藤枝 ワイン 焼津 ワイン 静岡 ワイン

トップ > Pick up > 気ままな会話・・・・。

気ままな会話・・・・。

気ままな会話・・・・。



Pさん:様々な国へ、見聞が広い常連様

店主:ワインとクラシック音楽のマニア




往年の演奏家。

個性が豊かで独自の解釈がある。

しかしそこには大きな決断がある。

耳を傾けその主張を感じる。

語りましょう。




店主:カール・シューリヒトは端的ながら的を得ています。

シューマンのマンフレッド序曲がいい例です。

電光石火開始される・・・。

これには全身がしびれました。

Pさん:あるよねたった一音で打ちのめされるって。

凝縮されてるんだよね。

店主:シューリヒトは晩年に評価が高まった。

しかも最晩年・・・。

ほぼ同時代のフルトヴェングラーが階段を駆け上がるスピードと比べると遅い。

解釈はほぼ真逆・・・。

しかし行き着く先は同じ・・・。

やはり天才は凄いです。

ブラームスの第4番、並行聴きするとわかります。

第4番はフルトヴェングラーが一番だと思っていました。

しかしシューリヒトと出会い同じレベルだと痛感。

これは衝撃的でした。

Pさん:クレンペラーは第4番を哲学的解釈する。

はじめはつまらんと思う。

しかし何回も鑑賞すると含蓄があるよね。

店主:テンポ感が尋常じゃない・・・。

フィルハモニア管弦楽団を指揮したのは晩年。

クレンペラーを病気など様々ありました。

しかしマーラーも認めた逸材。

あの雰囲気は圧倒されますね。

ブラームスのドイツレクイエムはおすすめです。

クレンペラー流解釈に納得させられる。

力ずくで納得させる男です。

Pさん:今は活躍の場が広がっています。

しかし個性は薄れている。

店主:ワインで言えば同じです。

自然派が人気なのもわかります。

人的介入の結果、均一化は感じます。

SO2の功罪はありますがテロワールの観点からすると過度な使用は控えるべきです。

当店は幅広くワインを扱い結果好評を得ています。

比べたり考えたりと出来るからだと思います。

Pさん:そうだね・・・。

単にピノ ノワールでも様々な産地があるからね。

店主:南アのエルギンからオレゴンのウィラメット・ヴァレー。

そしてブルゴーニュや南仏・・・。

当店では様々ご紹介できます。



2018年11月25日

静岡 ワイン専門店

最終更新日:2018-11-25