トップ > 


俺が幸せな瞬間だ!!

俺が幸せな瞬間だ!!



俺が幸せな瞬間だ!!



さあ、パーヴォ ヤルヴィ登場。

父はネーメ ヤルヴィである。

N響の首席を退任し後任はファビオ ルイージだ。

ルイージはイタリア人でオペラの指揮が得意。

これまた面白い事になりそうだ!!




ヴァイオリン協奏曲の最高峰。

それがシベリウスの作品だ。


シベリウスはヴェイオリニストを目指していた。

しかし・・・・。

あがり症を克服出来ず断念。



あのミュンヘン・フィルのコンマスに就任。

それが日本人女性の青木尚佳だ。

N響の元コンマスの堀さんに師事した。

N響では一番心に残る名コンマスであった。



ベルリン・フィルには樫本氏。

そしてミュンヘンには青木氏。

と斜陽の日本に於いて光だと思う。



★ シベリウス

  ヴァイオリン協奏曲


 
  パーヴォ ヤルヴィ 指揮

  青木尚佳 ヴァイオリン

  NHK交響楽団



聴きながら・・。

ワインの友を造りながら・・・。




http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/bnbnbnbbnbn.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/bnbnbnbbnbn.jpg" alt="bnbnbnbbnbn.jpg" border="0" width="296" height="296" />

手造りほれんそうキュシュ。

今回はトレッビアーノにした。

白ワインが寄り添いいい感じ。

手造り故に形が悪いのご愛嬌。



http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/hjhjhjhjhtytytytytytyt.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/hjhjhjhjhtytytytytytyt.jpg" alt="hjhjhjhjhtytytytytytyt.jpg" border="0" width="296" height="296" />

ブロッコリの天ぷら。

ガーリックパウダーを効かせた。



http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/hjhjhjhjyyyyty.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/hjhjhjhjyyyyty.jpg" alt="hjhjhjhjyyyyty.jpg" border="0" width="296" height="296" />

手造りブルーベリーのパンナコッタ。

簡単に出来る幸せマリアージュ。


2021年9月23日

詳細を表示

クラシック音楽、これを聴け!!



クラシック音楽、これを聴け!!



私のクラシック音楽の情熱は増すばかり。

もう数十年この状態を維持。




やはりコンチェルトは華だ。



ヴァイオリンではブラームスのコンチェルト。

ロマン派最大規模のヴァイオリン コンチェルト。

中でも第1楽章は素晴らしい。

かなり技巧的で難易度は高い。

とてもダイナミックな作品で挑戦的。



第2楽章は美しい旋律で魅了。

しかし前奏が長いのがネックだ。



各楽章の演奏時間の配分が特徴的。

とにかく第1楽章は長大で終楽章は僅かである。

第一楽章はカデンツァまで約17分と驚異的だ。

しかもヨアヒムのカデンツァも長いのである・・・。

第1楽章だけでメンデルスゾーンの協奏曲が収まりそうな気がする。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aajkjkjkbnbnbtytyt.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aajkjkjkbnbnbtytyt.jpg" alt="aajkjkjkbnbnbtytyt.jpg" border="0" width="300" height="350" />

私はアイザック スターンのヴァイオリンがお勧め。

銘器グァルネリ デル ジェスが素晴らしい。

かの銘器ストラドを軽く凌駕する音色。

悪魔の音色で魅了する・・・。

知っていますか、ヴァイオリンと演奏家には相性がある。

アイザック・スターンや前橋 汀子はグァルネリ派だ・・・。

オイストラフや諏訪内晶子はストラド派だと思う。



私が好きなヴァイオリニスト筆頭格。

それがダビット・オイストラフだ。

先ほど記述したようにストラディヴァリウスが彼の愛器。

これはソ連から貸与されたものである・・・・。



彼は大柄で大胆ながら繊細な響きが魅力的。

彼の演奏はほとんど聴いた。

フランクのヴァイオリン ソナタは名演。

ブラームスのソナタ第3番も素晴らしい。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aaajhjjhbvbvzzzzw.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aaajhjjhbvbvzzzzw.jpg" alt="aaajhjjhbvbvzzzzw.jpg" border="0" width="300" height="350" />

