トップ > 


幸福のお時間です・・・。

幸福のお時間です・・・。



祈りたまえ。

感謝したまえ。

幸福のお時間です・・・。





私の昨日はワインとクラシック音楽鑑賞。

ご機嫌なお時間・・・。

後、何年このマリアージュを楽しめるのか。

体と寿命との相談・・・。




オットマール・スウィトナー、懐かしい。

巨体から繊細でダイナミックな音を引き出す。

私の中で印象的な指揮者の一人だ。

最近の指揮者は平凡に感じる。

それは演奏家全般に言える・・・。



往年のN響の個性派指揮者たち・・・。

マタチッチ、スウィトナー、シュタイン等々。

幸運にも音楽、芸術を貪欲に吸収したい思春期に接した。

彼らは私をベートーヴェンの世界に導いてくれました。



久しぶりにスウィトナーのブルックナー。

私が天上の作曲家と考えるブルックナー。

神に近い音楽家だ。



★ ブルックナー



  交響曲第4番 変ホ長調

  NHK交響楽団 

  1971年12月6日 ライブ録音



ブルックナーの作品は長大だ。

第4番はロマンティックと言われる名曲。

1時間位の作品で入門編として最適です。

私はヴァントやチェリビダッケなどコンサートで頻繁に鑑賞しています。

アンサンブルが重要で調和が大切な作品。

それは天上に通じるからであろう。



ワインはブルゴーニュ。

神には神のワインだ。

しかもクロード・デュガ。

しかもジュヴレ・シャンベルタン。



★ 2014 ジュヴレ シャンベルタン

  クロード・デュガ

  当店販売価格¥15,950(税込)




集中力を感じる果実感。

幾重にも層を感じ複雑さに繋がる。

飲み手の想像力を求め・・。

これは神の域ではないのか!!



これぞ素晴らしいマリアージュだ。



【贈答にも】
http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aaaaaaaaajiji.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-134.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aaaaaaaaajiji.jpg" alt="aaaaaaaaajiji.jpg" border="0" width="296" height="296" />



2019年12月15日

詳細を表示

気軽に楽しめ!!

気軽に楽しめ!!



当店はワインの種類が縦横無尽。

だから飽きない。

だから飽きさせない!!




年末年始にお手頃ワイン。

当店ソムリエ厳選2種は如何ですか!!




まずは・・・。

えっへん、人気のシラーズだ。

新世界のシラーズは今や席巻している。



★ メタル ザ ブラック シラーズ

  サウス オーストラリア



そのわかりやすい味わい。

これぞ新世界であろう。

濃厚ながら果実感豊か!!

ジューシーでコクもある。

中域も味わいが乗り余韻も印象的。

気軽に楽しめる・・・。

わかっておるね!!




そして中部イタリアでございます。

イタリア中部は、まさにいいとこ取り。

安価で旨い、これぞ人気の方程式だ。



http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aaaaaaaaaaakooko.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-134.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aaaaaaaaaaakooko.jpg" alt="aaaaaaaaaaakooko.jpg" border="0" width="296" height="296" />



【公式】



納得=安価で旨い。



えっあ・た・り・マ・エ・・・。



★ ドモード サンジョヴェーゼ

  イタリア アブルッツォ



イタリアの雄を押さえたいね。

サンジョヴェーゼを知る。

知るにはモノセパージュがいい。

飲み手の感性で把握する。

飲み手の楽しみ方で楽しむ。

これでいいんじゃないの・・・。




師走は忙しい・・・。

自宅で優雅にワインを楽しんでね。




2019年12月14日


詳細を表示

ベートーヴェンの第5番とグルナッシュ

ベートーヴェンの第5番とグルナッシュ



ワインとクラシック音楽が生活の柱。

その柱は知れば知る程楽しい・・・。





私が愛する作品、ベートーヴェンの交響曲第5番 ハ短調。
週に何度も何度も鑑賞したい作品だ!!

