トップ > 


入荷ING

入荷ING



入荷ING



日本には四季があります。

季節季節を考えワインを仕入れております。






おいおい、たくさん入荷だ。

てやんでい、多すぎるぞ。

いやいや、いいんだ!!

ワイン専門店ピノ ノワールだぞ!!




何をぬかす。

田舎のワイン屋風情が・・・。




あれ〜って・・・。



と舞台風な前置きが完了しました。



ふむふむワインがたっぷり入荷です。

全部は紹介できないのは毎度の事。



ざっくり言えば・・・・。

シャンパーニュ、ブルゴーニュ。

スペインの高額ワイン〜安価なもの。

そしてナパ・ヴァレーにイタリアワイン。

常連様、おねだりの白の古酒、等々。



ジェット機は入荷したかって!!

弊社はワイン専門店です。

と、冗談をぶち込んでおきました。



まずはスペインの銘醸地リオハ〜



まだまだ新顔のワイナリー。

以前に試飲会で出会い惚れた1本。

えっ、ピノさん惚れたって私が惚れます。

って、いかんいかん妄想はいかん。



★ コセチャ エスペシアル

  マルケス デ テラン

  テンプラニーリョ100%

  当店販売価格¥4860(税込)



コセチャとは静岡茶の事かって!!

違います確かにここは静岡ですが・・・。

何でもお茶に固執はしません。

収穫の意味ございます。

ですから特別な収穫年のワインとなります。

それではもう一度!!

「特別な収穫年のワイン」



ロサードも入荷です。

ガルナッチャ60%、テンプラニーリョ

当店販売価格¥2200(税込)

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaauiuiuiuuiaiai.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-138.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaauiuiuiuuiaiai.jpg" alt="aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaauiuiuiuuiaiai.jpg" border="0" width="300" height="350" />



ご来店待ってるよ!!

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/20200509124026d11.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-138.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/20200509124026d11.jpg" alt="地図ですねん 300221" border="0" width="350" height="320" />




2020年5月9日

詳細を表示

家飲みのすすめ・・・。

家飲みのすすめ・・・。



家飲みのすすめ・・・。



自宅でワインを楽しむ。

疲れた社会の戦士の癒し・・・。

人間関係で疲れた男、女の笑顔の時間。

力仕事で疲れた戦士の休息・・・。

営業で疲れた、上司部下に疲れた。

等々、などなど・・・・。

一度リセットしようじゃありませんか。






イタリア マルケ州のワイン・・・・。

上品で飲みやすい仕上がり。

この季節にはとてもいいです。



http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/202005081051381b0.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-138.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/202005081051381b0.jpg" alt="ああああああああああああああういういい" border="0" width="296" height="296" />



★ モンカロ マルケ



そしてさ。

ほんでさ。




甘いのが好き・・・。

ドイツのドルンフェルダーが受けています。

キュートな甘味は格別じゃい。



http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/20200508105200b35.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-138.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/20200508105200b35.jpg" alt="あああああああああああああああああああああいおいおいおい" border="0" width="296" height="296" />



10日は、母の日。

週末、休日はワインを自宅で楽しむ!!




http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/20200508105322542.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-138.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/20200508105322542.jpg" alt="あああああああああああああああういういううういいあ" border="0" width="296" height="296" />



ご来店お待ちしております。




2020年5月8日

詳細を表示

5/10は母の日です

5/10は母の日です



5/10は母の日です



母の日にワイン。

日頃の感謝の気持ちを込めて!!

お母さんはがんばっている。

家事もやり家計も考え・・・。

複数の事を同時に粉す素晴らしい人。

家庭が明るいのは母の存在が左右する。




http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/20200508102033032.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-138.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/20200508102033032.jpg" alt="qqqqqqqqqqqqqqqqqqっくぉぽぽぽp" border="0" width="296" height="296" />




まずは人気のCS100%。

この南仏は濃厚で旨い。

ただ単調な濃厚ではない。

スパイスなどのアクセントも持つ。



http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/zzzzzzzzzzzzzzzzkokokoz.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-138.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/zzzzzzzzzzzzzzzzkokokoz.jpg" alt="zzzzzzzzzzzzzzzzkokokoz.jpg" border="0" width="296" height="296" />



そしてフミーリャの赤。

ムルシア州フミーリャは注目。

かわいいデザインで人気者です。



http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/20200508102033032.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-138.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/20200508102033032.jpg" alt="qqqqqqqqqqqqqqqqqqっくぉぽぽぽp" border="0" width="296" height="296" />




母の日にワインですね。

繰り返します。

母の日=ワインです。




おしまい!!