ベートーヴェンの第5番。

そしてクロイッェルだ。

ベートーヴェンを代表するヴァイオリン ソナタ。



ブラームスも認めた作品。

それがドボルザークのチェロ協奏曲。

ロストローポーヴィチのチェロ。

そしてカラヤン指揮がお勧めだ。

冷戦時代、ソ連のチェリストとドイツの指揮者の共演は夢。

ある意味、西ドイツの象徴であるベルリン・フィルである。

しかし現実となった奇跡の名演だ。

フルシチョフの時代でありその点がうまく機能したと思う。

カラヤンはベルリン・フィルとソ連でショスタコーヴィチの前で指揮。

しかもドイツ芸術の象徴である手兵ベルリン・フィルを連れて。

これまた見事な演奏であったと、追記する。

あの緊張感は凄い、演奏後ショスタコは無表情であった。

彼は無表情を貫き体制下を生き抜いた。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aaauuyuypopopmnmtrrgf.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aaauuyuypopopmnmtrrgf.jpg" alt="aaauuyuypopopmnmtrrgf.jpg" border="0" width="300" height="350" />



それかフルニエのチェロ。

チェリビダッケ指揮も劇的。

フルニエは紳士風で親日家。

チェリは一時、幻の指揮者であった。



やはりクラ音史上最高のメロディーメーカー。

ボヘミア的響きと第9番的響きの融合。

聴いていて常に新発見のある名曲だ。



先入観を捨て聴きたまえ感動するぞ!!



感動しなかったら言ってくれ次ぎの演奏を紹介するぞ!!



2021年9月19日

詳細を表示

ラ ターシュ DRC 

ラ ターシュ DRC 



ラ ターシュ DRC 



ご注文頂きましたラ ターシュをお買い上げ頂きまして誠にありがとうございました。




http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/2021012512023378e.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-138.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/2021012512023378e.jpg" alt="えれれれっれrrrrrr" border="0" width="296" height="296" />



★ 2014 ラ ターシュ

ドメーヌ ド ラ ロマネ・コンティ




当店販売価格¥770,000(税込)






と超破格のお値段でございます。

次はリシュブールもお願い致します。

願わくばロマネ コンティもお願い致します。



http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/20210125120741154.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-138.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/20210125120741154.jpg" alt="dsdsddsdsdsds" border="0" width="296" height="296" />



当店の長い歴史は信頼の証でございます。



http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/asassaasa.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-138.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/asassaasa.jpg" alt="asassaasa.jpg" border="0" width="296" height="296" />




ワイン専門店ピノ ノワール。


その実績も素晴らしいと自負している。




これからも実績、経験を積み尚一層ワイン道。

邁進でございます・・・。





一歩二歩高級なワインは当店で





詳細を表示

クラシックお勧め!!

クラシックお勧め!!




クラシックお勧め!!


まずはクラシック音楽何を聴いたらいいか。

それでしたら小品がいいと思う。




シベリウスのフィンランディア。

シベリウスはクラ音史上天才。

私生活は派手で借金も凄い。

酒豪であり喫煙大好きな人物。

しかし作品は圧倒的。

彼は祖国の英雄なのだ・・・。



お勧め度:100%



やはり極上なマリアージュをご紹介。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aaaaaaaaaaaahuuhuhuhuhu.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aaaaaaaaaaaahuuhuhuhuhu.jpg" alt="aaaaaaaaaaaahuuhuhuhuhu.jpg" border="0" width="296" height="296" />

