藤枝 ワイン 焼津 ワイン 静岡 ワイン

トップ > Pick up > 歌舞伎とイタリアワイン

歌舞伎とイタリアワイン

歌舞伎とイタリアワイン



私は芸術を愛する男・・・。

この分野にだけは浪費してきた。

いやいや勉強させて頂いた・・・。

ですから蓄えた知識経験は豊かに思う。




NHKで深夜の再放送。

2007年3月のパリ オペラ座での歌舞伎公演。

市川親子で勧進帳。

成田屋の十八番である。

深夜に歌舞伎とワイン、まさに俺流である。



様々なオペラを鑑賞してきた私。

オペラは総合芸術と言われる。

舞台に音楽、物語、あらゆる感覚を刺激する。

観衆にも高き教養が必要である。

特にパリ オペラ座はグランド オペラの聖地。

それはそれは豪華なのである。



勧進帳、素晴らしかった。

しかしグランド オペラに慣れた観衆はどうであろう。

弁慶、富樫左衛門の微妙な表情は理解できたであろうか。

大規模なオケが奏でる響きに対し小規模な鳴物。

私自身は日本人で良かったと再認識しました。



ワインはおフランス物・・・。

いやいや俺流はイタリア。

しかもアリアニコです。

昨日、熱心なお客様がアリアニコを探していた。

ですから数種類をご説明しながらお勧めした。

喜んで購入して頂きこの仕事の充実感を味わう。

その事でアリアニコが頭にいっぱいであった。



★ 2013 イルピニア ロッソ

  テヌータ カヴァリエル ペペ

  アリアニコ、サンジョヴェーゼ

  当店販売価格¥2,260(税込)



南イタリアの雄アリアニコ。

様々なタイプが存在し楽しい品種。

熟成を経たタウラージは真骨頂を魅せる。

イルピニア ロッソはタウラージ前の入門編。

入門編と言っても私などの歴戦の戦士でも十分楽しめる。

複雑さと綺麗な酸に酔いしれる秀品である。



2018年2月24日

静岡県 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール

最終更新日:2018-02-24