藤枝 ワイン 焼津 ワイン 静岡 ワイン

トップ > 


ロベール・シュヴィヨン

ロベール・シュヴィヨン



NSGの優秀な造り手。

ロベール・シュヴィヨン。

今回はNSGの赤、白。

そしてACブルのシャルドネが入荷。

人気の造り手ですから瞬殺間違いナシ。





★ 2011 NSG ルージュ VV

当店販売価格¥9,280(税込)

おすすめ度:★★★★★



いまいち人気がないNSG。

ですが、シュヴィニヨンを飲めば変わる。

余韻まで手抜かりのない仕上がり。



☆ 2014 NSG ブラン VV

当店販売価格¥7,776(税込)

おすすめ度:★★★★★



ブランも素晴らしい。

ですから通常8,424(税込)を値下げ。

バランスに秀でた秀品。



そして最後にACブル。



☆ 2014 ブルゴーニュ シャルドネ

当店販売価格¥3,588(税込)

おすすめ度:★★★★★



ACブルとしては感性系でしょ。

完成形とも言える。

今回も値下げを断行。

通常、¥3,888(税込)を上記の価格でご提供。



詳細は【クリック】2017年2月26日

詳細を表示

90歳の指揮者。

90歳の指揮者。



当店オーナー・ソムリエ。

ワインとクラシック音楽をディープに愛す。

そんな私の一日はワインとクラシック音楽が占める。







フルトヴェングラーは私にとって神。

尊敬の念を持っている。

身近に感じる指揮者とは違う。

親近感のある指揮者にブロムシュテットがいる。

私の年齢では恐れ多いが90歳である。

81年にN響に客演してから聴いている。

作品に対する真摯な指揮に感銘を受けた。

高齢になってからは世界のオケで指揮を依頼される。

ドレスデン、バイエルン、ウィーン・フィル。

そして、頂点のベルリン・フィル・・・。

しかし、最近のブロムシュテットにあまり興味が持てない。

高齢からくる芸術の極みを見たい。

枯れた演奏を聴きたい。

彼は、超リラックスで指揮をしている。

これはこれでいいのかもしれない・・・。

しかしベートーヴェンの第5番。

もう少し内面を充実して欲しかった。

それこそフルトヴェングラーの第5は絶品である。



詳細は【クリック】2017年2月25日

詳細を表示

生産者ご来店

生産者ご来店




当店が注力を注ぐ産地。

それがアメリカ。

特にカリフォルニアは価格を問わず人気。

安価な価格で高品質なデリカート・ファミリー。

当店では長年に渡り応援してきました。

そんなうわさを聞きつけたのか生産者がご来店。




☆ 2013 ウッドヘーヴン シャルドネ

  デリカート ファミリー ヴィンヤーズ

  アメリカ カリフォルニア

  

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/20160421164414c49.jpg/" target="_blank">http://blog-imgs-92.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/20160421164414c49.jpg" alt="デリカート123" border="0" width="296" height="296" />



イメージ通りのカリフォルニアの白。

豊かな果実でリッチ。

トロピ系全開の香りで鼻腔の隅々まで広がる。

アプリコットや白い花のニュアンス。

全体的にボリューミーで満足感が高い。

余韻にほんのり甘さを感じ万人受け致します。

ですから貝類のバターソティーなどは合いそうです。

人は人情を感じる動物。

生産者に会い心の機微に触れるものです。




一覧を表示

MANA

MANA



当店で安定した人気。

それがNZワイン。

私がNzワイン好きな為に熱弁を振るっているのも影響。

熱弁はワインをおいしく感じさせる不思議なおまじない。

お客様に、当店でワインを買うとおいしいと言われる。

それは、無論ワイン自体が旨いのと、熱弁のお蔭?

スーパーで説明を受けずに購入しても熱弁エッセンスは加味されていないのだ。

当店は熱弁ビームに熱弁ラリアット。

そして熱弁4の字固め、熱弁アックスボンバーでお待ちしております。

それにしてもNzは年々品質がアップしていて面白い。




試行錯誤や努力が垣間見れる産地は好物である。



☆ 2016 マナ

  インヴィーヴォ

  当店販売価格¥1,728(税込)

  おすすめ度:★★★★☆



某雑誌でも高評価。

当店オーナー・ソムリエも太鼓判。

それがマナ。

マナ、マナ、マナちゃん。



黄色い花や黄リンゴの香り。

味わいには特徴的な酸が絡む。

余韻にはGFの皮を思わすほんのり苦み。

これは、おいしいね。

瞬殺間違いナシですのでお早目にね。



詳細は【クリック】2017年2月24日

詳細を表示

ソムリエ厳選アメリカワイン

ソムリエ厳選アメリカワイン



アメリカ、ワシントンの先駆者。

それが、ゴードンエステート。

1985年に兄弟で創業。

今回は代表する2種が入荷。





★ 2013 CS

  CS80%、M20%

当店販売価格¥4,520(税込)