貴腐ワインのゴルゴンゾーラ。

これは完璧でしょ。




http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aaauyuyuyuyudfdfdfd.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aaauyuyuyuyudfdfdfd.jpg" alt="aaauyuyuyuyudfdfdfd.jpg" border="0" width="296" height="296" />

これもいい・・・。

手でこねこねナン。

中はとろけるチーズ。

これも意外とナンナン!!


http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aaaaaaaauuuhuuu.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aaaaaaaauuuhuuu.jpg" alt="aaaaaaaauuuhuuu.jpg" border="0" width="296" height="296" />

ルーマニアのSBにかた焼きそば。



2021年9月19日

詳細を表示

対談:グスタフ・マーラー



対談:グスタフ・マーラー



今日、盛んに演奏されるグスタフ・マーラー。

しかし先駆者あってこそである。

ワルターやクレンペラーが指揮した時代。

そしてバーンスタイン、インバルの登場。

やはりワルター、クレンペラー、バーンスタインはマーラーと同じユダヤ人であり得意とした。

特にワルター、クレンペラーは直接マーラーと出会い感化されている。

そして今やプログラムに欠かせない存在。






Aさん:当店通い歴6年、クラシック音楽通。

店主:幼少期からヴァイオリンを習い志す。経験豊かなソムリエ。



http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/fefeeffefefefefefggbg.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-122.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/fefeeffefefefefefggbg.jpg" alt="fefeeffefefefefefggbg.jpg" border="0" width="296" height="296" />



店主:テンシュテットのマーラー交響曲全集。

これは品質が高いです。

しかもスタジオ録音そしてライブもあります。

彼は個性的であのフルトヴェングラーに例えられるね。

テンシュテットは亡命し様々なオケを指揮。

しかしチェリビダッケと同じで人間関係の調整能力に乏しい。

そして遂に永遠の恋人と出会います。

ロンドン・フィルですね。

これは相思相愛です。

この点もチェリに類似しています。



Aさん:テンシュテットは癌に犯される。

しかしそれでも指揮を貫いた。



店主:この全集は病気前と後の録音もあります。

ですから心境の変化がわかります。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/bbfjjgijgigijgi12121.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/bbfjjgijgigijgi12121.jpg" alt="bbfjjgijgigijgi12121.jpg" border="0" width="300" height="350" />

ジンファンデル主体。

バーボン樽で熟成。

¥5590(税込)


http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/bbbjfefiefiefiaaaaa.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/bbbjfefiefiefiaaaaa.jpg" alt="bbbjfefiefiefiaaaaa.jpg" border="0" width="300" height="350" />

モンテプルチアーノ ダブルッツォ。

¥4390(税込)



http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/bbbdwhwhwhwdwqqw.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/bbbdwhwhwhwdwqqw.jpg" alt="bbbdwhwhwhwdwqqw.jpg" border="0" width="300" height="350" />

ルフレーブのマコン。

これは最高でしょ。

価格は店頭で!!



http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/qqqqqqqqqqqqqhsuhuhusdhunbnbnvvvvv.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/qqqqqqqqqqqqqhsuhuhusdhunbnbnvvvvv.jpg" alt="qqqqqqqqqqqqqhsuhuhusdhunbnbnvvvvv.jpg" border="0" width="300" height="350" />

スペインの古酒。

スペインと言えばテンプラニーリョ。

ですがこれはシラー。

造り手が2014年は最高だったと語る。



http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aaaahjhhjhjhjhjhjhzzzzq.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aaaahjhhjhjhjhjhjhzzzzq.jpg" alt="aaaahjhhjhjhjhjhjhzzzzq.jpg" border="0" width="300" height="350" />

これは面白いドメーヌ ナパ。

ピノ ノワール主体にシャルドネ等。

しかも古酒でございます。

¥8460(税込)



http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aaaauyuuyubbnbnbnbhjjhj.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aaaauyuuyubbnbnbnbhjjhj.jpg" alt="aaaauyuuyubbnbnbnbhjjhj.jpg" border="0" width="300" height="350" />

ブルゴーニュらしいヴォルネイ。

私は同村が好きなんだな。

¥7980(税込)



2021年9月18日

詳細を表示

やはり俺スタイル!!

