藤枝 ワイン 焼津 ワイン 静岡 ワイン

トップ > Pick up > ドヴォルザークとマリアージュ。

ドヴォルザークとマリアージュ。

ドヴォルザークとマリアージュ。



クラシック音楽史上ドヴォルザークは重要な作曲家。

シンフォニーからオペラ、室内楽と作品は実に多彩。

クラシック音楽の長い歴史に於いて最強のメロディー・メーカーとして君臨。

実際、思わず口ずさんでしまうメロディーが多い。

意外と知られていないがブラームスとの関係。

えっ、ダンディーな髭が共通って!!

違う違う・・・・。

ドヴォルザークはブラームスに見出されたのである。

ドヴォルザークのチェロ協奏曲を聴いたブラームス。

彼は多彩で民族性豊かな響きに共感したのは有名な逸話。

そして音楽の授業では必ず鑑賞する。

彼の代表作である交響曲第9番、新世界は定番中の定番。

授業での題材はベルリオーズの幻想交響曲か、新世界かである。




★ 室内四重奏曲 第12番 アメリカ 

  スメタナ四重奏団

  1987年9月13、15〜17日 

  プラハ 芸術の家での録音



☆ 2014 シャルドネ

  ラフォン

  アメリカ カリフォルニア

  当店販売価格¥4,420(税込)



やはりドヴォルザークのアメリカとシャルドネは合う。

ラフォンは大ぶりになりやすいカリフォルニア系シャルドネを上手に導いている。

繊細であり細部にまで感じるシャルドネの長所。

また、私の様に往年の演奏家を愛している人にはスメタナ四重奏団は懐かしい。

第1ヴァイオリンのヨーゼフ・スークはドヴォルザークの曾孫として血統もいい。



休日にのんびりマリアージュを楽しんで頂きたい。



詳細は【クリック】2017年4月7日

(静岡 藤枝市のワイン専門店ピノ ノワール)