2020年5月7日


詳細を表示

クラシック音楽対談

クラシック音楽対談



クラシック音楽対談



実は楽しい音楽・・・。

それがクラシック音楽です。

マニア同士の会話は弾みます・・・。





Gさん:ピアノを弾く社長さん

店主:ワインとクラシック音楽好き




Gさん:ブラームスはいいね。

交響曲は4作品しか残さなかった。

しかし、どれも珠玉の作品だ。

交響曲第1番 ハ短調は20年以上の歳月をかけた。

しかし、僅かな期間で完成したのが第2番だね。

あなたはフルトヴェングラーが好きでしょ。

店主:そうです・・・。

もう30年以上フルトヴェングラー好き。

まさに一神教の世界に例えられます。

谷ありの人生でしたが・・・。

フルトヴェングラーに支えられました。

音楽とは芸術とな何かと教えられました。

フルトヴェングラーはブラームスの小品も素晴らしい。

しかし悲劇的序曲は音源が残っていません。

これは悲しい・・・。

とてもフルトヴェングラーに合う作品だと思います。

そしてドイツレクイエムは音源が悪いです。

所謂、ストックホルム盤です。

演奏の熱気は伝わります。

楽章が進むごとにフルトヴェングラー節が冴える。

ですから、本当に音質だけが難点です。

Gさん:ワルターは長く生きたから晩年は音質がいいね。

ベルリン・フィルの首席指揮者を争った関係。

しかしそれ以前はワルターは後輩のフルトヴェングラーに親切でした。

ワルターはユダヤ人でしたから第三帝国時代は苦労した。

ですが晩年はそんな憂いを感じさせない表現。

それは卓越した人柄だと思うよ。

ワルターはコロンビア交響楽団と素晴らしい録音を残した。

独裁者トスカニーニが率いたNBC交響楽団とは違う。

店主:そうですね。

トスカニーニの演奏は時代と共に色褪せています。

しかしフルトヴェングラーやワルターは全く色褪せない。

それは真の芸術だからだと思います・・・。

それにしてもワルター指揮のブラ4は天使の響き。

フルトヴェングラーの生々しさとは違います。

私はカール・シューリヒトと並び好んで聴きます。

フルトヴェングラー、ワルター、シューリヒト。

同時代を生き抜いた音楽家は面白いです。



http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/20200509103625875.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-138.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/20200509103625875.jpg" alt="地図ですねん 300221" border="0" width="300" height="260" />


2020年5月6日

詳細を表示

英雄の生涯とカリフォルニアワイン

英雄の生涯とカリフォルニアワイン



英雄の生涯とカリフォルニアワイン



後期ロマン派の巨星。

それがリヒャルト・シュトラウスだ。

数々の交響詩・・・。

そしてばらの騎士などのオペラ。

ドイツ・リートなど多彩な作品群。

過度な表現にならずに上品さを伴う。

ですからワインにはピッタリ合いますね。






ライナー・キュッヒルをゲスト・コンマスに招聘。

N響はウィーン・フィルを退団した彼を招く。

キュッヒルの奥様は日本人です、と追記。

不思議な事に彼が入るだけで格段に響きが良くなる。

衰えを少し感じますが、やはり技術だけではない。

これは聴いていて凄く感じます。




★ シュトラウス

  交響詩「英雄の生涯




 ファビオ・ルイージ 指揮

 2020年1月22日 ライブ録画〜




よく言われるのが自画像の交響詩。

それが、英雄の生涯・・・・。




まだ若き頃の作品で順風満帆。

その後、彼は第三帝国下で苦労に苦労を重ねる。

まだ、その苦労時前の順風満帆な作品です。



ワルターもフルトヴェングラーも同時代。

彼らは作曲家としての名声を欲した・・・。

しかし現実は遠く離れていた。

ですから、生活の為に指揮をしていたのが正しい。

それを考慮するとシュトラウスは恵まれていた。

当時、作曲家としても・・・・。

指揮者としても認められていたのだから・・・。



やはりカリフォルニアワインがいい!!


