藤枝 ワイン 焼津 ワイン 静岡 ワイン

トップ > Pick up > ドイツ・リートの傑作

ドイツ・リートの傑作

ドイツ・リートの傑作



現代のストレス社会。

人それぞれの解決策がある。

私は品よくワインを楽しむ。

クラシック音楽を楽しむ。

下手なヴァイオリンを一心不乱に弾く。


読書に没頭する。

以上は私の場合・・・。



サーフィンの人・・・。

ダンスの人・・・。

ロックを聴く、演奏する人・・・。

それはその人の裁量である。




リヒャルト・シュトラウスの最晩年の作品。

四つの最後の歌。

これは私の心の霞を取り払ってくれる。

あの大作曲家がシンプルに作曲。

それでいて深く感銘を与える。

長く連れ添った夫人への愛情。

これから起こる人生への旅立ち。

また、生への憧れ・・・。



ドイツ・リートの傑作でしょ。



初演は1950年2月22日、ロンドン。

フルトヴェングラー指揮。

キルステン・フラグスタートのソプラノ。

その時のライブ録音。

音質は、悪いが雰囲気を堪能出来る。



ワーグナー歌手として一世を風靡したフラグスタート。

声質は全盛期とはいかないが、またそれがいい。

芸術の素晴らしさは、まさにそこである。

わかるかな?



詳細は【クリック】2017年3月27日