 おすすめ度:★★★★☆



★ 2013 シラー

  シラー100%

  当店販売価格¥4,412(税込)

 おすすめ度:★★★★☆



この2種は特におすすめ。

ボルドーとはまた違う表現。

魅力的なワインが多いアメリカ。

ナパ・ヴァレー以外も楽しみたい。

そんな人には是非にだ。

ベリー系の熟した香りが顕著。

鼻腔の奥にその豊かな香りが届く。

またタンニンと酸とのバランスも申し分ない。



そしてシラー。

直ぐに破砕せずに数日間おいて自然に破れるのを待つ。

ピュアな香りで潜在能力は高い。

ですから今飲んでも熟成させてもいい。

様々な産地のシラーが存在する。

ですから飲み比べて楽しむべき品種である。



詳細は【クリック】2017年2月23日

詳細を表示

フランス6人組。

フランス6人組。



ワインのある生活だからクラシック音楽をご紹介。

知的飲み物であるワイン。

そんなワインにはやはりクラシック音楽であろう。



驚いた。

シャルル・デュトワが80歳。

自分も年をとったのがわかる。

20年以上前にN響の音楽監督に就任した。

そして新しい風をN響に吹き込んだ。

スィトナーやサヴァリッシュのドイツの響き。

それが当時のN響であったように思う。

それがフランス系の洗練された作品を扱い変わった。

音の魔術師と言われる彼は確実にN響を改革した。



そして久しぶりにデュトワが来日。

ラヴェルなどのフランス物は相変わらず素晴らしい。

そして、ベートーヴェンの第5番。

気合の入った声が頻繁に入る。

個性的な演奏で、面白かった。



しかし中でもオネゲルが最高であった。

デュトワと同じスイスからフランスへ活動の場を移した。

フランス6人組の一人として活躍。



オネゲルはフルトヴェングラー指揮で第3番には馴染がある。

しかし第2番は初である。

戦時下で作曲され、色濃くそれを感じる。

ショスタコーヴィッチとはまた一味違う。

演奏時間も短く、3楽章で内容が濃い。

これから演奏される機会が増えると確信。



本日と明日は定休日。

ブルゴーニュとクラシック三昧。

三昧、三昧で幸せ・・・!!



詳細は【クリック】2017年2月21日

詳細を表示

当店ソムリエおすすめブルゴーニュ

当店ソムリエおすすめブルゴーニュ



経験豊かな当店オーナー・ソムリエ。

数々のワインを垂直、並行飲みで経験を積んだ。

年齢的にも充実している私。

年を重ねワインの説明にも深みがでるのである。

最近、つくづくそう実感致します。



飲み頃、ブルゴーニュ。

ブルゴーニュの中でもエレガント。

魅惑的なヴォルネイ。

しかもミジェル・ラファルジュ。

元詰めも早く、秀品のワインが並ぶ。





★ 2009 ヴォルネイ ヴァンダンジュ セレクショネ

  当店販売価格¥8,624(税込)

おすすめ度:★★★★★



最高の造り手に最高の区画。

優れた区画を選抜、しかもVV。

香り高く、とても魅惑的。

広がる香りはまるで雲の様でもある。

これが正統派ヴォルネイである。

土や鉄、少し紅茶のニュンアンス。

また獣的な香りも捉える事ができる。

思っていた以上に熟成が進んでいる。

口中に旨味エキスがぎっしり。

ブルゴーニュの旨みは他の産地と随分違う。

それが飲み手を惹きつける要因でもある。

価格を考慮すると、これは買いですね。



詳細は【クリック】2017年2月20日

詳細を表示

当店ソムリエ厳選:NZピノ ノワール

当店ソムリエ厳選:NZピノ ノワール



当店オーナー・ソムリエが好きな産地。

それがニュージーランド。

東京でワインの勉強をしていた頃。

某ホテルで同国の試飲会があった。

青山の勤め先から自転車で六本木へ。

太陽ガンガンの真夏であった記憶しています。

その時、試飲したNZのSBが劇的であった。

綺麗で純粋な味わい。

私の口、いやいた体中を幸せで包んだ。

もう20年以上前の事ですが・・・・。



当店でも人気のインヴィーヴォ。

各価格帯も味わいはお墨付き。

今回は更に強力なスケット参上!!



★ 2015 マナ ピノ ノワール

  マールボロ80%

  セントラルオタゴ20%

  当店販売価格¥2,189(税込)

  おすすめ度:★★★★☆

  一言:これは瞬殺で完売でしょ!!



やはりいい・・・。

アタックは柔らかく滑らか。

果実の存在も十分に感じる。

繊細なタンニンで、やはりNZ。

後半に綺麗な酸を感じ、これは秀品。



詳細は【クリック】2017年2月18日

詳細を表示

当店ソムリエお気に入り。

当店ソムリエお気に入り。



オイラ、これ、お気に入り。

オイラ、これ、気に入った。

¥1620(税込)を考慮するとね。
絶対におすすめ!!