★ 2017 マザー オブ エグザイル

  デナーヴィンヤード

  カベルネ ソーヴィニヨン主体

  PV、M、CF

  当店販売価格¥12,650(税込)



贈答でも家飲みでも人気。

パソ ロブレスは興味深い産地だ

セントラル コースト南部の産地。

急速に拡大したブドウ畑が供給先を失った。

結果的に数多くのワイナリーが産声を上げました。

広い産地で暑くボルドー系ローヌ系品種と幅が広い。

また、パスロブレス内西側は銘醸地として地位を確立されている。

勿論、デナーは西側であると追記致します。





まさにカリフォルニアワイン。

濃厚全開でパワーを帯びている。

力強さと真逆な品の良さも感じる。

英雄の生涯と共鳴する1本だ。



【贈答もできます!!】

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/20200505113837ca0.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-138.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/20200505113837ca0.jpg" alt="300 221 cixau" border="0" width="300" height="221" />




2020年5月5日

詳細を表示

ドイツリートとイタリア白

ドイツリートとイタリア白

ドイツリートとイタリア白



天才作曲家リヒャルト・シュトラウス。

ドイツ、ミュンヘンで1864年生まれた。

父親は有名なホルン奏者。

ワインはトスカーナの白。




Aさん:読書派の知的な紳士

店主:ヴァイオリンを習い志した。経験豊かなソムリエ。




N響第1932回定期演奏 ライブ録画〜

2020年1月22日 サントリーホール




ファビオ ルイージ指揮

ウェーバー作曲

オイリアンテ序曲




店主:レコード時代はオイリアンテは大曲と組み合わせでした。

ドイツ ロマン派の幕開け的存在のウェーバー。

歌劇、魔弾の射手は金字塔。

イタリアがオペラの聖地でしたが・・・。

ドイツでも素晴らしいオペラがあると知らしめた。

最近は演奏されない作品になってしまいました。

プログラムで取り上げて頂きたい。

まさにドイツ音楽そのものです。



ファビオ ルイージ指揮

リヒャルト・シュトラウス作曲

4つの最後の歌

クリスティーネ・オポライス ソプラノ




店主:あまりに偉大な作品過ぎて、ここぞの時鑑賞。

それが、4つの最後の歌です。

裕福な生家で音楽的才能に優れた一人のドイツ人。

当時バイエルン王国、統一ドイツ帝国、ヴァイマール共和国。

そして第三帝国、戦後の連邦共和国と激動を乗り越えた。

財産も二度失ったと言います・・・。

あのワーグナーに没頭し没落したバイエルン王国。

最先端な政治体制のヴァイマール共和国、そしてヒトラーの独裁政権と戦後・・・・。

何故、天才が翻弄されるのかと悲しい。

Aさん:彼は作風を見事に変えている。

父親は保守的な人だよね・・・。

ですから大のワーグナー嫌いだ。

しかしワーグナーはホルンの腕前を認めていた。

彼なくしてはホルンの響きが満足いかないとね。

店主:リストが発案した交響詩を継承し進化させた。

彼の業績はオペラでも開花しました。

サロメは斬新で、これが、あの薔薇の騎士の作曲家かと思いました。

Aさん:シュトラウスはかなりの恐妻家。

しかし愛情があり長い結婚生活だよね。

最後、気力も体力も財力もない状態で作曲。

それが4つの最後の歌だよね・・・。

5つのオーケストラ歌曲から4つを抜粋。

それは彼が死去してからだね・・・。

店主:ただ一つシュトラウスは注文を付けた。

それが当時最高の歌手、キルステン・フラグスタートで一流の指揮者の場合のみ。

となれば私が尊敬するフルトヴェングラーの出番だ。

忘れもしない・・・。

1950年5月22日が初演日となります。

音質は悪いが最高の名演となります。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaioio.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-138.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaioio.jpg" alt="aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaioio.jpg" border="0" width="296" height="296" />

写真がピンボケですいません!!



