藤枝 ワイン 焼津 ワイン 静岡 ワイン

トップ > 


とりとめのない会話・・・・。

とりとめのない会話・・・・。




お蔭様でワイン専門店ピノ ノワールは11年。




普段の店内の会話・・・。

それは笑あり真剣ありの何気ないやり取り。





Kさん:当店通い歴8年のベテラン。

店主:幼少からヴァイオリンを習い志す。信頼厚いソムリエ。




Kさん:たまには名曲中の名曲を聴きたくなる。

無性に昔ながらの醤油ラーメンを食べたくなるのと同じ。

店主:わかります。

久し振りに定番乾麺を食べたくなります。

サッポロ一番とか・・・。

クラシック音楽ならカルメン組曲とかアルルの女。

エルネスト・アンセルメ指揮で。

Kさん:それは懐かしいね・・・。

アンセルメは木管楽器を綺麗に奏させていた。

店主:彼はスイス・ロマンドを世界的に有名にしました。

ラトルがバーミンガム市交響楽団を知らしめたように。

Kさん:長けた人物っているんだよね。

店主:ワインもたまにバルドリーノとか飲みたくなる。

それとかヴァルポリチェッラとか・・・。

Kさん:だよね・・・。

若くて金無しの時によく飲んだ。

店主:チャーミングな果実感で入門編として最適。

価格も手頃で庶民の味方。

やはり若くてあまり稼げない時はバローロは縁遠い。

Kさん:ピノさん、今は若手でも高収入の人も多いよ。

店主:センスあれば稼げる時代ですからね。

私はセンスなしの頑固おやじですが・・・。

ヴァルポリチェッラの造り手でジーメはいい。

素晴らしい感性しています。

テロワールを素直に描写します。

品種的にはコルヴィーナやロンディネッラなどです。

Kさん:ラベルもポップ調ですよね。

レストランのテーブルでは話題になる。

最近流行りのSNS映えするってな。

店主:するってな・・・。

少し冷やし気味で楽しむ。

勿論、偉大なワインではありませんが気取っていない。

地元消費ワインですね。

Kさん:みんなに飲んで欲しいワインです。



2018年7月22日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店

詳細を表示

対談:ロワールワイン!!

対談:ロワールワイン!!




お蔭様でワイン専門店ピノ ノワールは11年。




Aさん:当店常連様ワインとクラシック音楽好き。

店主:幼少期からヴァイオリンを習い志す。経験豊かなソムリエ。






Aさん:クラシック音楽とワインの追及の日々。

それはそれは楽しいでしょ・・・。

店主:はい、素直にそう思います。

幸せな事に感謝ですね・・・。

音楽はベートーヴェンが中心です。

そして愛するブラームスやブルックナー。

オペラも好きでヴェルディやプッチーニなど貪欲に研究しています。

・・・・訂正、鑑賞しています。

Aさん:ピノさんに係ると鑑賞ではなく研究ですか恐れ入ります。

店主:目で譜面、耳で音楽、口でワインを楽しむ。

時間がいくらあっても足りません。

ワインはブルゴーニュを中心にシャンパーニュ。

ロワール、ボルドー・・・。

イタリアも北から南、ドイツのリースリング。

またまたルーマニアやハンガリーなどの東欧諸国。

ワインならなんでも研究対象です。

あっこれは仕事と私の性癖。

性癖というのは研究してしまう事です。

Aさん:だからディープなマニアが集う専門店。

いつもお邪魔しているとワインマニアが遠方から来ますね。

店主:藤枝、島田、焼津は勿論、それ以外の遠方からお越しのお客様も多いです。

それには本当に感謝しています。

今の蒸し暑い時期、ロワールの爽やかな仕上がりタイプをお勧めしています。



☆ トゥーレーヌ ブラン

  ドメーヌ バロン

  当店販売価格¥2,863(税込)




