藤枝 ワイン 焼津 ワイン 静岡 ワイン

トップ > Pick up > 秋がテーマで対談

秋がテーマで対談

秋がテーマで対談



Aさん:ワインとクラシックに造詣が深い教養人。

店主:幼少期からヴァイオリンを習い志す。

愛器は1850年製ニコラ・ヴィヨーム。

百戦錬磨のソムリエ。





店主:秋は芸術とワインですね。

ドイツ・リートが恋しくなる。

ワインはブルゴーニュ・・・。

古酒・・・・。

品種で言えばピノ ノワール。

ネッビオーロがいい。

この季節は感性が開いている。

Aさん:わかる、その感じ。

シューベルトの歌曲。

またはマーラーの歌曲も最高。

店主:生意気な言い方ですいません。

その辺りの感性が私と類似。

ですから話が盛り上がります。

後期ロマン派の巨人リヒャルト・シュトラウス。

あの天才、最晩年の作品、四つの最後の歌。

シンプルなオーケストラレーションで粋を感じる。

若い頃のどうだ、この作品は!!

と主張しない・・・。

Aさん:天才でしたが苦労人でした。

彼はナチス時代に心も疲弊・・・。

まあ、あの時代のヨーロッパはそうですが。

店主:ワインはバローロの古酒。

手頃な価格で人気のニコレッロ。

いつも思うのが熟成されたバローロの魅惑。

それはブルゴーニュの一級品に匹敵する。

香りでも互角の勝負、時には凌駕する。

味わいの深さや落着き度も大物。

ネッビオーロの独自性にも着目したい。

霧に名前の由来があり神秘的です。

産地も局地的でピノ ノワールより限られています。

Aさん:フランスの雄がピノならイタリアの雄はネッビオーロ。

店主:秋の森でポルチーニを採取してバローロで楽しみたい。

Aさん:リゾットにしてね・・・。

店主:季節っていいですね。

服装、食事、風景が変わる。

日本人で良かったと感じます。



2018年10月21日
静岡県 藤枝市 ワイン専門店

最終更新日:2018-10-21