★ ポッジョトンド ビアンコ

 

天才アントニーニの実家のワイナリー。

もう、この点で買いが決定です。

当店では人気のポッジョトンド。

ヴェルメンティーノ主体にアンソニカ。

どうしてもトスカーナは赤に目がいきます。

それはそれでいいのですが・・・。

白も銘ワインが様々あります。

まず、ヴェルナッチャ ディ サン ジミニャーノ。

これは石を舐めた様なミネラル感にビター感で秀品。

ヴェルメンティーノも個性がはっきりしている。

オレンジピール、レモンなどの香りが強烈です。

明るい品種ですから気分的にも最高!!




ご来店待ってるよ。

駐車場でのワイン渡しもOKだぜ!!




2020年5月4日



詳細を表示

ストラヴィンスキーとナパヴァレー

ストラヴィンスキーとナパヴァレー



ストラヴィンスキーとナパヴァレー



当店店主はワインとクラシック音楽に造詣が深い。

そんな私から素敵なマリアージュ






ロシア物とワイン。

何故かストラヴィンスキーとナパワイン。

これが不思議なマリアージュでした。




期待したパーヴォ・ヤルヴィの春の祭典。

記憶が正しければパリ管弦楽団でも演奏した。

この時もご本人はともかく私は感心しなかった。

初演したモントゥーが後に録音した演奏は薄気味悪く先時代を醸す。

おどろおどろしく怪奇的である・・・。

パーヴォのクリーンな響きは作曲家の意図とは離れている。

やはりゲルギエフは最高の春の祭典の指揮者。

そして小澤征爾氏の春の祭典も素晴らしい。

この事は村上春樹氏と小澤氏の対談でも語られている。



春の祭典はロシアの先時代の生贄や風土を表す作品。

やはりクリーンなスタイルのパーヴォでは足らん。

今回のN響でもその短所が表れていた。

生贄の踊りはもっと熱して欲しかった。

しかも生臭くだ!!これがストラヴィンスキーの意図だ。

演奏後の拍手が結果を語っている。

久し振りに若い聴衆も多くいたのにね・・・・。



★ 天才ストラヴィンスキー作曲



  春の祭典



  パーヴォ・ヤルヴィ指揮

  NHK交響楽団



デザインも物語性もある素晴らしい1本。



当店では定番になりつつある神ワイン。



★ 2018 メルロー カーネロス

  クロ ペガス ミツコズ ヴィンヤード

  メルロー100%



意外とわかりやすい味わい。

やはり理解されやすいワインは人気。

それにはモノ セパージュの恩恵を感じる。



えっ ミツコって誰?

オーナー夫人です。

頭が高い〜!!



日本で恋に落ちたお二人。

ビジネスで富を築き1984年にワイナリー設立。

カーネロスに目を付けたのが凄い。

サンパブロ湾からの海風の影響を背に育つ。

そんな好立地からバランスに秀でる。

バランスはとても重要な要素と加筆したい。



本日、笑顔で営業ING!!



2020年5月3日

詳細を表示

家飲み人気爆発!!

家飲み人気爆発!!



家飲み人気爆発!!



家飲みが空前の人気。

おいおい創業以来の大きなうねりだ。




あ〜、どんなワインをお勧めしよう。

あ〜、在庫足りるかな、と大いに悩む。





家で連休・・・。

でしたら高額ワインもいいのかな。

イタリアワインだ。

あっ、イタリアは多彩な産地。

やはり、ソムリエがいる専門店で購入。

これが鉄則でしょ・・・。

通う店でソムリエか尋ねるのは必須。



★ 2011 アマローネ ヴァルポリチェッラ プライヴェート コレクション

  ヴィッラ アンナベルタ

  当店販売価格¥7790(税込)



造り手の努力&叡智の結晶・・・。

有り難く頂きなさい。

品質の高いアマローネがこの価格。

これは買いで攻めましょう・・・。




そしてイタリアの

イタリアワインな南北に長く山脈が貫く。

歴史が織り成す文化度が高い産地。

ソムリエがいるお店でアドバイスを受けたい。



http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aaaaaaaaaaaaaaaaaiuiuiuiuiuiauiuiuiauaiui.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-138.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aaaaaaaaaaaaaaaaaiuiuiuiuiuiauiuiuiauaiui.jpg" alt="aaaaaaaaaaaaaaaaaiuiuiuiuiuiauiuiuiauaiui.jpg" border="0" width="296" height="296" />



☆ ファランギーナ テッレ デリ オシ

  イタリア モリーゼ

  当店販売価格¥1720(税込)



ファランギーナな真骨頂はアロマ。

華やかさで他品種と競いあう。

オレンジドロップやレモンの皮の香り。

美しい酸味を伴う味わい。

これはギリシャの彫刻かと思ってしまう。




贈答は予算に応じて組み合わせ自由。

贈答は人間関係潤滑油。

こんな時期だから重要度が増しています。


http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/20200502110757ff9.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-138.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/20200502110757ff9.jpg" alt="300 221" border="0" width="300" height="221" />



ゆっくり自宅でワイン・・・。

楽しんでよ〜!!