しかもスペインでマルベック。

面白い・・・。ね。

そして同時にシャルドネも入荷してます。




★ マルベック

  オチョ・イ・メディオ

  スペイン ウクレスDO

  当店販売価格¥1,620(税込)



マドリック近郊のウクレス。

モダン派ワインの居城でもある。

わかりやすい果実で親しみを感じる。

輪郭がはっきりとしているとも言える。

標高は850M。ぶどう畑としては高地。

高地由来の綺麗な酸。

この価格で、持続性ある余韻に大満足。

ラベルはまるで雲の上を歩いているような畑からイメージ。

ほんとスペインらしいよね。



そしてシャルドネも同価格でございます。

やはり美しい酸に上品な仕上がり。

世界ではシャルドネ人気が根強い。

このシャルドネも素晴らしいのよね。




素晴らしいワインライフの一翼を担えるワインです。



詳細は【クリック】2017年2月17日

詳細を表示

当店ソムリエ厳選ボルドー

当店ソムリエ厳選ボルドー



今回は値下げを断行。

いやいやピノさん、えらい。

何て、誰も褒めてはくれぬ。

でもでもお客さんが喜んでくれればいい。

流石は、ピノさん

って、自画自賛。

私は自画自賛でポジティブ人間?・・・。






★ 2012 ル カリヨン ダンジェリュス

おすすめ度:★★★★★

一言:★★★以下はご紹介しないのが当店の信条。



シャトー アンジェリュスのセカンド。

やはり完成度は抜群。

流石、今勢いのあるシャトーである。

勿論、メルロー主体でCFとの黄金比率。

ジロンド川右岸のお手本。

数本購入して今飲み・・・。

そして熟成させて楽しむ。

これも、有りよ!!

ですから贈り物としても最適。

それも、有りよ!!

当店通常価格¥14,688(税込)を、

今回限り¥12,589(税込)でご提供。



この機会にどうぞ!!



詳細は【クリック】2017年2月16日

詳細を表示

ドイツ・リートの傑作

ドイツ・リートの傑作



現代のストレス社会。

人それぞれの解決策がある。

私は品よくワインを楽しむ。

クラシック音楽を楽しむ。

下手なヴァイオリンを一心不乱に弾く。


読書に没頭する。

以上は私の場合・・・。



サーフィンの人・・・。

ダンスの人・・・。

ロックを聴く、演奏する人・・・。

それはその人の裁量である。




リヒャルト・シュトラウスの最晩年の作品。

四つの最後の歌。

これは私の心の霞を取り払ってくれる。

あの大作曲家がシンプルに作曲。

それでいて深く感銘を与える。

長く連れ添った夫人への愛情。

これから起こる人生への旅立ち。

また、生への憧れ・・・。



ドイツ・リートの傑作でしょ。



初演は1950年2月22日、ロンドン。

フルトヴェングラー指揮。

キルステン・フラグスタートのソプラノ。

その時のライブ録音。

音質は、悪いが雰囲気を堪能出来る。



ワーグナー歌手として一世を風靡したフラグスタート。

声質は全盛期とはいかないが、またそれがいい。

芸術の素晴らしさは、まさにそこである。

わかるかな?



詳細は【クリック】2017年2月12日

詳細を表示

ブラームスのヴァイオリン コンチェルト対談

ブラームスのヴァイオリン コンチェルト対談



Aさん:当店常連様ワインとクラシック音楽好き。

店主:若い頃ヴァイオリンを習い志した。愛称ピノさん。






Aさん:コンチェルトは華だね。

店主:そうですね・・・。

私はヴァイオリンを弾くのでやはりVnコンチェルトが好き。

Aさん:メンデルスゾーン、チャイコフスキー。

店主:私の好きなブラームス。

皆様方の華のある名曲とは言いずらい・・・。

Aさん:しかしダイナミックな作品だよね。

店主:滋味目ですがやはりそこはブラームス。

友人ヨアヒムの助言をもらい完成。

後期ロマン派らしい雄大な面を持つ。

Aさん:第2楽章アダージョ。

綺麗な楽章でリラックスできる。

店主:前半のオーボエが長いけど・・・。

ブラームスはソナタなどヴァイオリンの作品は充実しています。

コンチェルトにしてもそれを反映。

Aさん:おすすめ音源は?

店主:アイザック・スターン。

指揮はオーマンディ、フィラデルフィア管弦楽団。

フィラデルフィアのサウンドは澄んでいる。

勿論、スターンは完璧。

Aさん:N響でも頻繁に取り上げています。

店主:そうですね、演奏時間、内容も豊か。

ですから人気の演目ですね。



詳細は【クリック】2017年2月11日

詳細を表示