何千年、何年万年経過しても人類の遺産として残る作品。

古代ローマの素晴らしい彫像のように後世の人々に感銘を与え続けるだろう。



そんな作品は、数々の名演が存在する。

その中でもフルトヴェングラーの演奏は金字塔。

苦難から歓喜へ、ベートーヴェンの公式はショスタコーヴィチも採用。

それ程、後世の作曲家に影響を与えた。

やはり、ベートーヴェンの生涯と作品は似ている。

当時、音楽家も料理人も王族や貴族に仕える単なる職人。

基本、尊敬はされていなかった。

ベートーヴェンは権力者と対峙し音楽家=芸術家として認知させた。

あくまでも、ベートーヴェンが能動的にさせたのある。



現代人に人気の高い指揮者、カルロス・クライバー。

芸術家らしく気まぐれでわがままで女性好き。

しかし、指揮をすれば一級品。

指揮姿も美しく視覚でもさまになる数少ない指揮者。



私の音楽仲間の大学教授が若い頃にクライバーを聴いた。

とても素晴らしかったと絶賛していました。

それほどに全身から醸すあの雰囲気。

彼の演奏は常に躍動し活気がある。

苦難なんて感じさせない勢いである。



最近進化しているグルナッシュ。

上品な仕上がり多くなり人気だ。

一昔前では考えられません。



★ 2017 グルナッシュ

  ウィンドチィサー

  カリフォルニア エルドラド

  当店販売価格¥5680(税込)



南ア生まれのデイヴ。

レストラン業界に席を置いていた。

その後、ワインの道へ・・・・。

ピノ ノワールもシャルドネも素晴らしい。



HPを見て頂きましてありがとうございます。



2019年12月13日



詳細を表示

モーツァルトとシャンパーニュ

モーツァルトとシャンパーニュ



当店店主はワインとクラシック音楽に造詣が深い。

そんな私から素敵なマリアージュをご紹介します。






まず始めにモーツァルトとシャンパーニュは合う。

この黄金の組み合わせは素晴らしいのでお勧めです。





誰しもが知る音楽家モーツァルト。

これぞ、スーパー・スター。

映画アマデウスの自由奔放は着色が強い。

しかしその姿が脳裏に焼き付いている。

また、あの楽聖べートーヴェンも尊敬していた。

特にレクイエムを絶賛・・・。

この事は青木やよひ著、「ベートーヴェンの生涯」で記載されています。

ご興味ある方は一読アレ!!



昨日は彼のレクイエムを鑑賞・・・・。

私の愛聴盤はカール ベーム指揮である。

ベームはモーツァルトを得意としている。

私より先輩方はベーム来日に熱狂した。

演奏後の熱烈なカーテン・コールは今や伝説。



やはりケッヘル500番以上は神がかっている。

後期三部作交響曲第39、40、41番。

そして最後のケッヘル番号626番・・・。



何故か金欠気味のモーツァルト。

資金繰りや幼少期程の歓迎ぶりは鳴りを潜めた。

しかし晩年は2曲のオペラを含む作品により収入も増加。

特にオペラ史上に輝く魔笛の初演は彼を勇気づけた。

しかし絶頂期は意外と脆い。

ある意味絶頂と破滅は表裏一体なのかもしれない。

魔笛の創作中、あのレクイエムの依頼を受けた。

詳細はまた次回ですが・・・。

これが自身への鎮魂歌となってしまった。

作品は途中までで後は弟子により完成する。

様々な版がありそれも興味深い・・・。



今回は素晴らしいロゼです。

ピノ ノワールの聖地ヴェルズネイ。

造り手はジャン ラルマン。

私が信奉するレコルタン・マニピュランだ。

一時は有名なメゾンに供給していた。

しかし契約が終了し満を持して始動。



★ レゼルヴ ロゼ

  ジャン ラルマン エ フィス

  ピノ ノワール100%

  当店販売価格¥7920(税込)



ピノ ノワールの真髄に触れる。

貴重はご体験をして頂きたい。



2019年12月12日

詳細を表示

オペラとニューヨークワイン

オペラとニューヨークワイン



オペラ鑑賞は醍醐味があります。

総合芸術と言われる・・・。

深い知識が必要な分野です。






Aさん:当店通い歴10年、登山がご趣味

店主:ヴァイオリンを習い志した。経験豊かなソムリエ




店主:ウェーバー作曲の魔弾の射手がお気に入りです。

中学生の時に夢中で鑑賞・・・。

これが初めて聴く本格的なオペラでした。

ザルツブルク音楽祭でのフルトヴェングラー指揮。

それ以前に序曲で魔弾の射手は聴いていました。

ウェーバーは興味深い作品が多いです。

クラリネット五重奏曲もあの当時頻繁に鑑賞していました。

Aさん:ドイツの記念碑的作品だね。

内容も理解しやすい・・・・。

恋する狩人が魔力を得て的を射とめる。

しかし・・・となる。

森の賢者が出現して解決。

ワーグナーにも影響した作品となる。

店主:イタリアと比較すると地味。

レクイエムもブラームスは保守的です。

しかしヴェルディは華やかです。

ワインにも通じると思います。

エティケットはイタリアが素敵。

そしてスペインも感性がいいです。

個人的には米国のデザインも好きです。

そして・・・。

椿姫となります。

ドミンゴとコトルバス。

指揮はカルロス・クライバーです。

端的な演奏で感銘を受けました。

運転で言うと攻めるドライブです。

(法定速度内でね)