やはり俺スタイル!!



やはり俺スタイル!!



当店店主はワインと芸術に造詣が深い。

そんな私から・・・。




私はブルックナーを聴く。

しかも頻繁に鑑賞する作曲家の一人だ。

ほぼミサ曲と後期シンフォニーです。





今回はブルックナーの交響曲第0番。




ブルックナーが無効とした作品。

ですから0番。

彼が生きている間は封印された作品。



でも意外といい出来だと思う。

あの神秘的な響きは健在。



お勧めはパーヴォ・ヤルヴィ。



http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/ccccyeeureureuryurerf.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/ccccyeeureureuryurerf.jpg" alt="ccccyeeureureuryurerf.jpg" border="0" width="296" height="296" />

シナモンホットワイン。

美味しくできました。

ワインは残りのポルトガル。

秘訣ははちみつとシナモンの加減。

そしてオレンジを投入。


http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/cjhhjhjheeew333.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/cjhhjhjheeew333.jpg" alt="cjhhjhjheeew333.jpg" border="0" width="296" height="296" />

そして違うパターンで・・・。

ボルドー ルージュにリンゴ編。



私は前者のポルトガルが好き。



http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/cccsdjhwiewiueweuwieuiwuieie.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/cccsdjhwiewiueweuwieuiwuieie.jpg" alt="cccsdjhwiewiueweuwieuiwuieie.jpg" border="0" width="296" height="296" />

きのことチーズの紙包み。

グレケット100%・・・。

しいたけ類は見事に合う。


これは見事なマリアージュ。


サンジョヴェ100%

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/ddswddsdqq.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/ddswddsdqq.jpg" alt="ddswddsdqq.jpg" border="0" width="300" height="350" />



贈答もいいね。


http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/ddddddddddjhjhjhqqq.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/ddddddddddjhjhjhqqq.jpg" alt="ddddddddddjhjhjhqqq.jpg" border="0" width="300" height="350" />



2021年9月16日




詳細を表示

大バッハの作品と過ごす・・・。

大バッハの作品と過ごす・・・。



大バッハの作品と過ごす・・・。




当店店主はワインとクラシック音楽に造詣が深い。

そんな私から・・・・。




大バッハの傑作。

無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番。

シャコンヌ・・・。

メンデルスゾーン編曲



傑作なのは周知の事実。

メンデルスゾーンが当時馴染を感じるように編曲。




フォルテピアノを小倉貴久子。

ヴァイオリン桐山建志



これ素晴らしかった。

メンデルスゾーンは大バッハを復活させた人物。

マタイ受難曲を演奏したりと尽力した。



因みにシューマン編曲もあります。

こちらも大バッハを尊敬している。

こんな作品も残しています。



バッハの名による6つのフーガ 作品60



シチリアの自然派。

アルド ヴィオラ・・・。

カタラットからのビアンコに定評がある。

しかし私はカベソーのロッソが好きだ。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aaaaaaaaaaaaaaaanvcnvcnvvccvcv.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aaaaaaaaaaaaaaaanvcnvcnvvccvcv.jpg" alt="aaaaaaaaaaaaaaaanvcnvcnvvccvcv.jpg" border="0" width="300" height="221" />



2005 アルド ヴィオラ シヴァ

¥10450(税込)

複雑さ増して素晴らしい。

灌木やドライフラワーなどのニュアンス。

大地の深さや自然も感じる。

全体に落ち着いた雰囲気・・・。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aaaaaaaaaahghghrtyuuk.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aaaaaaaaaahghghrtyuuk.jpg" alt="aaaaaaaaaahghghrtyuuk.jpg" border="0" width="296" height="296" />