Aさん
:SBですよね。

店主:そうです。

しかもロワールの特徴であるシュール・リーです。

ですから旨みも多く含んでいます。

造り手のバロンですがまだ瓶詰の歴史は浅い。

しかしビオロジックなど精力的に行動しています。

Aさん:それは高く評価できるね。

店主:土壌はシレックスが多く含まれる粘土質。

ですから果実の厚みもありながらミネラル感に富んでいます。

これは贅沢ですよ。

価格を考慮しても買いですね。



2018年7月20日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店

詳細を表示

対談:大人の教養講座5

対談:大人の教養講座5




お蔭様でワイン専門店ピノ ノワールは11年。




Eさん:当店通い3年、教養人

店主:幼少期からヴァイオリンを習い志す。経験豊かなソムリエ。





Eさん:クラシック音楽の楽しみ方を伝授して下さい。

店主:まず時代の流れを大雑把でもいいから掴む事です。

バロック、古典、ロマン派など特徴があります。

バロック時代は編成が小規模ですしロマン派は大規模。
しかしながら端にロマン派と言っても前期後期で随分違う。

Eさん:そうなんだね・・・。

店主:そして作品の背景を知る。

本でも今ならネットでもいいです。

作曲家の置かれた立場や経緯を簡単にでも理解する。

Eさん:それって重要なアイテムだよね。

店主:そしてシンフォニーなら指揮者やオケを知る。

この指揮者はベートーヴェンが得意だとか。

オケならどんな響きがする。とか。

ですから公式としては。



★ 作曲家+作品+指揮者+オケ=音楽芸術



これが影響し合う。

複雑に絡むと言ってもいいでしょう。

それはワインと同じです。

例えばブルゴーニュ。

テロワール、造り手、年、ワイン。

これらが複雑に絡みます。

これと似ています。

Eさん:ワインもクラシック音楽も根が同じですね。

店主:そう思います。

そして聴き比べが楽しいです。

垂直、並行聴きは最高。

ワインでもそうですね。

同じ、NSGで同じドメーヌでヴィンテージ毎比較する。

またドメーヌで比べる。

それと同じです。

これは私流です。

ですから各々の鑑賞方法を見つけるのが一番です。


Eさん:最近のお勧めは?

店主:2018年6月20日のラトルが16年間務めたベルリン・フィルの音楽監督退任コンサート。

マーラーの第6番。

大暴れしていました。

終楽章のハンマー何回かと気になっていました。

彼は2回バージョンでした。

人類よ目を覚ませ!!