そして、段々と本格的なオペラに挑戦しました。

ワーグナーの世界は、やはり強力。

ドイツ人らしく長大で壮大。

かと思っていたらリヒャルト・シュトラウスとなる。

薔薇の騎士のあの流れは素晴らしい・・・・。

以前、某高校の音楽の先生とワイン会をしました。

曰く、クライバーの薔薇の騎士を生で体験。

あれが一番だったと・・・。

エーリヒの息子カルロスはやはり感性がいい。

名指揮者の息子は父の音楽遺産を継承した。

そんな薔薇の騎士とニューヨークの白・・・。



★ 2017 シャルドネ

  オスモート ワイン

  当店販売価格¥4980(税込)



新進気鋭のワイナリーです。

ニューヨークワインの銘醸地フィンガー・レイクス出身。

同地はリースリングの聖地・・・。

ですがシャルドネで勝負しております。

生産量は448ケースですから貴重です。

Aさん:ピノさんが勧めるワインは旨いからね。

今回はオスモートのシャルドネで椿姫鑑賞だ!!



2019年12月10日

詳細を表示

チャイコフスキーとベルナール デュガ ピィ

チャイコフスキーとベルナール デュガ ピィ



澄冬この季節はチャイコフスキーが似合う。

それもとっても似合うのだ。

ワインも同じくグンとおいしさが増します。






★ チャイコフスキー


 
  ヴァイオリン協奏曲

  交響詩 マンフレッド



  樫本大進 ヴァイオリン

  ビシュコフ 指揮

  チェコ・フィル



チャイコフスキーの名作は数多ある。

珠玉の作品が質高くしかも無数にある。

そんな作曲家は数少ない・・・。

一つの作品を創作する苦しみ。

モーツァルトはスラスラ創作出来たという。

それは稀であろう・・・。



クラシック音楽の花形である協奏曲。

創作されては消え、現在演奏されるのは名曲だけ。

初演時の評判やその後の運が決定づける。



チィコフスキーのヴァイオリン協奏曲。

初演前の段階で酷評された。

しかも初演も失敗と不運の連続。

しかし不滅の名曲は今では欠かせない作品。



私の年代ではチェコ・フィルは親近感がある。

名指揮者クーベリックやノイマンが来日し好演を聴かした。

飾り気がなく無垢な響きに感動したものだ。



マンフレッドは演奏される機会は少ない。

しかしチャイコフスキーの中でも傑作。

それにしてもバイロンの詩劇マンフレッドは作曲家にインスピレーションを与えた。

シューマンも作曲しています。



そこで銘ドメーヌ銘ワインがいいだろう。

銘づくしだ!!



★ 2011 ジュヴレ シャンベルタン Coeur de Roy Tres VV

  ベルナール デュガ ピィ

  当店販売価格¥24,200(税込)



贈答にも




2019年12月9日

詳細を表示

朝比奈隆のベートーベンとソアーヴェ

朝比奈隆のベートーベンとソアーヴェ



ワイン中心の生活。

クラシック音楽を聴く毎日。

銘醸ワインを楽しみ名曲鑑賞。

素敵だね・・・。





昨日はベートーヴェン鑑賞。

そして素晴らしいワイン。

超久し振りに朝比奈隆に酔った。

日本の指揮者界のレジェンドです。

明治生まれの秀才で大坂フィルを築いた。

晩年はブルックナーの大家として尊敬された。

私も彼の壮大なブルックナーの世界に浸った。

あれから数十年久し振りに朝比奈指揮・・・。



今回は手兵大阪フィルではなくN響。



★ ベートーヴェン

  交響曲第4番 変ロ長調



★ 交響曲第7番 イ長調



  1995年12月13日 ライブ録音



最近のスタイルと随分違う。

大袈裟な表現も見受けられるが個性ある。

あの時代はドイツ系指揮者が活躍していた。

ですからそのスタイルを踏襲しています。



そしてイタリアの白。

近年ソアーヴェがまるごと旨くなっている。

量から質へと大きく舵を切り安心感がある。

イタリアは北から南に延びる・・・。

また背骨の様に山脈があり回りは海・・・。

歴史もありそれらが複雑に絡む。

それを見事に著したのが塩野七海さんだ。

私が尊敬する女流作家。

結果、土着品種も多き多種多様なワインを生む。

ですから、ソムリエの助言があるのがいい。



☆ 2017 ソアーヴェ コラシコ

  レ・バッティステッレ

  ガルガーネガ100%

  当店販売価格¥3890(税込)



