藤枝 ワイン 焼津 ワイン 静岡 ワイン

トップ > Pick up > R.シュトラウスとポンソの共鳴する世界。

R.シュトラウスとポンソの共鳴する世界。

R.シュトラウスとポンソの共鳴する世界。



当店から素晴らしいマリアージュをご紹介。



後期ロマン派の流れをくむR.シュトラウス。

作曲家でもあり指揮者としても活躍。

数々の交響詩、そしてオペラなど作品は多彩。

私の大好きな薔薇の騎士は当時から大人気のオペラ。

作品はエレガントで音符を絵具変わりに、正に音の画家。

その美しい色彩を堪能出来るのが一連の交響詩である。

その中でも死と変容は彼自身の病状体験から創作された。

決めの1本は我が愛するポンソしかないだろう。



★ 2013 モレ サン ドニ キュヴェ デ グリーヴ

  ドメーヌ ポンソ

  当店販売価格¥11,178(税込)




☆ リヒャルト・シュトラウス

  交響詩 死と変容

  カール・ベーム指揮

  ロンドン交響楽団

  1977年8月10日 ライブ録音




体験した者だけに許される、忘れえぬ体験。

妖艶な芳香が切ない旋律に寄り添う。

一瞬だから輝く生、そして執着。

常在する不安。

そして誰にでもある青春・・・。

言うなれば短編音楽小説、それが交響詩。

ベルリオーズの幻想交響曲からリストにより確立。

そしてシュトラウスが更に発展させた交響詩。

生粋の、しかも南部のドイツ人が、フランス人作曲家顔負けの繊細で写実的な作品を創作。

これには驚きの二文字である。



詳細は【クリック】2017年4月14日

(静岡 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール)