藤枝 ワイン 焼津 ワイン 静岡 ワイン

トップ > Pick up > 対談:未完の美しさ・・・。

対談:未完の美しさ・・・。

対談:未完の美しさ・・・。



Aさん:ワインとクラシックに造詣が深い教養人。

店主:幼少期からヴァイオリンを習い志す、愛器は1850年制ニコラ・ヴィヨーム。
百戦錬磨のソムリエ。




交響曲第9番。

怖れられている・・・。

ベートーヴェンは第9番で死去。

ブルックナーも未完。

マーラーは第9番を避け改めて作曲。

しかし第10番は未完・・・。




店主:ジンクスってあるのか。

交響曲第9番の呪い・・。

Aさん:マーラーは怖れに怖れたからね。

店主:しかし未完の美しさってあります。

有名なシューベルトのシンフォニー。

あれも二楽章の美しさ・・・。

モーツァツトもレクイエムもより儚い。

Aさん:ブルックナーに至っては素晴らしい。

第9番が完成したら凄い作品であった。

店主:あれは別物・・・。

先日ジョナサン・ノット指揮、東京交響楽団。

ブルックナー 交響曲第9番を鑑賞。

ノットはスイス・ロマンド管弦楽団の音楽監督です。

Aさん:懐かしいねスイス・ロマンドとアンセルメ。

店主:そうですね。

私もアンセルメ指揮スイス・ロマンドでアルルの女やカルメンを聴きました。

小学生の頃です・・・・。

小学生でもうっとりする音色。

とてもやさしかった。

まるで包まれている様でした。

Aさん:しかしストラヴィンスキーとか当時最新の作品も演奏していた。

アンセルメは知的だったし人望厚かった。

店主:ノットで感じたけど今は指揮者もオケも平等。

昔は指揮者が君臨していた。

ベームはゲルハルト・ヘッツェルに信頼している。

と声を掛けていたけど・・・。

年齢を重ねしかも天才コンマスにあの発言。

Aさん:チェリビダッケとか個性的だったけどね。

今は優等生だからね・・・。

店主:しかしクラシック音楽が盛り上がって欲しい。

やはりカリスマ指揮者の登場が鍵ですね・・・。



2018年9月25日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店

最終更新日:2018-09-25