何て考えました・・・。

Eさん:マーラーは楽器も多彩ですね。

店主:カウベルも使用されます。

あの響きって天上を表現していると私は思っています。

マーラーのシンフォニーはある意味、アニメです。

物語が展開していく様子は流石です。



2018年7月19日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店

詳細を表示

対談:気ままにクラシック音楽

対談:気ままにクラシック音楽




お蔭様でワイン専門店ピノ ノワールは11年。




Dさん:当店通い11年の最古参、偉大な常連様。

店主:幼少期からヴァイオリンを習い志す。経験豊かなソムリエ。






Dさん:サイモン・ラトルが去る。

また一つの時代に区切り。

これでベルリン・フィルは再生するのか。

店主:そうあって欲しい。

あまりに世界的になってつまらん。

地方色・・・。

ベルリン・フィルなら古都ベルリンの響き。

ドレスデンならドレスデンの重厚な響き。

これってとても大切です。

今のオケのレベルは格段に上がった。

しかし地方の個性を感じません。

それはワインも同じです。

自然派ワインが人気なのもわかります。

土地由来の酵母を使い。

醗酵温度も自然に任せる。

培養酵母はリスクも少なく便利ですが・・・。

Dさん:ワインもクラシック音楽もヨーロッパの文化。

根が同じですね・・・・。

店主:そうですね。

それとラトルですがやはり若い頃から光っていました。

バーミンガム市交響楽団と来日しマーラーの第1番。

所謂、巨人ですが迫力がありました。

誰だこの指揮者は・・・。

と思ったのが第一印象です。

ですからベルリン・フィルの音楽監督就任には驚きませんでした。

Dさん:流石ですね。

ワインもクラシック音楽もピノさんは目利きです。

店主:ラトルのレパートリーの幅は広い。

ですがやはり得意なのは後期ロマン派以降だと思う。

Dさん:しかしハイドンは頻繁に指揮するよね。

店主:ハイドンには共感しているみたいです。

発言もそうですよね。

天地創造も素晴らしくセンスがいい。

Dさん:ラトルはベートーヴェンが今一つだよね。

店主:わかります。

過剰な表現を取り過ぎです。

ですから最近は余計な部分を削ぐ事に重点を置いています。

ブルックナーの第4番のリハーサルでその事を盛んに連呼していました。

今のベルリン・フィルの課題をわかっているんでしょうね。

ロンドン交響楽団とラトル、暴れて欲しいです。

Dさん:唯一許される立場ですからね・・・。



2018年7月17日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店

詳細を表示

対談:常連様と日常会話

対談:常連様と日常会話




お蔭様でワイン専門店ピノ ノワールは11年。




Dさん:当店通い11年の最古参、偉大な常連様。

店主:ヴァイオリンを習い志す。経験豊かなソムリエ。




店主:サイモン・ラトル指揮でマーラーの交響曲第6番。

ベルリン・フィルと本拠地、最後の演奏。

素晴らしかったです・・・。

Dさん:得意としていたよね。

マーラー・・・をさ。

店主:首席指揮者に就任した時、初めて指揮したのも交響曲第6番 イ短調。

これは意図的でもあるし得意でもある証。

マーラーが幸せに包まれていた充実期の作品です。

Dさん:その割に副題はTiagische・・・・。

悲劇的・・・。

彼って暗いイメージがある。

店主:彼の生い立ちもあります。

幼い頃に兄弟を亡くし、死を直視。

またユダヤ人としての苦悩。

ウィーン・フィルの指揮者就任に伴い改宗。

しかし差別の目・・・。

Dさん:才能は指揮者としても作曲家としてもある。

理解されないからね。

店主:ラトル最後の指揮とワイン。

素晴らしいマリアージュでした。

ニューヨーク州のメルロー。

造り手はウォルファーです。

ロングアイランド島のハンプトンズ。

高級避暑地に構えています。

Dさん:以前、ロゼを頂いたけど旨かった。

店主:ジロンド河右岸を彷彿させるメルロー。

土っぽさに鉄を感じます。

熟成すればシルキーな口当たりで官能的になります。

価格は¥4,679(税込)です。

Dさん:意外と安いね。

有名ボルドーと比べて思う。

ここに通って11年・・・。

あの頃はワイン専門店と酒類問屋もやってた。

長く常連やってるのはワインの知識に惚れたから。

店主:その言葉を励みにがんばっています。

酒類問屋は曽祖父から約100年以上続きました。

市内にあった問屋は全て廃業・・・。

弊社はキリンの特約店でもう一社がアサヒの特約店でした。

時代の進みかたは残酷でもあるし希望もある。

そう捉えております。

ですから現在はワイン専門店のみで勝負しています。



2018年7月16日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店

詳細を表示

パイプオルガンの時間

パイプオルガンの時間



当店店主はワインとクラシック音楽に造詣が深い。

ワインとクラシック音楽への眼力は凄いと自画自賛。




そんな私から・・・。




先日行われたパイプオルガンコンサート。

世界的な権威トン コープマン。

すでに70歳を越えている・・・。



今盛んである古楽器による研究と演奏の世界的権威。

彼はアーノンクール、ロジャー・ノリントンと並ぶ存在。

しかし世界的権威の演奏の割に満員ではない。

小さなホールなのに・・・。

響きが悲しく感じる私・・・。

悲しいこれが我が愛するクラシック音楽の現実。

ポップス含め音楽自体が気軽に入手出来るこの時代。

その価値は確実に下がっている・・・。

レコード1枚買うのも悩んだ時代があった・・・。

高尚扱いのクラシック音楽は愛好家のみが支えている。

         


