藤枝 ワイン 焼津 ワイン 静岡 ワイン

トップ > Pick up > 毎度、晴天、普段、うりゃ〜

毎度、晴天、普段、うりゃ〜

毎度、晴天、普段、うりゃ〜



Rさん:クラシック音楽命

店主:小さなワイン屋を経営




一人の孤高の天才指揮者。

カルロス・クライバー・・・。

気分屋の天才は今や伝説。

鋭い感覚は彼の特徴です。

では語りましょう。




Rさん:彼は疲弊していたと思う。

周囲からの目や現代の騒音にさ・・・。

店主:それは興味深い意見です。

確かに父はエーリヒ・・・。

著名な指揮者ですね。

ですからいつも比較されていた。

と本人が思っていました・・・。

父、子でも音楽的感覚は随分違うのに。

Rさん:そこが面白い・・・。

エーリヒは19世紀の音楽を継承していた。

しかしカルロスはモダン的・・・・。

店主:ベートーヴェンの第4番。

聴くとわかります。

まさに水を得た魚・・・。

躍動的で過激なドライブをして聴衆を魅了。

もし公道だったら逮捕です。

Rさん:彼だから許される。

店主:ムーティーと相性が良かった。

数少ない友人らしい・・・。

カルロスはレパートリーが狭い。

しかしレパートリー意外のスコアが頭に入っていたと証言。

ワインでも特定の産地だけを扱う。

これは了見が狭い・・・。

広く産地を知る事でわかる事が多い。

恥ずかしながら長く弊社が営業しているのは幅広い扱い。

だと自負しています。

Rさん:勿論、そうだ。

それとピノさんの豊かなソムリエの経験。

ワインとクラシック音楽は同じ土壌。

ですから共通項が多いね。

店主:同じ意見です。

ですから啓蒙しながら販売しています。

1本販売るのに手間が掛かりますが・・・。

そこが重要です。

Rさん:いつも助かっています。

話が脱線・・・。

気が置ける会話は話が振れる。



2018年11月23日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店

最終更新日:2018-11-23