私お気に入りの春巻き。

ひき肉やしいたけ等々。

オイスターソースで味付け。

形は失敗でしたが・・・。


http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aaaaaaaaaaaaaghdgshgdshdghdgshdqqqqq.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aaaaaaaaaaaaaghdgshgdshdghdgshdqqqqq.jpg" alt="aaaaaaaaaaaaaghdgshgdshdghdgshdqqqqq.jpg" border="0" width="296" height="296" />



お手製、エビとブロッコリーの寒天寄せ。

こちらもシチリア・・・。

グリッロにした、これも抜群に合う。



同じくカンパーニャのファランギーナと。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aaaaaaaaaaaaaaaayueyueyuedjcdjcjcnccxxcxc.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aaaaaaaaaaaaaaaayueyueyuedjcdjcjcnccxxcxc.jpg" alt="aaaaaaaaaaaaaaaayueyueyuedjcdjcjcnccxxcxc.jpg" border="0" width="296" height="296" />

ナンとチキンカレー

ところで・・・。

イタリアワインは多彩
http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/20210912105343d07.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/20210912105343d07.jpg" alt="くういjふぉじょふぇふぇえれr" border="0" width="296" height="296" />



2021年9月14日

詳細を表示

こんな感じ・・・。

こんな感じ・・・。



こんな感じ・・・。



やはりワインを飲みながら・・・。

クラシック音楽鑑賞。

これが気分高揚である。




勿論、演奏家と作曲家はこだわる。



ジャック ティボー全集


http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/bbbbdjfjdifjidfqwqwq.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/bbbbdjfjdifjidfqwqwq.jpg" alt="bbbbdjfjdifjidfqwqwq.jpg" border="0" width="296" height="296" />



ジャック ティボーのヴァイオリン。

技術は高くないが表現は温もりがある。

現在のヴァイオリニストにはない響きである。

彼は来日時に飛行機がアルプス山脈に追突。

ストラドの銘器と共に亡くなってしまった。

1953年の事である。

戦後であり親日家の演奏家の死は悲し過ぎる。



お手製アスパラのゼリー寄せ

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aaaaaaaaaaaaaaaaaaaahbnnnnnnnnnnn.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aaaaaaaaaaaaaaaaaaaahbnnnnnnnnnnn.jpg" alt="aaaaaaaaaaaaaaaaaaaahbnnnnnnnnnnn.jpg" border="0" width="296" height="296" />



これグリッロにめちゃ合う。

コンソメの塩味と合うんだね。



ポン レヴェックに何故かボルドー。

表皮から個性的な香り・・・。

ノルマンディを代表するチーズだ。

産地は合わせるのがベスト・・・・。

だがここはボルドー ルージュにした。

これも意外と合う組み合わせだ。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/apoopopvcmeruhf.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/apoopopvcmeruhf.jpg" alt="apoopopvcmeruhf.jpg" border="0" width="296" height="296" />



チーズ繋がりで・・・。



ロワールの銘チーズ。

セル シュール シェールにトゥーレーヌ。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/auieeifjfjijjjcc.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/auieeifjfjijjjcc.jpg" alt="auieeifjfjijjjcc.jpg" border="0" width="296" height="296" />



2021年9月12日

詳細を表示

隠れた名曲と料理&ワイン

隠れた名曲と料理&ワイン



隠れた名曲と料理&ワイン




あまり人気のない作品を鑑賞。

これもクラシック音楽を愛する私には必須な事。

あの楽聖ベートーヴェンの交響曲第2番。

実に軽やかでベートーヴェンのイメージとは異なる。

しかし聴き込めばその魅力に取り憑かれる。

どんな作曲家でも不人気の作品はある・・・。

あのワーグナーでさえ初期のオペラは演奏される事は稀。

稀どころか全然演奏されない。

しかもあの天才は交響曲だって残しているが演奏は皆無。

ワグネリアンの私ですらまだ未鑑賞である。



ベートーヴェンの交響曲第2番を鑑賞しながらワイン。






http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/qqwhdwdhwuduwdwudgggbb.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/qqwhdwdhwuduwdwudgggbb.jpg" alt="qqwhdwdhwuduwdwudgggbb.jpg" border="0" width="300" height="350" />


