藤枝 ワイン 焼津 ワイン 静岡 ワイン

トップ > Pick up > 熱く語れ、ベートーヴェンを!!

熱く語れ、ベートーヴェンを!!

熱く語れ、ベートーヴェンを!!



Aさん:ピアノの腕前は一級品

店主:ヴァイオリンを習い志す、経験豊かなソムリエ





クラシック音楽界のスーパースター。

それがルートヴィヒ ヴァン ベートーヴェン。

楽聖と尊敬される偉大な音楽家。

作曲以外もピアノ、ヴァイオリンの名手。

大いに語りましょう。




店主:ベートーヴェンを座標の中心に置く。

するとわかりやすいです。

彼は幅広く作品があります。

そして古典派からロマン派への架け橋にもなった。

為政者に音楽を芸術、音楽家を芸術家と認めさせた。

交響曲で言えば苦悩から歓喜へと確立させた。

究極は、その流れで最終楽章に声楽を採用した。

その中でわかりやすく声で博愛の精神を周知させた。

これは言葉ですから身分や教養に関係なく心に響いた。

Aさん:そうだね。

芸術は革新的に進化しなければならない。

あのブラームスだって保守な精神を保ちながら進化していた。

そして、ピアノ作品も素晴らしい。

彼の時代はピアノが進化し続けていた。

その点がチェンバロ中心の時代とは違う。

店主:ヴァイオリンも作品は凄い。

モーツァルトは室内を意識していますが、彼はもう立派にホールを意識している。

彼はパトロン以外に聴衆の支持も必要でしたから・・・。

それは音楽を芸術とさせたからです。

お抱えの作曲家ではないからです。

今では盛んに演奏されるヴァイオリン協奏曲。

当時は不人気・・・。

テクニックを魅せる作品ではなく・・・。

ヴァイオリンの美しさを響かす作品。

つかみ所はあまりありません・・・。

しかし情緒豊かで悲哀も感じます。

よく勉強しながら聴いていた作品です。

深夜徹夜で勉強していると涙が自然と溢れた。

メニューインのヴァイオリン。

フルトヴェングラー指揮です。

Aさん:彼らが共演するまでの物語を知っていると余計に涙だね。

メニューインはユダヤ人・・・。

戦後、フルトヴェングラーに非難が集中すると手助けをした。

そして共演・・・・。

人道的なメニューインは温もりがあるね。

店主:彼は技巧派ではありません。

しかしバルトークの作品を初演するなどの面もある。

技巧派には見えないだけです。

人物の心が先に表現されているだけです。

それは私が敬愛するジャック・ティボーもそうです。

Aさん:ピアニストも多種多様。

私はギーセキングを手本としている。

店主:彼は模範的で素晴らしい。

ベートーヴェンの協奏曲は伝説です。

私はポリーニが好きです。

イタリア人が探究した究極のベートーヴェン。

その点では旧ソ連系のアシュケナージも好き。

彼は、やはりピアニストです。

指揮者もしますが今一つです。

はっきり言ってベートーヴェンを語る。

それは長時間となる。

偉大過ぎます・・・・。



2018年11月26日
静岡県 藤枝市 ワイン専門店

最終更新日:2018-11-26