奏の翌年86歳で死去。

また親日家としても有名でした。

老齢な為に手や腕は小振りで指揮。

しかしN響は細かな指揮から最大限の表現をする。



ブルックナーってこんなにアグレッシブ?

ブルックナーってこんなにセクシー?



と、聴いていて問うてしまう。

芸術家の使命感には改めて脱帽。

最大限の敬意を払いたい。

名演には銘ボルドーで楽しむ。これぞ私流。





★ 2011 シャトー レオヴィル バルトン

  格付第2級

  当店販売価格¥14,688(税込)



ブルゴーニュばかり楽しんでいると改めてボルドーもいい。

しかも第2級でも筆頭格。

値段もこれなら納得。

まだまだ若い色調に香り。

しかし随分ボルドーも飲みやすくなった。

この熟成年数で十分に楽しめる。

綺麗にタンニンが溶け込み果実と融和。

流石に第2級ともなれば香り味わいの情報量が豊富である。

ブルックナーの作品とボルドーは合うと改めて再認識。



芸術的マリアージュを是非一度お試しアレ!!



詳細は【クリック】2017年10月13日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール

詳細を表示

対談:リヒャルト・シュトラウスのオペラ

対談:リヒャルト・シュトラウスのオペラ



Aさん:当店常連様ワインとクラシック音楽好き。

店主:若い頃ヴァイオリンを習い志した。愛称ピノさん。





Aさん:相変わらずオペラ鑑賞します?

店主:大好物です・・・。

初恋のよしえちゃんよりも好きです。

三度の飯よりも好きです。

Aさん:面白い表見ですね。

ばらの騎士を聴きながらワイン。

店主:わかります、その気持ち。

カラヤン指揮、シュヴァルツコップ。

最高でしょ。

Aさん:カラヤンは流暢に表現しているね。

店主:ホーフマンスタールとシュトワウスは名コンビです。

彼を失ったリヒャルト・シュトラウスは迷走。

Aさん:同じシュトラウスでもサロメ。

店主:聴いたことありますか。

あれは問題作ですね。

当時の聴衆の反応を知りたい。

Aさん:知りたいで言えば春の祭典。

店主:ストラヴィンスキーの名曲ですね。

初演はピエール・モントゥー。

彼が後に録音した音源を所有しています。

Aさん:それは貴重ですね。

店主:当時のオケのレベルなのかおどおどしいく感じる。

現代のオケはその点凄い。

が、それがあの雰囲気を消しています。

Aさん:後ワーグナーは天才だ。

店主:ワグネリアンなど信奉者が多い。

メルケル首相のバイロイト通いは有名です。

Aさん:わかるよ、あの力・・・。

店主:そうです。私はワーグナーの思想に対して一定の距離を置いています。

人種差別的な要素がありますからね。

Aさん:彼はどこかの大統領ではないけれ強烈な自分本位ですからね。

店主:しかし今日はワーグナーを聴くかな・・・。



詳細は【クリック】2017年10月13日

詳細を表示

ドイツ リートの傑作

ドイツ リートの傑作



現代のストレス社会。

人それぞれの解決策がある。

私は品よくワインを楽しむ。

クラシック音楽を楽しむ。

下手なヴァイオリンを一心不乱に弾く。


読書に没頭する。

以上は私の場合・・・。



サーフィンの人・・・。

ダンスの人・・・。

ロックを聴く、演奏する人・・・。

それはその人の裁量である。




リヒャルト・シュトラウスの最晩年の作品。

四つの最後の歌。

これは私の心の霞を取り払ってくれる。

あの大作曲家がシンプルに作曲。

それでいて深く感銘を与える。

長く連れ添った夫人への愛情。

これから起こる人生への旅立ち。

また、生への憧れ・・・。



ドイツ・リートの傑作でしょ。



初演は1950年2月22日、ロンドン。

フルトヴェングラー指揮。

キルステン・フラグスタートのソプラノ。

その時のライブ録音。

音質は、悪いが雰囲気を堪能出来る。



ワーグナー歌手として一世を風靡したフラグスタート。

声質は全盛期とはいかないが、またそれがいい。

芸術の素晴らしさは、まさにそこである。

わかるかな?



詳細は【クリック】2017年10月12日

詳細を表示

お久し振りです。ジャドさん。

お久し振りです。ジャドさん。



元祖、輸入ブルゴーニュ?

それがルイ・ジャド・・・。

悲しいかな優良レストランでは敬遠気味?

よくご相談で、「ルイ・ジャドを酒店で勧められますが、ワインリストにあまり載せたくない。

ピノさん、ルイ・ジャド以外の造り手でおすすめを。」と悲観的な事を言われる事がある。

ここ数十年、いやいや数年でワイン市場は劇的変化。

また流通、管理などの面で質が大幅に向上。

結果、日本で紹介されるドメーヌ、ネゴシアンが増えた。

ネゴシアンでさえ、ミクロ・ネゴシアンなる少量生産すら存在。

好奇心多き日本人は元祖系に今更注目しなくなったのだ。

しかし、ルイ・ジャドは豊富な種類とヴィンテージ。

安定した造りには定評がある。

ですから酒屋さんはお勧めしたのだと思う。

決して酒屋さんの勉強不足ではないし感性を疑ってはならない。

では、何故、不人気気味なのかと疑問に思う。

それは先程の意見がおおよそ当たっていると思う。



改めて、良質なブルゴーニュである。

そのずば抜けた知名度が逆に不人気を招いているのかもしれない。

しかし、我々はワインの味わいが全てである。

味わいが合格ならそれでいいはず・・・。

ですから自信を持ってご紹介。



★ 2008 ボーヌ プルミエ クリュ ブーシュロット

  ルイ・ジャド

  当店販売価格¥7,660(税込)



ボーヌといってもポマール側の1級畑。

しかしポマール的ではなくあくまでもボーヌ。

タンニンの質が上品。

全くテロワールは面白い。

豊かな果実味で表現がポマールと随分違う。

飲みやすいブルゴーニュです。



贈答にも最適です。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/abcdef.jpg/" target="_blank">http://blog-imgs-114.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/abcdef.jpg" alt="abcdef.jpg" border="0" width="300" height="160" />

詳細は【クリック】2017年10月11日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール

詳細を表示