ブルピノとカモのお肉。

これは最高のマリーアジュ。


http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/qqqqqqqqqqqqqhuhduswhduhuw.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/qqqqqqqqqqqqqhuhduswhduhuw.jpg" alt="qqqqqqqqqqqqqhuhduswhduhuw.jpg" border="0" width="300" height="221" />



まずはお肉とオリーブ、ニンニクでもみもみ。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/qqqwjqwqiwjihghghhgf.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/qqqwjqwqiwjihghghhgf.jpg" alt="qqqwjqwqiwjihghghhgf.jpg" border="0" width="300" height="350" />



バルサミコソースで楽しむ。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/qqqqdiffij464646.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/qqqqdiffij464646.jpg" alt="qqqqdiffij464646.jpg" border="0" width="300" height="350" />



簡単手造りプリン。

甘さ加減は自由自在がいい。

ここはリースリングで・・・。





以上です。



2021年9月10日

詳細を表示

俺の趣味兼仕事!!

俺の趣味兼仕事!!



俺の趣味兼仕事!!




好きなクラシック音楽のコンサートは行けない。

そう、数年はコンサートには行けない。

自宅コンサートで楽しむしかない。

というか自宅コンサートが最高。




周囲も気にせず・・・。

好きなオーディオ機器で・・・。

何回でも鑑賞できる。




クラシック音楽コンサート百戦錬磨の私。

コンサートより自宅鑑賞がお勧め



例えば、ベートーヴェンの第5番。

冒頭をトスカニーニでもワルターでも

フルトヴェングラー、カラヤン・・でも。

何回も比べ聴きが出来る。



http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/20210905114619458.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/20210905114619458.jpg" alt="2021-08-31 (1)" border="0" width="296" height="296" />

インツァオリアとサーモン。

これ私の定番。

インツォリアは過少評価されている。

このワインはあて次第で変貌するのだ。



http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/2021-09-02.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/2021-09-02.jpg" alt="2021-09-02.jpg" border="0" width="296" height="296" />

インツォリアとマーボー豆腐。



http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/2021090511495692a.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/2021090511495692a.jpg" alt="2021-09-01 (1)" border="0" width="296" height="296" />

ざるそばと辛口のリースリング。

天ぷらはイカ&しし唐&エビ。


贈答

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/qqqugjvbnm.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/qqqugjvbnm.jpg" alt="qqqugjvbnm.jpg" border="0" width="296" height="296" />

贈答

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/qqqqqqqqqqqqqqhfhfhfhfh.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/qqqqqqqqqqqqqqhfhfhfhfh.jpg" alt="qqqqqqqqqqqqqqhfhfhfhfh.jpg" border="0" width="296" height="296" />

贈答

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/qqquuuuudfffff.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/qqquuuuudfffff.jpg" alt="qqquuuuudfffff.jpg" border="0" width="296" height="296" />



2021年9月9日

詳細を表示

豆知識・・・。

豆知識・・・。



豆知識・・・。



ワーグナーの作品は高揚する。

ですからナチスにも利用された。

しかし作品に罪はない。

イスラエルで演奏禁止であったワーグナー。

しかしバレンボイムやメーターが演奏に挑戦。

しかし激しい批判や抗議を受けた・・・。




http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/dkwdjwodkwodwozxzxxz.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/dkwdjwodkwodwozxzxxz.jpg" alt="dkwdjwodkwodwozxzxxz.jpg" border="0" width="300" height="350" />