ガルガネガ100%の有り難いソアーヴェ。

モノセパージュ信奉者の私。

絶賛のヴェネトを代表する白でございます。



師走は何かと忙しいですね。

お早目にワインを揃えておきましょう。




2019年12月8日

詳細を表示

グールドが弾くバッハとロゼ シャンパーニュ

グールドが弾くバッハとロゼ シャンパーニュ



グールドが弾くバッハは素敵。

ロゼ シャンパーニュに胸ときめく。

素敵な大人の時間をお過ごし下さい。






ピアニストはグレン・グールドがいい。

カナダ大使館で没後展示会が数十年前に開催された。

勿論、参加し愛用の帽子や特徴のある椅子などを拝見した。
大使館内ではグールドのピアノが流れ、感無量でした。

彼の金字塔バッハのゴールドベルク変奏曲。

それはそれは衝撃的でした。

その衝撃はその後の私の愛聴歴に深く刻まれた!!

アンチェル指揮でベートーヴェンの皇帝。

名演の誉れ高い・・・。

カナダへ亡命した名指揮者・・・。

(アンチェルの人生は壮絶で逆に音楽は闊達)

彼の横で弾きながらグールドが指揮気味。

何てヘンテコなピアニストかな・・・。

作家の村上春樹氏が小澤氏と対談。

グールドはヨーロッパで生まれたのではない。

ですから自由に弾けた・・・。

そんな事を述べられたいました。

また坂本龍一氏がグールドを尊敬しているのは有名です。



やはりシャンパーニュで楽しみたい。

当店で人気のクリスチャン エチエンヌ。



★ シャンパーニュ ロゼ

  ピノ ノワール、シャルドネ

  価格は店頭にて!!



自らカーヴを掘り1970年に設立。

シャンパーニュでも南部の産地。

最近、輸入が増えてきたコート デ バール産。

繊細できめ細かな泡が魅了します。

イチゴやジャムの香りにスパイス香。

ボリュームがある味わいで印象的です。

グールドのピアノと共鳴する・・・・。

素晴らしい時間をお楽しみ下さい。



http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/20191207104552c38.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-134.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/20191207104552c38.jpg" alt="300 221" border="0" width="300" height="221" />



2019年12月7日

詳細を表示

バルトークと古酒

バルトークと古酒



ワインのある日々。

クラシック音楽の日々。

飲んで聴いて楽しい時間・・・。






やはり何度聴いても凄い。

バルトークのヴァイオリン協奏曲第2番。

サロネン指揮テツラフのヴァイオリン。

そしてベルリン・フィル。

クラシック音楽の花形である協奏曲。

中でもシベリウスのヴァイオリン協奏曲と双璧。

それが、バルトークの作品だと思う。




とても繊細なバルトーク。

彼は才能と不運を背負う。

不運は大戦があり新天地を求めた事。

結果、慣れないアメリカ生活で疲労。

彼の長編伝記を読破した私。

一人の偉大な音楽家の足跡は重い。

それをかみしめて鑑賞・・・。

因みにフルトヴェングラー指揮。

メニューインのヴァイオリンも凄い。

一聴きあれ!!



ワインは古酒ボルドー。

しかもサンテミリオンでも古参。



★ 1997 シャトー スタール

  フランス ボルドー

  当店販売価格¥9,260(税込)



流石のスタールだ。

サンテミリオン古参のシャトー。

まだまだ生命感ある味わい。

達観したその境地に親近感を感じる。

長期熟成の経過を感じながら脱帽しかない。




http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/20191206125849030.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-134.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/20191206125849030.jpg" alt="300 221" border="0" width="300" height="221" />





2019年12月6日

詳細を表示

隠れた名曲とペサック レオニャン

隠れた名曲とペサック レオニャン



当店店主はワインとクラシック音楽に造詣が深い。

そんな私から大人のマリアージュをご紹介。





あまり人気のない作品を鑑賞。

これもクラシック音楽を愛する私には必須な事。

あの楽聖ベートーヴェンの交響曲第2番。

実に軽やかでベートーヴェンのイメージとは異なる。

しかし聴き込めばその魅力に取り憑かれる。

どんな作曲家でも不人気の作品はある・・・。

ワーグナーでさえ初期のオペラは演奏される事は稀。

稀どころか全然演奏されない。

しかも交響曲だって残しているが演奏は皆無。

ワグネリアンの私ですらまだ未鑑賞である。



ベートーヴェンの交響曲第2番を鑑賞しながらワイン。

ここは銘醸ワインを嗜みたい。

ペサック レオニャンの出番だ!!