J.Cケルル作曲

バッターリア



J.カバニリェス作曲

イタリア風コレンテ



D.ブクステフーテ作曲

プレリューディウム

わが愛する神に

フーガ ハ短調



F.クープラン作曲

修道院のためのミサ曲より

グラン・ジュによる奉納唱

聖体奉拳のテノルをティエルスで



J.S.バッハ作曲

フーガ ト短調






静岡AOIのパイプオルガンはフランス製

アルフレッド・ケルン社

パイプ総本数、2868本



ホール全体を包む音色。

低音がとても素晴らしく響く。

クープランとバッハは馴染があったが私ですら知らない作曲家もあり勉強になった。



(画像は演奏前)

2018年7月14日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店

詳細を表示

対談:ブルックナーとシャンパーニュ

対談:ブルックナーとシャンパーニュ



お蔭様でワイン専門店ピノ ノワールは11年。



Cさん:ワインを愛する、当店通い歴8年。

店主:ヴァイオリンを習い志す。経験豊かなソムリエ。





Cさん:作品により向き不向きがあるね。

今の指揮者は意外と幅は広いが・・・。

浅い解釈だ!!

店主:私も思います。

様々な作品を上手に演奏できる。

しかし感動的ではありません。

昔、カール・シューリヒトはブルックナーのシンフォニーを指揮。
演奏後、自身が感極まり楽団員一人一人の手を取った逸話があります。

Cさん:有名なエピソードだよね。

しかもシューリヒトは晩年。

店主:彼は若い頃から苦労しました。

父親は立派なオルガン製作者です。

水難事故で弟子を助け亡くなった・・・。

Cさん:若い頃は知名度はあまりない。

店主:そうです・・・。

苦労に苦労を、晩年にはウィーン・フィルに愛され
結果、我々後世の人間が名演に触れられる。

珠玉揃いの演奏です。

Cさん:モーツァルトも得意。

同時代の作品もよく取り上げたね。

店主:そしてシューリヒトより少し世代が上のマーラー。

世紀末を醸すグスタフ・マーラーも得意でした。

復活は素晴らしい演奏です。

しかしウィーン・フィルではないけれど・・・。

Cさん:復活は作品自体も素晴らしい。

我々日本人でも素直に受け入いれられる。

店主:人類永遠のテーマですからね。
やはりあの時代は政治体制も揺れ動いた。

だから不安を払拭したかったのかもしれない。

それが支持されたんだと思います。

ブルックナーの交響曲第8番。

カール・シューリヒト指揮。

ウィーン・フィルとシャンパーニュ。

Cさん:壮大なマリアージュだね。

店主:正直少し無理はしました。

が、結果は素晴らしかった。

当店公式シャンパーニュ。

それがルグレ&フィスです。

シャンパーニュでも南部の産地、コート デ セザンヌ。

2000年創業のRMです。

価格は¥8,673(税込)

ピノ ムニエ100%のセニエです。

これは面白いですよ。

Cさん:そうだね。

以前、エキリブルを購入したけど思い出の1本だよ。

店主:コート デ セザンヌは味わいがしっかり目。

ですからピノ ムニエの上品さが表に出ます。

ブルックナーの重厚な響きにとても合うのです。



2018年7月13日
静岡県 藤枝市 ワイン専門店

詳細を表示

大人の教養講座5

大人の教養講座5



当店店主はワインとクラシック音楽に造詣が深い。

そんな私からご提案・・・。





クラシック音楽は難しい・・・。

高尚で私には無理・・・。



そんな事はありません。

初めての方は小品に触れて下さい。

序曲や交響詩など優れた作品が多い。



まずはワーグナーがおすすめ!!