ドイツのシュペートブルグンダー。

そうピノ ノワールですね。

エアステ ラーゲ、ですから1級畑級。

¥4490(税込)



http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/cccieriejreirerrr.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/cccieriejreirerrr.jpg" alt="cccieriejreirerrr.jpg" border="0" width="300" height="221" />

やはりワーグナーが合う。

楽劇ニュルンベルクのマイスタージンガー全曲

フルトヴェングラー指揮

1943年8月 ライブ録音



http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/brererdfghj.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/brererdfghj.jpg" alt="brererdfghj.jpg" border="0" width="300" height="350" />

やはりスペインはアルバニーリョでしょ。

¥3490(税込)



http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/cctrtrjkha.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/cctrtrjkha.jpg" alt="cctrtrjkha.jpg" border="0" width="300" height="221" />

ラロのスペイン交響曲がいい。

様々な歴史が交差する雰囲気を讃える。

ナターン ミルシティン ヴァイオリン



http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/bbbbreqa.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/bbbbreqa.jpg" alt="bbbbreqa.jpg" border="0" width="300" height="350" />

テンプラニーリョ100%

同じくスペインのリベラ デル ドゥエロ

¥4090(税込)



2021年9月7日

詳細を表示

シェーンブルン宮殿野外コンサート

シェーンブルン宮殿野外コンサート



シェーンブルン宮殿野外コンサート




シェーンブルン宮殿で行われる野外コンサート。

コロナ禍で人数を制限して開催された。




ニューイヤーコンサートとこの野外コンサート。

普段クラシック音楽は聴かない。

そんな方にいいと思う。



今回はダニエル ハーディングがシェフを務めた。

彼はベルリンともウィーン フィルとも関係がある。

数年後にはニューイヤー コンサートに出演するだろう。



ハーディングは歌わせ方が上手。

流れるような表現は素晴らしい。



バーンスタインのウエストサイド・ストーリー〜

カラヤンとバーンスタインが去った楽壇は寂しい。

一時代を築いた両巨頭だ!!

私はアンチカラヤンだが批判できる対象は重要だ。

今となれば悲しい・・・。

クラ音の斜陽は目も当てられない。



バーンスタインはウィーン フィルと蜜月関係。

マーラーの交響曲は今も残る伝説の名演。

そしてブラームスのシンフォニーも素晴らしい。

何故か米国人なのに伝統的は解釈。

それには驚いたのを覚えている。



シャルル ミュンシュ。

彼はストラスブールで生まれた。

そしてフルトヴェングラーの元でガヴェントハウスでコンマスを務めた。

ですが・・・!!

ボストン交響楽団と来日した演奏を聴くと米国的。

ベートーヴェンの第5番がまるでポップスなのだ。

これって面白い。


完全に脱線したがハーディングに目が離せない。



手造り簡単チーズケーキ

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/aaapujhjhjem.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/aaapujhjhjem.jpg" alt="aaapujhjhjem.jpg" border="0" width="296" height="296" />



私が好きなマンステール。

アルザスのゲヴュルツトラミネールが最高だが。

今回はピノ ノワールにした。

これもお勧めマリアージュなんだ。

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/2021-08-30.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/2021-08-30.jpg" alt="2021-08-30.jpg" border="0" width="296" height="296" />



グリルチキンと南ア

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/20210904110220575.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/20210904110220575.jpg" alt="aaaあswwghfhfhfv" border="0" width="296" height="296" />





http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/fgfgfgertryy.jpg/" target="_blank">https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/fgfgfgertryy.jpg" alt="fgfgfgertryy.jpg" border="0" width="296" height="296" />

温玉うどんと南ア、シュナン ブラン

http://pinotnoirno1.blog.fc2.com/img/2021090511495692a.jpg/" target="_blank">2021-09-01 (1)https://blog-imgs-146.fc2.com/p/i/n/pinotnoirno1/2021090511495692a.jpg" width="296" />


ざるそばと辛口のリースリング。

天ぷらはイカ&しし唐&エビ。


2021年9月5日

詳細を表示