2020年5月2日

詳細を表示

家飲みせざ〜

家飲みせざ〜



家飲みせざ〜



最近、家飲みが絶好調だ。

やはり安心感、自由度が高い。

服装、食事、音楽なんでも自由・・・。




まずは・・・。

チリで人気のカルムネールだ。





★ カルムネール レセルバ

  テラノブレ



アタックは果実の充実感を感じる。

ジューシーでコクがある。

豊かな香りを伴い。

模範のカルムネールです。



そして・・・。

白は如何ですか。

アメリカのピノ グリージョ。

シャルドネに飽きた米国人が次に狙った品種。

香りはとても美く果実の線が綺麗。

語弊があるかもしれませんが女性的。

メロンやシトラス、白いお花の香り。

穏やかなな果実味に癒される味わい。

家飲み最高選手でしょ。




☆ ドミノ ピノ グリージョ

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/hhhhhhhhhhhhhhhhhhhopph.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-138.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/hhhhhhhhhhhhhhhhhhhopph.jpg" alt="hhhhhhhhhhhhhhhhhhhopph.jpg" border="0" width="296" height="296" />



明日も大量にワイン入荷。

家飲み隆盛だ!!

ご来店お待ちしております。



★ ドミノ CSも挑戦アレ!!

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/hhhhhhhhhhhhopopoh.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-138.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/hhhhhhhhhhhhopopoh.jpg" alt="hhhhhhhhhhhhopopoh.jpg" border="0" width="296" height="296" />



濃厚で米国的な作品だ!!



贈答もいいね!!

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/hhhhhhhhhhhhhopopophh.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-138.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/hhhhhhhhhhhhhopopophh.jpg" alt="hhhhhhhhhhhhhopopophh.jpg" border="0" width="296" height="296" />




2020年5月1日

詳細を表示

アメリカ老舗オケとワイン

アメリカ老舗オケとワイン



アメリカ老舗オケとワイン




創設100年のアメリカのオケ。

歴代のシェフによって鍛え上げられた。




実は当店もその歴史は古い。

明治37年創業の酒類問屋がそのはじまり。

キリンビールを静岡で初めて販売。

ですからキリンビールの特約卸でした。

地元の年齢の高い方なら知っていると思います。




そして私の代でワイン専門店となりました。



と脱線したので本線へ!!

メーターやサロネンそしてドゥダメル。

歴代の指揮者が集まり指揮をした。




メーターも年を取られたな。

私もそうだから同じか!!

椅子に座りながら指揮。

しかし指揮者は凄い、演奏中は眼力鋭く的確。

ハンス スワロフスキー門下の秀才。

同じ門下生のアバドは亡くなり時代は変わる。


相変わらず、サロネンは美男子。

金髪のサラサラヘアーは北欧の人に多い。

まさにジュピターだ。

作曲から指揮まで粉す音楽家。

また現代曲などの演奏も積極的。



そして注目の若手ドゥダメル。

その生い立ちや経歴が注目されますが・・・・。

やはり指揮者は演奏解釈だ。

私が思ったのは意外と柔軟な解釈だ。

興味深い面を持つ指揮者です。



★ ワーグナー

  楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲



★ ラヴェル

  ラ・ヴァルス

  ズービン・メータ 指揮



★ ルトスワフスキ

  交響曲 第4番

  エサ・ペッカ・サロネン指揮



★ ストラヴィンスキー

  バレエ組曲「火の鳥」

  グスターボ・ドゥダメル指揮



最後は何と3人で指揮をした。

★ ビャルナソン 作曲(世界初演)

  〜オーケストラと3人の指揮者のための〜



2019年10月24日 ウォルト・ディズニー・ホール録画



ワインは意外と本格派のチリカベ。

デザインは明るいが本格派。

飲む前のイメージとはいい意味で違った。



★ ラ ミシオン CS

  チリ

  当店販売価格¥1490(税込)



濃い目のガーネットの色調。

華やかで煮詰めたニュアンス。

そして黒胡椒などのアクセントを感じる。

まろやかでコクのある飲み応え十分な1本。




2020年4月29日

詳細を表示

家飲み隆盛!!