タンホイザー序曲。

さまよえるオランダ人序曲。

ニュルンベルクのマイスタージンガーの前奏曲。

トリスタンとイゾルデの前奏曲と愛と死。

など物語をつかみやすい。



ブラームスだって負けてはいない。



悲劇的序曲。

アルト ラプソディ。

ハイドンに主題による変奏曲。

大学祝典序曲。

など様々ある。



交響詩だっていい。

リヒャルト・シュトラウス作曲・・・。

ドン ファン。

死と変容。

英雄の生涯。

など素晴らしいオーケストラレーションを楽しめる。




時間も短く。

わかりやすい作品ばかりです。



出勤前や学校に行く前。

たった数分で楽します。

コーヒーや紅茶を片手に聴く。

意外と楽しいですよ。



2018年7月12日

静岡県藤枝市 ワイン専門店

詳細を表示

印象派の音楽とロワールワイン

印象派の音楽とロワールワイン




当店店主はワインとクラシック音楽に造詣が深い。

そんな私の素敵なマリアージュをご紹介致します。




慌ただしい時間を過ごしているとゆっくりとしたい。

私の好きなロワールワインを楽しみながら・・・。

一時の休憩は有意義です。
>



☆ ドビュッシー

  牧神の午後への前奏曲

  ピエール・ ブーレーズ 指揮

  クリーヴランド管弦楽団



ソナタ形式の音楽ばかり鑑賞している私。

ですから印象派の作品はより新鮮に感じる。

冒頭のフルートのソロにはまどろみを感じ・・・。

ストラヴィンスキーの春の祭典冒頭のソロは土臭く思う。

55小節から明るい光と希望で微かな幸福に包まれる。

そして、つややかなソロ・ヴァイオリンがフルートとハープへつなぐ。

フルートとハープの絡みはニンフの美しい姿を連想。


ふわふわと雲をすり抜け自由気ままに遊泳。

極自然に右脳に語りかける。

私は右脳人間ですからこの作品を素直に受け入れられる。

フランス音楽の大家ブーレーズ。

レパートリーは極めて少なかった彼だからの名演です。



★ 2010 アンジュ ブラン

  シャトー ド フェル

  


シュナン ブラン100%。

ドビュッシーの作品にあう印象的なワイン。

右脳にインスピレーションを与える絵画風の味わい。

綺麗な香りで柔らかさは特質物。

地球温暖化でロワールワインも表情が幾分変わったな。



詳細は【クリック】2018年7月12日

詳細を表示

ブルックナーとプロセッコ

ブルックナーとプロセッコ



当店店主はワインとクラシック音楽に造詣が深い。

そんな私から素敵なマリアージュをご紹介致します。




クラシック音楽とワインを合わす。

昔は王侯貴族にだけに許された特権?

しかし現在では気軽に楽しめます。



簡単な知識さえあれば組み合わせ自由。

私は気ままにマリアージュを楽しんでいます。



後期ロマン派の巨人。

アントン・ブルックナー。

彼の作品は神に最も近い・・・。

それは天上の音楽である。

即ち、芸術的に最高峰である。



しかし初期の作品は意欲作。

意欲的であるが故に俗も感じる。

やはり人間ブルックナーでもある。

交響曲第1番 ハ短調。



初期と言っても遅咲きの作曲家。

モーツァルトやメンデルスゾーンなどとは違い神童ではない。

初演時の第1稿と第2稿とある。

私は第1稿が好き・・・。

ブルックナーが初演・・・。



N響の音楽監督にパーヴォ・ヤルヴィが就任。

有名な指揮者を父に持つ。

彼が就任しプログラムが変わった。

有名な作曲家の隠れた名曲。

今まで知られない作曲家を取り上げる。



彼の指揮で交響曲第1番 ハ短調。



人間っぽさを感じるブルックナー。

しかしあらゆる角度でブルックナー。

彼は起用な作曲家ではなかった。

勿論、人柄もそうである・・・。



ワインはプロセッコ ヴァルドビアーデネ。

エリアが広がり玉石混淆なプロセッコ。

しかし品質が高いヴァルドビアーデネDOCG。

グレラの真骨頂、豊かなミネラル感。

広がる爽やかさを実感できる秀品。

このプロセッコをインプットして下さい。



2018年7月10日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店

詳細を表示

対談:大人の教養講座4

対談:大人の教養講座4



お蔭様でワイン専門店ピノ ノワールは11年。



Aさん:ワインを愛する、当店通い歴10年。

店主:ヴァイオリンを習い志す。経験豊かなソムリエ。




店主:フルトヴェングラーに惚れるね。

数十年鑑賞しているけど凄いです。

Aさん:今の若者は聴かない。

クラシック音楽は人気がない!!