★ 2014 シャトー ラトゥール マルティヤック

  カベルネ ソーヴィニヨン66%、メルロー27%

  プティ ヴェルド7%

  当店販売価格¥8,980(税込)



ルージュ、ブラン共に格付されています。

そして価格も手頃でわかりやすい味わい。

ですから贈答などでも大変な人気を保持。



もう師走・・・。

ワインを飲む頻度も上がります。

そんな時ソムリエ在中の当店へお越し下さい。




http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-113.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii.jpg" alt="iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii.jpg" border="0" width="296" height="296" />



2019年12月5日

詳細を表示

フィラデルフィア管弦楽団とワイン

フィラデルフィア管弦楽団とワイン



美しい響きのフィラデルフィア管弦楽団。

不死鳥の如く復活した。




Sさん:ワインの目利きが素晴らしい紳士

店主:ヴァイオリンを習い志した。経験豊かなソムリエ




店主:NHK音楽祭2019でフィラデルフィア管弦楽団来日。

懐かしいですね・・・。

同オケは一度破産しました。

しかし米国の名門オケは復活・・・。

著名な指揮者が導いたオケです。

ストコフスキーやオーマンディなどが監督を務めた。

クリーヴランド管弦楽団と並びサウンドが美しい。

オケも人種が多彩でアメリカ的ですね。

Sさん:指揮者のセガンは個性的だね。

これからの注目株だ・・・。

有名なラフマニノフのピアノ協奏曲第2番。

ハオチャン・チャンをソリストに迎えた。

ラフマニノフも愛したオケ。

だから素晴らしかった。

チャンもフィラデルフィアは特別。

と語っていた・・・。

店主:ラフマニノフらしいnobleな響き。

ワインもその点を考慮したいですね。

そうしますとカリフォルニアがいい。



★ 2017 クエスト

  ホープファミリーワインズ

  当店販売価格¥5、860(税込)

  CS主体PV他



最近注目を浴びるパソ ロブレスです。

CSを基調に面白いのはPVの比率が高い。

Sさんには以前にトレアナ・レッドを購入して頂きました。

あれもCSが基調でした。

Sさん:いい感性している。

ナパ・ヴァレーを中心にCSの新潮流が生まれている。

それを感じるね。

そう言えばさ・・。

シャルドネも旨かった。

確かマルサンヌも少量入っていた。

意外とマルサンヌの質感が貢献大だった。

店主:様々な角度から意見を言える。

ホープファミリーの懐の深さが垣間見れます。



HPを見て頂きましてありがとうございます。



2019年12月3日

詳細を表示

クラシック音楽界激震

クラシック音楽界激震



店主はワインとクラシック音楽が好物。

そんな好物セットをご案内致します。




マリス ヤンソンス氏が亡くなった。

今では数少ない名指揮者・・・。

私は何度もコンサートで聴いており身近な指揮者。

彼の父は有名な指揮者でした。

カラヤンやムラヴィンスキーから学んだ。

また人柄も良さそうな人物でした。

しかし最近の指揮者は若い・・・。

ブロムシュテットも凄く若い!!



先日もヤンソンスの指揮でベートーヴェン。

しかも大曲、ミサ曲 ハ長調を鑑賞したばかり。



ワインは当店人気で実力派のプピーユ。

逸話はともかく・・・。

手頃なボルドーがまたまた入荷です。

カリーユ氏と従弟が有機栽培で造る。

プピーユ入門編として最適だね。



★ 2014 シャトー レスカノ バイ プピーユ

  メルロー主体、他

  販売価格は店頭にて!!

  瞬殺間違いナシ!!




http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/20191202112345d80.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-134.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/20191202112345d80.jpg" alt="300 221" border="0" width="300" height="221" />



雨の日・・・。

何かと大変ですが気をつけてお過ごし下さい。





2019年12月1日

詳細を表示