家飲み隆盛!!



家飲み隆盛!!



家飲みは抜群&自由度が高い。

それが最近人気の家飲みの理由。

服装、食事、メンバーも自由です。

何でも自由なのが受けています。






さてさて、ではでは泡物のご紹介。

信頼する輸入元お墨付き!!

当店ソムリエも太鼓判。

閻魔大王も驚き!!




ベガ丸 カヴァ。



えっ犬の名前じゃんか。

あっ訂正致します。



★ ベガマル カヴァ

  マカベオ シャルドネ

  当店販売価格¥2260(税込)



面白いセパージュじゃんか。

マカベオはフルーティーさを演出。

シャルドネはストラクチャーを造り出す。

週末、休日に楽しみたいね・・・・・。




そしてそしてサンテにCSが登場。

私率いるワイン専門店で人気のサンテ。

今まではメルローとシャルドネだけでした。

しかし新入生が・・・。

皆様、宜しくお願いします。



http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aaaaaaaaaaaaaoppoopaopopopa.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-138.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aaaaaaaaaaaaaoppoopaopopopa.jpg" alt="aaaaaaaaaaaaaoppoopaopopopa.jpg" border="0" width="296" height="296" />



「私は南フランス生まれのサンテCSです。」

「果実感いっぱいの開放的なCSです。」

「どうそ、お願い致します・・・・。」




いやいや歓迎しますよ。歓迎です。



贈答も動いているよ!!

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/20200428113722aea.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-138.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/20200428113722aea.jpg" alt="300 221" border="0" width="300" height="221" />



ご来店お待ちしております。



★ 29日(水)は11:00〜17:00までの営業

30日(木)は12:00〜19:30までの営業



2020年4月28日

詳細を表示

俺の家飲みだ!!

俺の家飲みだ!!



俺の家飲みだ!!



昨日はマーラーの復活とワイン。

ワインとクラシック音楽で楽しむ!!

これが、家飲みの模範・・・・?






お好きな音楽で・・・。

ロックでもジャズでも・・・。

自分が気持のいい音楽で・・・。




話題のグスターボ・ドゥダメル指揮。

ミュンヘン・フィル。

そしてマーラーの偉大なシンフォニー。



★ マーラー作曲

  交響曲 第2番 ハ短調「復活」




  ソプラノ:チェン・ライス

  メゾ・ソプラノ:タマーラ・マンフォード

  カタルーニャ合唱団



  2019年6月27日 カタルーニャ音楽堂 ライブ録画



自宅で深夜鑑賞・・・。

まさか、私がマーラー中年になるとは・・・。

若い頃は敬遠していた。

バーンスタインとウィーン・フィルで何度か鑑賞。

支離滅裂な印象で受け付けなかった。

それから数十年経過・・・・。

今では完全にマーラー中年となった。



グスターボ・ドゥダメルは知名度抜群。

まだ若手ですがその経歴が話題。

ここではその経歴は省略致します。

しかし、やはりスター性は十分ある。



ミュンヘン・フィルもメンバーはほぼ変わった。

そう、チェリビダッケ来日と比較して。

コンマスは相変わらずもじもじゃ髪の人。

すいません、お名前知りません。

流石に伝統的な響きを残している。

まあ、誰が指揮しても一定効果のある復活。

やはり感動的でした。

カタルーニャで行われたのでスペインワイン。





★ ラス ドセスティント

  チョサス カラスカル

  ボバル100%

  当店販売価格¥2200(税込)



本当はカタルーニャのワインかカヴァにしようか迷った。

しかし、ここは品種で選んだ。

ボバルが好きだからだ。

適度な濃縮感が私好みだからだ。

それにはタンニンの質が影響している。

心得た丸みを帯びた上質なタンニンは感心する。

これぞ、ボバルの長所だら〜。



いい深夜マリアージュでした。



2020年4月27日

詳細を表示