しかも彼が活躍したのは世界大戦、前中後。

モノラル録音は馴染ないよね。

店主:そうです。

しかし聴いて欲しいね。

芸術の素晴らしさ・・・。

心酔しながら指揮するフルトヴェングラー。

ワーグナーのニュルンベルクのマイスタージンガーへの前奏曲。

1942年のライブ、戦中。

まだドイツは勝利をしていた頃です。

これから負け戦が続き敗戦・・・。

当時の雰囲気が醸されています。

Aさん:そうだよね。

時代の音と共に鑑賞・・・。

フルトヴェングラーもワルターも当時の演奏家から感じる。

店主:フルトヴェングラーは末期、ハインリヒ・ヒムラーに狙われる。

あのゲシュタポを率いる恐ろしい奴にですよ。

Aさん:そうなんですか!!

店主:フルトヴェングラーはユダヤ人音楽家を助けようと必死でした。

才能ある人達を助けたい。

彼の手兵、ベルリン・フィルのコンマスはゴールドベルクです。

彼はカール・フレッシュの門下生。

私もヴァイオリンを弾きますがカール・フレッシュの教本で腕を磨いた。

ゴールドベルクはユダヤ人です。

本当に才能豊かで20歳の彼をフルトヴェングラーが招いた。

Aさん:それは驚異的です。

才能の豊かさがわかります。

店主:話は脱線しますが・・・。

彼はナチス政権から逃げますが日本軍の捕虜となります。

しかし戦後は日本の楽壇の貢献。

奥様も日本人です。

Aさん:捕虜の体験をしながら貢献してくれる。

人格者でもあったんですね。

店主:彼の演奏は温もりを感じます。

現在のヴァイオリニストでは感じられない姿勢です。



2018年7月9日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店

詳細を表示

クラシック音楽とマリアージュ

クラシック音楽とマリアージュ





お蔭様でワイン専門店として11年。




Cさん:当店通い歴9年ブルゴーニュ好き。

店主:若い頃ヴァイオリンを習い志した。





Cさん:ピノさんはブラームス好きを公言していますね。

店主:そうです。ブラームス好きです。

当時はワーグナーかブラームスかと批判を繰り広げていた。正に楽壇を二分する争いです。

Cさん:革新と保守の対決かな。

店主:実はそうとも言えません。

決してブラームスは保守的ではありません。

過去の作品を尊敬していたのは事実ですが。

Cさん:そう思う。シンフォニーを聴くと特に。

店主:ピアノもヴァイオリンもコンチェルトも凄い。

私はワグネリアンでなありませんがワーグナーも好き。

お互い素晴らしい作品が多いですから・・・。

一方だけなんてもったいない。

Cさん:後世に生まれた我々だからの楽しみ方だね。

店主:ブラームスの第1番を聴いた後にワーグナーなんてよくある聴き方。

全く贅沢な鑑賞方法です。

そしてワインも添える。

バロック時代なら王侯貴族ですよ・・・。

昨日はブラームス、そしてワーグナーの小品。

そしてストラヴィンスキーの春の祭典。

ワインは古酒ブルです。

Cさん:がび〜ん!!

革命的な感じ〜!!

店主:そうです。

選定作業は己の経験との勝負です。

1999 NSG プルミエ レ ダモード

フェブレです。

価格は¥11,664(税込)

Cさん:最近の高騰を考慮すると抑えられた値段だね。

店主:フェブレはご存じの通り実力ある造り手。

実力とは品質もそうですが、多く所有している畑。

そして人脈という意味も含まれます。

それは価格にも反映されていますね。

Cさん:わかるミクロ ネゴスとかドメーヌではこの価格は無理。

生産量も関係するから・・・。

店主:クラシック音楽を鑑賞しながら古酒。

理解できる人にはわかるマリアージュです。

如何ですか?



2018年7月8日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店

詳細を表示